■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

レシーブ・対下回転

卓球の試合で負ける理由として「レシーブ出来ない!」というのが凄く多いです。
特に初心者であればその傾向は強くなります。
なぜレシーブ出来ないのかを理解してサーブに適したレシーブが出来るようになりましょう。

サーブを見極める力を身に付ける

相手のサーブがどのような回転でどのような影響を与えるサーブかを理解する事が必要です。

例えば、下回転サーブであれば、ラケットを垂直に当てれば下に落ちます。ですので、落ちないような返球をしなくてはいけません。
落ちないような返球方法の一つとしてツッツキがあるわけです。
オールの下にラケットを潜り込ませて、返球することでボールは落ちる事がありません。

また、上回転のサーブが来た場合、ラケットを垂直に当てれば、強い上回転であれば、ボールは上に上がりますので、それを防ぐために、上に上がらないように、少しラケットを被せ気味に当てて返球します。
上回転にツッツキを出す事で、ただでさえ上に上がろうとする力が働く上回転サーブ、そしてボールが下に落ちないようにする為のツッツキ、これが合わさる事で、思いっきりボールは上に浮きあがり、相手に強打される、または台から出てしまいます。

その逆で下回転サーブに対してラケットを被せ気味に当てに行けば、間違いなくネットに突き刺さります。
このパターンで自滅するパターンがとても多いのが現実です。

まずは鏡の法則を利用してレシーブする

鏡の法則に関しては以前にも書きましたが、簡単で分かりやすいので、とにかくどうやってレシーブした良いか分からない人には参考になると思います。

このページの中ほどに記載してます。
卓球初心者が試合で勝つ為には(その1)

鏡の法則を簡単に説明すると…

相手のサーブで、ボールを擦る場所をまず見ます。
自分から見て相手はボールの右下を擦って打ったとします。
このサーブは順横下回転のサーブになります。
そこで鏡の法則!!

自分から見てボールの右下を擦ったのであれば、自分もボールの右下に当てるように返球すれば難なく返球する事ができます。

ボールの下を擦ってサーブが来たら、自分もボールの下にラケットを当てれば良いわけです。

これが鏡の法則で、とりあえずこの法則を自分のレシーブに取り入れて練習してみて下さい。

逆横下回転の巻き込みの場合はボールの左下を、逆横上でしたらボールの左上にラケットを当てて返球します。

レシーブ練習をもっと真剣にやるべき

せっかくフットワーク練習やドライブ練習などをしても、ラリーに発展しないで終わる。これではせっかくの練習の成果は出せません。

サーブから始まる練習はすべて真剣に行う

限られた時間の中で自分一人だけがサーブ練習、レシーブ練習に特化した練習を行うのはなかなか難しいですよね。
ですので、相手の3球目攻撃の練習など、下回転サーブから始まる練習の時に、意識してレシーブ練習を行うようにしましょう。
サーブを出す選手(3球目攻撃)に予め出すサーブを教えてもらい、そのサーブに対してレシーブ練習を行いましょう。
そうする事で3球目攻撃する選手も浮いたボールではなく、しっかりレシーブされたボールをドライブする練習が行えますので、質の高い練習と言えます。

初心者→とりあえずツッツキはNG

実際、初心者の試合を見ていると「とにかくツッツキ!!」、これ多いですよね。

部活でも一番最初に教わる技術がツッツキかもしれませんが、何故ツッツキをやる必要があるのかをしっかりと理解しないといけません。

サーブに適したレシーブを習得する為には?

レシーブに関してはある程度経験が必要となります。

それは100人いれば100人とも違ったフォームでサーブを出してくるためです。

フォームは人によってバレバレだったり、全く分からないフォームからサーブを出す人もいます。

また、キレ具合も様々でしょうし、球種も様々です。
これらの組み合わせを考えると、無限大の組み合わせが存在する事になりますので、ある程度実践での「慣れ」が絶対に必要になります。

そこでオススメなのが、卓球三昧のプロコーチ、藤井貴文さんが出しているレシーブに徹した教則DVDがオススメです。

なぜオススメかと言うと、先に伝えたようにレシーブを覚える為にはある程度の時間が必要です。
その時間は短縮する為には日常の練習や試合では得る事の出来ないノウハウがとても有効です。

skill2_01

上記の説明ページでDVDの詳細が確認できますので、ご自分に適していると思った方は要チェックです。

下回転に対するレシーブを考える

下回転サーブに対するレシーブの選択肢としては、

①ツッツキ

②フリック

③チキータ

④ドライブ

などが挙げられます。
初心者が行うレシーブとしては①ツッツキ②フリックをまずは覚えたほうが良いです。

■ツッツキでレシーブする利点

・全面どこに来ても返球出来る
・相手に下回転で返球出来る
・返球するだけだと簡単に出来る

ツッツキでレシーブする欠点

・長いツッツキだとドライブされる
・ラリーの先手を取れない

などが主な点かと思います。
特に返球するだけだと簡単というのは初心者には嬉しいです。

短くストップするツッツキやコースを狙った鋭いツッツキをしないと相手にラリーの先手を取られてしまいます。

フリックですが、ここではフォアフリックに限定させて貰います。

■フリックの利点

・相手の意表を突く事でダイレクトに点数を取れる
・ラリーの先手を取れる

■フリックの欠点

・下回転のキレ具合でラケットの調整が必要
・狙われる事も多い

などが主な特徴かと思います。
下回転に対するフリックは乗せ打ち(擦らないで当たった瞬間に一瞬ラケットを持ち上げる)が良いです。
その理由は、相手にナックルボールがいきますので、相手が面で打って返球するのが難しくなります。
ナックルボールのフリックはとても強力で、それほど速くなくても相手がミスする事が多いです。

特にストレートコースにナックルフリックを出した時は結構効きます。

また、フォア前に来たサーブはフォアフリックを警戒しますので、フリックをクロスで待たれる事も多いので、闇雲にフリックをクロスに打つのは危険だと思います。

チキータで返球する

チキータの利点

・レシーブから攻撃できる
・ラリーの先手を取れる

チキータの欠点

・回転量に応じた打ち方が必要
・狙われるも多い

などが主な特徴です。

チキータはレシーブの中で見ためも実際のところも攻撃的なレシーブになります。
チキータに関しては過去の記事を参考にして下さい。
打ち方や特徴を書いてます。

チキータ

今回は下回転に対するチキータということで書きますが、強烈な下回転に対してはボールの左側を捉えて、出来るだけ下回転の影響を受けないようにしないとネットする可能性があります。
回転量を見極めないと、アウトになったりネットになったりと上手く返球できない事も多くありますので、実際に下回転サーブを出してもらい、それにチキータするという練習を繰り返して、回転量の見極めが出来るようにする必要があります。

また、チキータはコースを意識せずに打てば、相手のバック~ミドルに打つことが多いので、それを見越したカウンターを受ける事があります。
ですので、コースを打ち分ける事も必要となります。
また、チキータは最近ではフォア側のボールに対しても行う事が多いです。
ですので、チキータ後の戻りも要求されます。
しっかり戻る事が出来ないと、いとも簡単にバックに狙われて失点する事になります。

■ドライブによる返球

これは主に長いサーブ(2バウンドしないボール)に対する返球となります。

ドライブレシーブの利点

・ラリーの先手を取れる
・普通に攻撃として使える

ドライブレシーブの欠点

・薄くドライブを打つ技術
・台から出るか出ないかの判断力が必要
・ロングの速い球にドライブをするのが難しい

など。

基本的に台から出るボールに対してはドライブで返すのが基本となります。

サーブですので、あまり浮いたサーブは来ませんので、しっかりと切れた下回転にドライブを掛けれることが要求されます。
また、バックに来たボールを回り込んで打つ為のフットワーク力、またはバックドライブが出来る事も要求されます。
中上級者は台から出るボールのほとんどをドライブで返球します。

これが下回転に対応するレシーブとなりますが、いかがでしょうか?
ドライブやチキータよりも、初心者であれば、まずは確実なツッツキとフリックだと思います。
その後、ドライブ、チキータという流れで覚えてみるのが良いと思います。

まとめ

今回は下回転に対してのレシーブの方法を書いてみました。
下回転サーブは試合でも多用しますしので、それに対するレシーブは確実に返せるようにしましょう。
下回転に対するフォアフリックもサーブのキレ具合によってラケットの調整が必要になり、また、フリックをやるべきかツッツキをやるべきかの判断も難しく、この辺の判断はとにかく下回転サーブを出してもらって、反復練習して目と身体で覚える事が一番の練習になると思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク