■卓球初心者上達オススメコンテンツ

中学から卓球をはじめたら覚えたいサーブ、レシーブ

中学から卓球をはじめた人が試合で勝つ為どのような勝ち方が多いのかを実際の試合を見て思ったことを書いてみます。
その学校のコーチにより指導方法が違いますが、サーブとレシーブをあまり重要視していない学校が多いと感じました。
フォア打ちやフットワークに重点を置いている学校が多いような印象です。
確かにフォア打ちは卓球において超基本で、しっかりとクセの無いフォア打ち、手打ちにならないようにしっかり最初から身体を使って打つフォア打ち。
それとフットワーク。
フォア~ミドル~バックへの反復横跳び。
超基本な事ですのでやれて当たり前という感じですよね。

そんな難しい練習よりも先に繋がる練習をやろう

経験者が部内に居る場合、その生徒に対してライバル視しているかどうかは分かりませんが、まともに動けない状態でバックドライブの練習を一生懸命やっている人いませんか?
バックでの回り込みフォアドライブが苦手だからバックドライブでカバーしようとしている人。
それは良くないと私は思います。

しっかりと動けるようになって十分な体勢でフォアドライブを打てる必要が絶対にあります。

それをバックでカバーするのは良くないです。
回り込みフォアドライブは卓球のドライブ攻撃では基本という事を意識して、しっかりと動けるプレーヤーになりましょう。

チキータは今はやめておけ

2球目攻撃とも言えるチキータですが、これも初心者がやるべき技術では無いと思います。
チキータはバックドライブが安定して打てる状態になってから覚える技術だと思います。

例えば、相手がバックにツッツキをした時、そのボールが台から出るか出ないかを瞬時に判断しなければいけません。
台から出る時はバックドライブ、2バウンドする(予想)のであればチキータ、チキータも厳しいくらい低くて短いのであればツッツキorストップ。
まずはその時に正しい判断でチキータと選択し、そしてしっかりとチキータで返球できる事が大切です。

試合はサーブ、レシーブから始まる

多球練習やドライブ練習も当然必要と言えますが、試合はサーブから始まる、レシーブから始まるという事を重要視。
レシーブの練習をしっかりとやっていないので、部活で練習したドライブを打つところまで辿り着く前に試合が終わるという、なんとも悔しい試合が多くみられます。
まずはサーブです、サービスエースを得るためのサーブを練習しましょう。

効果的なサーブを覚えよう

初心者だけではなく、一般的に効くサーブとしてバックの下回転ロングサーブが実践ではよくサービスエースが発生していました。
ロングサーブはショートサーブを中心に組み立てて、突然ロングを出すことで相手がビックリしてレシーブミスを誘うというのがロングサーブの特徴です。プロ選手の試合でもよく使われますよね。
ただそのようなロングサーブは球の速度とコースの際どさが要求されます。
それが出来ない状態でロングサーブはあまり意味がないです。

理由として、上回転のロングサーブの場合、相手がビックリしてもラケットをボールが来るところに出しただけで返球出来てしまいます。
初心者ですので、恐らく返球後の3球目攻撃まで頭に無い事がほとんどですので、返されたボールに対して適切な攻撃が出来ていない。
また、球速が遅く、コースがミドル寄りに出てしまった場合は初心者にフォア打ち強打で見事にやられてしまいます。

それではロングサーブの意味がありません。
ですので、それほど際どくなくても良いので、下回転のロングが効果的です。

下回転ですので、上回転ロングよりスピードは落ちます。
フォア前の下回転よりも回転量も少ないです。
しかし、バックロングの返球の仕方をしっかり教えていない事が多いです。

バックロングが来てラケットを出すだけではレシーブ出来ません。
弱くても多少でも下回転が掛かっているのはかなり効果的なサーブになります。

下回転のロングサーブを紹介している動画がありますので、こちらを参考にマスターしてみてください。

初心者に下回転ショートサーブはあまり意味がない

卓球の基本的なサーブとしてフォア前の下回転サーブだと思います。
しかし、それは初心者同士ではあまり意味がありません。
初心者は速い球に弱いから、遅いボールだと楽に返球します。
初心者同士だとその後ツッツキのラリーになり、ミスって失点というパターンが多いですね。
初心者の場合サーブで決める方が楽に点数が取れる1球目攻撃かと思います。

基本は鏡の法則でレシーブしましょう

なんでもかんでもツッツキしてませんか?
これも多いですよね。
ワールド・ラバー・マーケットのぐっちー氏の動画で、「サーブの回転が分からなければ思いっきりツッツキをする」というレシーブ方法が紹介されていますが、これは正直かなり難しいです。

この動画は初心者には無理です。
しっかりと相手の回転を見極めて正しいレシーブをするのが絶対に大切です。

回転の基本的な原理を理解すれば楽にレシーブできる

いわゆる鏡の法則を初心者は意識してレシーブしましょう。
鏡の法則とは自分から見た時、相手のラケットボールのどこを擦ったかをまず確認します。
そしてその擦ったところにラケットを当てて返球します。

具体的には、相手が下回転サーブを出した(ボールの下を擦った)場合、自分は相手が擦ったボールの下にラケットを当てて返球します。
例えば、巻き込みサーブで逆横下回転のサーブを相手が出した場合、自分から見た時、相手はボールの左下を擦っています。
ですので、自分もボールの左下にラケットを当てて返球します。
これでしっかりと返球できます。
これは基本のレシーブ方法ですので、しっかりと覚えましょう。
繰り返し鏡の法則レシーブを意識して練習すれば勝手に身体が覚えますよ。結構便利です。

まとめ

初心者の試合のほとんどはサーブとレシーブでほとんど試合が決まってしまいます。
これはどの県でもほとんど同じかと思います。
3球目攻撃で点数を奪われる事よりもレシーブで自滅する事の方が圧倒的に多いです。
下回転サーブからツッツキ合戦に発展してネットミスして失点というパターン、よくある初心者の試合です。
外から見ている人には「今のツッツキは強打出来るのに!!」と思いますよね。
本当は下回転を早い段階でラリーに持ち込みたいところでしょうけど、初心者にはやはり無理と言えます。
ですので、効果的なサーブで安定したレシーブで点数を取ることが初心者に求められるのではないでしょうか。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク