■卓球初心者上達オススメコンテンツ

チキータを有効に使うために

チキータを正しく理解しましょう

このブログでも何度もチキータに関して書かせてもらいました。

※過去記事リンク
・チキータ
・台上技術チキータのやり方について
卓球のチキータは丹羽選手の代名詞

などなど、他にも沢山のチキータの記事を書きました。

今回は基本的なチキータが出来る事を前提とした正しいチキータの使い方を紹介したいと思います。

回転に応じたチキータの種類

チキータはどの回転に対しても出すことが出来る、素晴らしいレシーブです。
ただ、サーブの回転に対して正しい出し方をしないといけません。

要はどこを擦るか

思いっきりキレた下回転に対しては、ボールの真横を擦るように打つ事で下回転に負ける事なくチキータができます。

イメージとしては、ラケットを立てたまま、手首で前に振り抜くようなイメージで良いと思います。

横下や逆横下に関しては、真下回転に比べ下回転の量が強烈ではありませんので、ボールの左上で擦って自分の回転で上書きする事が比較的容易にできます。

上回転サーブに関しては思いきって台上ドライブ(ボールの真上を擦る)で返球した方が良いと思います。

スピード重視?回転重視?戦術を意識したチキータ

チキータは強烈な横回転を掛ける事ができます。
また、無意識に打てば相手のバック寄りへ打球する事ができます。
それにより、自分の4球目攻撃が凄くやり易くなります。

特にキレた下回転で、横回転のみで返球する意識でチキータを出した場合、強烈な横回転が掛かっているボールが、相手のバッククロスに行く事で、高い確率で自分のバックへ返球されます。
これを利用しチキータからの戦術パターンを展開していきます。

具体的にバック前に来たショートサーブであれば、チキータをクロスに出し4球目をバックで回り込みフォアドライブ(ストレート)。
このパターンが結構実戦で多く使えると思います。
また、強烈な下回転以外であれば、広角にチキータする事が可能です。
バックからストレートにチキータする事でノータッチでレシーブエースを取る事も出来ますので、普段のチキータ練習でコースの打ち分けというのも意識して練習する必要があります。

チキータは狙われて当たり前の心構え

ショートサーブに対してチキータを待つ。

そして相手はチキータを待つ。

チキータを誘うように相手はサーブを出していると常に思う事が大切です。

チキータをダイレクトにフォアドライブ

先にも書きましたが、無意識に打てばバッククロスに飛んでいくチキータ。
ですので、相手はチキータをバックで待っています。
回り込みフォアドライブを狙っています。
その意識を持つことは大切です。
バックハンドも同じです。

コースが分かっている状態だといとも簡単に返球されてしまいます。
横回転が強くても、やはりコースが分かってしまうのは危険です。

チキータをカウンターされないようにコースの打ち分けは必須と言えるでしょう。

判断力がチキータを活かす

どのレシーブが一番適しているかを判断する能力を鍛える事が大切です。
ストップ、フリック、ツッツキ、チキータ、台上に来たボールでも4つの種類があり、また、ロングボールに対してはダイレクトでドライブで返球しないといけません。
相手のサーブを見て判断する時間は限られてます。

相手のフォームから判断する

相手のサービスのフォームである程度どのようなサーブが来るかを判断できます。
例えば巻き込みサーブであれば、逆横上、または、逆横下の回転が多いです。
YGサーブも同様ですね。

ラケットの角度から判断する

ラケットの当たる角度でフォア側かバック側かある程度判断できます。

ワンバウンドした場所から判断する

基本的にネット際にワンバウンドしたサーブは短いサーブになることが多いです。

簡単な判断要素を3つ挙げましたが、それだけの情報でもある程度サーブを限定する事ができます。
この判断要素を出来るだけ早く判断することが大切だと思います。

チキータで打ち抜く事は考えない

これは勘違いしている人が多くいる間違いです。
あくまでチキータはレシーブ、チキータをきっかけにラリーが始まる。ただそれだけです。
運よくチキータで直接点数を取る事が出来たらラッキーなだけです。
ですので、チキータから始まる戦術、展開をしっかりと身に付けていないといけません。

過去記事に簡単ですがチキータの戦術等についてまとめましたので、そちらも参考にして下さい。
・チキータ

まとめ

チキータという技が今では当たり前のように普及し、試合でも普通に行われています。
しかし、チキータで直接点数を取りに行ったり、何が何でもチキータをする、という選手も結構います。
チキータはレシーブです。
レシーブの中でも攻撃的なレシーブというだけですので、ラリーへのきっかけに過ぎないです。
大切なのは、チキータが適している場面でしっかりとチキータを行い、そのチキータからの戦術を身に付けること。
それが凄く大切です。
目の前の球だけ追っている卓球では勝てません。

btn_001_13

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク