■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

初めて味わう表ソフトの屈辱!

これは中学に入ってから卓球を始めた人より、小学生の時からスポ少などで卓球をある程度やってきた経験者が味わう屈辱…

うちの子は小学3年から卓球を始め、市や県の大会に出場した時、幸いにも(?)表ソフトラバーの選手との対戦が無かった。
いわゆる王道の両面裏ソフトラバーを使っていたわけですが、実際、周りも全員裏ソフトラバーを使っていました。

うちの子は中学にあがって、最初の大会で対戦相手の半分が異質ラバーという洗礼を受けました。

表ソフトラバーの特徴として、ラバー表面がイボイボしている為に、相手の回転の影響を受けにくく、球に対してプッシュすればナックル(無回転)のボールが出すことができます。
無回転サーブをそのまま打つとどうなるか…

当たった瞬間、「ボトっ」って落ちます。
ネットに引っかかるのですよね。

そうやって点数を奪われていきます。

表ソフトラバーの相手には回転を掛けて返球

ナックルボールが簡単に出せてしまう表ソフトですので、そのまま面で受けてしまうと落ちます。
ですので、ドライブを掛けて返球する必要があります。
それほど強いスピンはいらないですが、自分から回転を掛けにいかないと、ボトっと落ちますよ。
フォアは大丈夫かもしれませんが、バックは要注意です。
バックハンドを当てるバックハンドしか出来ない人は返球がかなり難しくなります。
普段から回転を掛けるバックハンドの打ち方もマスターしておかないといけません。

株式会社シェークハンズ
卓球三昧 大村拓己コーチ【卓球情報】シェークハンズ
これが参考になります。
色々なシーンに合ったバックハンドを紹介してますよ。

これで紹介している回転を掛けるバックハンドがナックル打ちには適していると思います。

これが出来なくても落ちるのを想定して面の角度を少し上向きにして返球することも出来ますが、角度調整が間違うとボールはアウトになりますので、しっかりと回転を自分から掛ける事を身につけたいですよね。

色々なバリエーションに対応できるようになる

小さい頃から卓球をやっている人は表や粒といった異質ラバーとの戦いに困惑する事があると思います。
でも、それは経験でカバーできるのが中学から始めた子との違いかと思います。
「ナックルにはこちらから回転を掛けて打つ」という事を徹底していれば、そこまで悩むことはないはず。
勿論、表ソフトでメチャクチャ強くて明らかに実力の差を感じる選手もいますがね。

中学にはなぜ表ソフト選手が多いの?

それは裏ソフトの戦い方、プレー全般において習得するまで時間が掛かるからだと思います。

例えば裏ソフト選手がレシーブする時、相手の回転をモロにラバーが受けます。
ですので、レシーブする時は相手の回転を見極めてレシーブしないといけません。
回転の影響を受けにくいのが表ソフトラバーです。
ラバーの種類にもよりますが、下回転サーブを普通に何くわぬ顔してプッシュで返せます。

中学から始めた人で裏ソフトを使っている選手の多くは、経験者のキレたサーブ、または回転が分からずに試合で負ける。という経験はみんな経験します。
時間を掛けて回転を読む練習、ラケットの出す角度、台から出るサーブであればドライブ、また、台上でのフリック、チキータ、と言った具合にレシーブ一つとっても沢山の技術を覚える必要があります。
勿論、表ソフトでもフリックやチキータをやる選手もたくさんいますが、プッシュで返球すれば相手にナックルが行きますので、それだけで攻撃と言っても良いと思います。

勝手な結論ですが、とにかく早く勝ちたい!!という選手は表ソフトが良いと思います。
長い目で見て強くなりたい!!
今は負けて色々と勉強して必ず強くなってやる!!
という人は裏ソフトが良いのかな。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク