卓球初心者の為の練習と練習法

img0704

これから卓球を始めたい、始めたばかりでどんな練習をしたら良いか分からない、部活の練習だけじゃ全然上手くならない。
そんな人へ向けた卓球の練習法を紹介します。無駄な練習をせず、限られた練習時間で効率よく練習して、しっかり上達しましょう。

卓球の基本技術を習得

基本のフォア打ち

卓球練習でもっとも基本と言われるフォア打ち。
簡単な技術でありながら、しっかりと身に付けないと、この後のドライブなどにも影響してくる技術ですので、正しいフォア打ちを覚えましょう。
基本のフォア打ち

バックハンドの基本

ラケットのバック面にてボールを打つ技術です。
フォア打ちが出来るようになったら次はバックで打てるように練習しましょう。
バックハンドの基本

ツッツキ打ち

下回転サーブに対するレシーブとして絶対に必要な技術がツッツキです。
ツッツキも超基本な技術ですので、疎かにせず、しっかりと正しいツッツキを身に付けましょう。
ツッツキ打ち

フォアドライブの打ち方

卓球に置いて一番頻度の高い攻撃法としてドライブが挙げられます。
色々な球に合わせた色々なドライブが存在しますので、しっかりと身に付け、まずは3球目攻撃の安定を目指しましょう。
フォアドライブの打ち方

バックドライブの打ち方

バックドライブは低い打点からでも強烈なドライブを放ち、ノータッチを狙える強い武器です。
実践投入は最初なかなか難しいと思いますが、バックドライブの基本を覚え、実践で使えるように練習しましょう。
バックドライブ

カウンター攻撃のやり方

相手のドライブを相手の力を借りて無理なく決めるカウンター。
決まれば気持ち良いですよね。まずはカウンターの基本の打ち方を覚えましょう。
カウンター

台上技術 チキータ

現代卓球において、チキータは当たり前のレシーブとして使われています。
レシーブから攻撃的なレシーブを行えば試合の流れを掴む事が出来ます。
チキータ

台上技術 フリック

積極的に仕掛ける事で有利な流れでラリーが出来ます。
フリックを使ってラリーの主導権を握れるようなプレーをしましょう。
フリック

戦術を意識した卓球をやる

サーブからの戦術

卓球の攻撃の基本とも言える3球目攻撃。その3球目攻撃をしっかりと決めるためにもサーブからの戦術を意識して行う事が大切です。
サーブからの展開

サーブからの戦術②

3球目攻撃がやり易くなる為のサーブ。サーブの返球場所を事前に知ることは3球目攻撃成功率アップに直結!
サーブからの展開

フリックからの展開

フリックは相手のいひょうをつく攻撃としても有効ですが、ラリーの主導権を握るためにも多用されている大切な台上技術です。
そのフリックをきっかけに戦術を確認してみましょう。
フリックからの展開

チキータからの展開

レシーブの時も積極的に攻める意識を持ってラリーの主導権を握って試合を有利に運びましょう。
チキータからの展開

カウンタードライブ

カウンターする為にわざと相手にドライブを打たせる事がカウンタードライブを決めるためには必要になります。
カウンタードライブ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする