■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

ドライブの角度打ちって何?

卓球におけるドライブというのは、一番多く使うであろう攻撃方法です。


ツッツキされたボール(下回転)をドライブで打つのは勿論、カウンタードライブ、引き合い、など、ドライブは卓球の攻撃の基本であると言えるでしょう。


そのドライブ練習をしっかりやっていてもボールがネットに引っ掛かってしまい、なかなか上手く打てない人へ角度打ちというのを紹介したいと思います。

ラケットの角度とボールの角度


下回転の影響を知る



下回転のボールをラケットを台と垂直気味にして打てば、下回転の影響を受け、ボールはネットに突き刺さります。


その時にどのくらいの下回転でどれくらい影響を受けるかを知る事が大切です。


どの位ボールが落ちるかは何度も何度も練習して身を持って知る事が必要になります。


多球練習よりも、実際に下回転サーブを出してそれをつっついてもらって練習をした方が良いと思います。

スマッシュと似てる角度打ちドライブ



スマッシュは面でバチンと打ちます。
浮いた下回転に対する打ち方はドライブよりもスマッシュの方が決定力があると思います。


角度打ちドライブと何が違うか、それはドライブ回転をボールに与える。


スマッシュは面でフラットに打ちますが、角度打ちドライブの場合、ボールが当たるまではスマッシュと同じですが、その後、ボールに回転を与えます。


ボールがラケットに当たった瞬間にラケットを被せ気味にし、前進回転を与えます。
そうする事で、ボールがネットを超えてから相手コートで沈みますので、アウトになる事を防げます。


どういう時に角度打ちドライブが適しているか



相手がツッツキレシーブで若干ボールが浮いた時はスマッシュで攻める事をオススメしますが、普通にツッツキで切ったボールや低いボールなど、通常はドライブで返球するボールであれば、角度打ちドライブを使う事が出来ます。
ですので、普通のドライブと同じ時に使える事になります。

普通のドライブの代用は出来る?



これに関しては個人的にですが、止めた方が良いと思います。
角度打ちドライブの場合、ボールがラケットに当たった瞬間、その時のラケット角度でほとんど決まってしまいます。


対する通常のドライブは自らボールに対して回転を掛ける事が出来ますので、色々なボールに対しても安定して打つことが出来ます。


例えば横回転が入ったボールをラケットの面で打つのはとても怖いです。


横下回転であれば、下回転と横回転、両方の受ける影響を考えてラケットの角度を決めないといけません。
ドライブであれば、自分の方が強い上回転でドライブを打てば、相手の回転を上書きして自分の回転となって安定してドライブを打つことが出来ます。

角度ドライブをやるよりスマッシュをやろう



結果、ドライブというのは自ら回転をボールに掛ける事で自分のボールとして返球できます。
薄さによってループにしたり、スピードドライブにしたり、カーブやシュートなど、卓球の醍醐味である回転を存分に楽しむ事ができます。
最初はそれらをマスターするのに時間が掛かると思いますが、今出来なくても諦めずにしっかりと自分から回転を掛けるドライブを覚えた方がメリットが大きいです。


角度打ちはスマッシュの為に練習した方が良いと思います。
先に説明した角度打ちドライブが悪いのではなく、通常のドライブの方が実戦では使えます。
スマッシュとドライブ、この2つの強打をマスターした方が良いと思います。

まとめ



この記事を書きながら、やっぱ角度打ちドライブよりも普通のドライブをマスターした方が絶対有利だと思いました。
どうしても角度打ち、ドライブよりスマッシュを打ちたいと言う人は、表ラバーをオススメします。


表ラバーであれば、回転の影響をそれほど受けることなくスマッシュが可能ですし、今は回転も掛ける事が出来る表ラバーも登場しています。
また、表ソフトを使う事で簡単にナックルボールを出すことが出来るので、大きなアドバンテージになるでしょう。
しかし、私はどうしても裏裏の王道卓球が大好きですので、表ラバーや粒の選択肢はありませんw

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク