■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

チキータ封じのロングサーブ

今では誰もがチキータを当たり前のように使ってます。

ちょっと甘いショートサーブだと相手にチキータで先手を取られてしまうケースが多いですよね。
チキータが当たり前になったせいか、最近はチキータ封じの為にロングサーブを多用する選手が多くなってきました。
そのロングサーブを効果的に使う方法など説明してみたいと思います。

※チキータの打ち方などは過去の記事を参考にして下さい。

卓球の台上技術チキータのやり方について
卓球のチキータは丹羽選手の代名詞?
卓球の試合で使えるチキータは中国卓球を学ぶべき

基本はフォア前の厳しいサーブ

サーブの基本としてフォア前の切れたサーブが前提となります。
ただ闇雲にロングサーブを出しても意味はありません。
切れた短いフォア前サーブが前提となります。

短く切れたサーブを印象付ける

まず、相手に切れた下回転サーブを出すという事を印象付ける必要があります。
一本でも切れた下回転ショートサーブで相手がチキータをミスしてくれたら、より一層相手に切れた下回転サーブの印象を与える事ができますよね。
2バウンド、いや、3バウンドするくらいの短く切れたフォア前の下回転サーブが出せるようになる事が大切です。

そのように相手にフォア前の切れた下回転サーブを印象付ける事で、ロングサーブが威力を発揮します。

ロングサーブはどんなのが良い?

ロングサーブと言っても色々なロングサーブがありますよね。
ここで有効なロングサーブは、バックに出す横下ロング、ナックルロングが有効だと思います。

ロングサーブは回転よりスピード重視

私の実践上の経験から述べさせて頂きます。
ロングサーブに求められるのは、コースも大切ですが、スピードが大切だと思います。

相手に判断させる時間を与えない事。

下系のサーブはスピードを上げる事が難しいのです。
ですので、真下回転ではなく、横下回転が良いと思います。

ナックルロングの魅力

まず、ナックルロングサーブはスピードだけ見れば上回転のロング並にスピードがあります。
そのナックルロングを上回転だと思い、ラケットの面で当ててしまうとネットミスをしてしまいます。
ナックルと分かって角度を合わせ(面を上に向け)返球する人もいますが、合わせるだけのレシーブですので、思いっきりチャンスボールが返ってくる確率が高いです。

横下ロングサーブの魅力

対右利きの場合、ボールは相手のバック側に逃げていくサーブとなりますので、相手が回り込んでフォアドライブを打つことが凄く難しくなります。
また、バックドライブで返球されたとしても、自分のバック側に返球される事が多くなりますので、相手が持ち上げたバックドライブをバックプッシュでストレートに打つ事がとても有効になります。
また、相手がツッツキをした場合も、順横回転ということもあり、自分のバック側に返球される確率が高くなり、その後の3球目攻撃を予想しやすい。

対角に長短のサーブが基本

そのように、フォア前~バックロング、バックロング~フォアロング、と対角に長短のサーブを出す事が、相手に狙わせない方法として有効です。
今回はチキータを封じるため、少しでもチキータがやり易いバックへのショートサーブは外しましたが、相手が左利きの場合はバックショートとフォアロングの組み合わせになりますので、普段からどっちの対角でもサーブが出せるようにしておく必要があります。

チキータを狙い撃ち

先に書いたように、フォア前とバックロングでチキータをさせないサーブの戦略だけでもかなりチキータ封じの効果がありますが、あえてバック~ミドル前にショートサーブを出し、チキータを誘うのもありです。

チキータは狙いやすい

チキータは何も意識しないで打てば、ミドル~バックに返球される事が多いです。

特に下回転に対するチキータはボールの左側を擦りますので、どうしてもバック側に返球されることが多いです。
また、下回転に対するチキータはしっかりと擦って打たないとネットミスしてしまうので、ボールのスピードもそれほど速くないので、狙うのがそれほど難しくありません。
カウンタードライブが出来るレベルでしたらそれほど難しくはないので、積極的に狙っていきましょう。

まとめ

チキータが当たり前になってますが、当たり前になったが為にそれを封じる事も必要になります。
ただ、封じるというよりも、わざとチキータを誘い、それをカウンターするという戦略の方が一般的になりそうな予感です。
小学生~中学生でもチキータをやってきますので、やはり一般的になっているという事が間違いないです。

ロングサーブで直接サービスエースを取るのではなく、ロングサーブを相手に意識させる事だけで、相手のチキータをある程度封じる事が出来ますので、実践してみて頂きたいです。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク