■卓球初心者上達オススメコンテンツ

中国式卓球のススメ

世界一の卓球王国「中国

W020120809627100924920

なぜ中国選手はそこまで卓球が強いのか…

張継科、馬龍、樊振東、許昕、中国トップ4の選手の強さ、それは中国式の卓球練習に隠されています。

過去に中国卓球の強さの秘密について記事を書いたので、そちらもご覧下さい。
>>>中国の卓球が強い理由は何?(技術編)
>>>中国の卓球が強い理由は何?

中国卓球の凄さ、日本の卓球とどこが違うのかを確認してみましょう

中国に卓球は超攻撃的卓球

中国選手の試合を見れば分かりますが、中国の卓球はとにかく先手必勝、超攻撃型の卓球をします。
チキータが良い例ですが、前陣・中陣での戦いで速いスピードと強烈な回転を意識しています。


卓球は先手必勝のスポーツです。
卓球をやっている人であれば分かると思いますが、誰でも先手を取り、試合を有利に運びたいです。
中国卓球はサーブ権の有無に関わらず、常に攻撃の姿勢を崩しません。
サーブも攻撃、レシーブも攻撃、そういった姿勢で試合に挑みます。

日本選手のコーチが中国人なワケ

日本のトップ選手の多くは中国のコーチ、または指導者との関わりがあります。
結果として、日本の卓球のやり方では世界最強の中国卓球には勝てない為、中国選手に勝つ為中国コーチからの教えが必要というわけです。

中国卓球のキーワード

中国卓球「前陣・中陣」「速いスピード」「強烈な回転」この3つをキーワードに練習を行っています。


日本の卓球指導者は自分が現役だった頃の経験上の指導ですが、中国は最新の卓球技術を研究し指導しています。
伝統の戦い方などは無く、常に今求められている卓球に勝つ技術を中心に練習しています。

ライバルに差をつける為には中国卓球

毎日卓球の練習をしているけどなかなかライバルとの差が縮まらない、逆に弱くなっている、、、またはもっともっと上を目指して頑張りたい。
そんな人は是非とも中国式の卓球を取り入れて下さい。


自分も卓球の指導を行う時、中国卓球の練習を取り入れています。
日本のどこの中学校でも行っているオール練習などはあまり行わず、スピードと回転を重視した多球練習をメインに行う事で、効率良く選手のレベルアップを図る事が出来ています。

日中卓球センター出身のトッププレーヤー

東京で卓球選手の指導を行い、全中優勝、県大会優勝、卓球強豪校進学者を多数輩出している、日中卓球センター
毛大宝コーチを中心に中国卓球を徹底的に叩き込み、選手の育成を行っています。
この選手の中には、吉村真晴選手、軽部隆介選手、平野美宇選手、加藤美優選手、四元奈生美選手なども日中卓球センターで毛大宝コーチからの指導を受けていました。

■日中卓球センター
http://www.nicchu-takkyu.com/



日中卓球センターでの指導は、

・個人レッスン
5,000円/60分

・サーブ・レシーブ特別コース
2,000円/30分

・自主練習
500円/60分(1人)



こんな感じの料金となってますが、やはり本場中国の有名コーチですので、なかなかの料金ですね…

毛大宝コーチ、直々の指導を自宅で受けられる

まずはこの教則の監修者である毛大宝コーチの紹介をします。

毛 大宝(モウ タイホウ)
mou1
1967年: 河南省生まれ
1982年: 中国ナショナルチーム青年部在籍
1983年: 河南省体育工作学校(プロ卓球学校)在籍 選手として13年間、女子部コーチとして3年間
1992年: ふくしま国体の指導依頼を受け、来日
1993年: 第50回国民体育大会(ふくしま国体) 中央アドバイザーコーチ就任
1996年: 武蔵野高校卓球部コーチ
1998年: 淑徳大学卓球部コーチ
1999年10月:日中卓球センター開設 以降、10人以上の小・中学生チャンピオンを育成



【表彰暦】
1998年: 全国クラブチーム選手権(セブンイレブンカップ)団体優勝 東京選手権サーティの部 3位
1999年: 東京選手権サーティの部 3位
2003年: 関東社会人選手権 優勝(サーティの部)


毛大宝コーチは15歳の時に中国ナショナルチーム青年部に所属という、中国のトップレベル選手で、現役後は数々のコーチを引き受け、チーム・個人を栄光へと導いてきました。
毛大宝コーチは1992年、ふくしま国体の中央アドバイザーコーチを依頼され、中国の卓球を教える為、日本へ来ました。
日本では10人以上の全国小学生・中学生チャンピオン、高校生・一般のトップレベルの選手が毛大宝コーチのところに習いに来るようになりました。


日本人が中国人に勝つ方法は中国式卓球のみ

毛大宝コーチは中国卓球に勝つには日本の卓球では勝てないと言っています。
実際、中国は世界でもダントツの強さを誇り、他を寄せ付けません。
中国の選手を育てるのと同じ練習を今自分が行っている練習に取り入れる事で、どんどんライバルに差を付ける事が可能となります。
また、中国卓球の練習はとても効率良く行われています。
その辺も普段の練習を見直すには最適かと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク