■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

一撃必殺ドライブの打ち方

卓球の試合において、相手のツッツキが少し浮いて一撃ドライブを狙ってネットミスやオーバーしてしまった。。。

という人も少なくないと思います。

一撃必殺ドライブを確実に打てるようになる為のコツを紹介したいと思います。

ドライブとスマッシュを混ぜてはダメ

いくら浮いたボールだからと言って、ラケットの面でパチンと打つのは危険です。

浮いたツッツキは見た感じ簡単に決まりそうなボールですが、良く考えてみて下さい。

どうしてボールが浮いたのかを。

極薄ツッツキは激キレ下回転

ツッツキが浮く理由として、①上回転のボールにツッツキをした ②それほど切れてないボールをキレていると思い、思いっきりツッツキした などがありますが、相手からキル行為をして結果的に浮いたボールはとてもキレている場合が多いです。

特にボールを薄くとらえたツッツキはビックリするほどキレている時があります。
かなり浮いたボールならば下回転が掛かっていても、角度を併せてバチンとスマッシュしてもOKかと思いますが、微妙な浮き加減の時は、スマッシュではなく、ドライブで確実に相手コートに叩きこみましょう。

一撃必殺ドライブの打ち方

これは中国の馬龍選手の映像を見て貰えば分かると思いますが、思いっきりラケットを上に振り上げてスピードドライブを打っています。

角度的にはループドライブとあまり変わらない角度という事がお分かり頂けると思います。
それではどうしてこんな角度から物凄いドライブが出てくるのか。

特徴は2つあります。

強烈な下半身

しっかりと右足でタメを作り、そのタメを下半身から上半身、ラケットへと伝わる打ち方。

打ち方というかパワーの伝達とでも言えば良いのでしょうか。

とにかくタメが物凄い。

例えば、馬龍選手のカットマンとの試合でループドライブを打つ時の下半身を見て下さい。

下回転を持ち上げるだけの打ち方の時はそれほど下半身のタメがなくても持ち上がるので溜めてません。
しかし、腕は思いっきり振り回してますね(笑)

ボールがラバーに食い込む厚さ

恐らくココがループとスピードとの違いが一番大きいでしょう。
薄く当てるか厚く当てるかです。

0503001

上の画像を見てもらえたらお分かり頂けると思いますが、ラケットの接触面積と回転量とパワーはこのように関係しています。
勿論、これにスウィングスピードや筋力やタメといった力が働き最終的なボールの威力が決まる訳ですが、基本的にはこんな感じです。

一撃必殺ドライブを狙う時は、[スピード7]、[回転3]辺りを基準にして自分で試してみましょう。

こればかりは目で見て厚さを調整するこが出来ません。
何度も何度も繰り返して、食い込む厚さを感覚的に覚える必要があります。

ボールの甘さ加減で厚みを変えろ!

思いっきり浮いたボールに対するドライブ、ネットよりちょっと高いくらいのボール、浮いたツッツキと言っても色々あります。

これらを打ち分ける方法としてオススメなのが、ドライブの厚さを変えて打つことがオススメです。

ラケットの角度はそのままで、接触する食い込み具合を変えます。
ラケットの角度調整はスマッシュであれば分かりますが、ドライブはラケットに当てて飛ばすというよりも、ボールに回転を掛けて飛ばすという考えを持ってください。

ですので、ラケットの角度調整はせずに [回転量] + [ボールのスピード] = [ラケットとボールの食い込み加減の調整]

という具体に調整を進めていった方が良いと思います。

ラケットはエッジ方向にしか振らない

これも勘違いされている人が多いですが、前に速いボールを出す時は面で前に打ってやるのが良いと思われがちですが、それをやってしまうと棒球になってアウト、またはネットに突き刺さる事が多くなります。

ラケットはあくまでもエッジ方向にスウィングすることを意識してください。




イメージは奥に飛ばす

一撃必殺に限らず、浅いドライブはネットに引っ掛かるばかりではなく、相手に反撃されてしまう甘いボールとなる場合があります。
ですので、ドライブは基本、奥に打つようにしましょう。

その際のイメージは「奥に飛ばしつつ、強烈なスピンで弧線を描きコートに突き刺さる」です。

自分は強烈なスピンをボールに掛けてるから、アウトになりそうなボールもしっかりと弧を描く!!と思いながら練習すれば、不思議と厳しいコースへのドライブが上手くいったりします。
最近の高性能ラバーのお陰もあり、「えっ!?これ入るの?」と目を疑うような弧線が出たりしますよね。

まとめ

一撃必殺ドライブは失敗しても相手に威圧感を与える事ができますので、1試合に1発は出したいと事ですよね。
しかも試合の序盤で。

しかし、いくらガンガン打っていく印象を相手に与えたところで、ミス連発では逆にミスを誘うようなボールが来たりとコチラの弱みを握られる事にも繋がり兼ねません。
ですので、ハッタリではなく、しっかりとその時のボールに応じたパワードライブを打てるようになることが大切です。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク