■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

初心者が卓球の試合で勝つために

中学から卓球を始めた人が卓球の試合で勝つためにはどうしたら良いのか?

実践からの視点で、勝つ為のポイントを説明したいと思います。

そのサーブの目的は何?

1球目攻撃とも言われるくらいサーブはとても大切で、3球目、5球目にしっかりと結びついているかを確認してみましょう。

サービスエースを狙うな

分かり難くて際どいコースを狙ってサービスエースを取りにいくようなサーブはやめた方が良いです。
ロングサーブは相手のふいをついて出すから効果があります。
しかも、返球されるボールをしっかりと3球目攻撃で打てなければいけません。

サービスエースを狙ってサーブを出す。
そして、サーブが返球されると思っていない選手が凄く多い。

自分のサーブからの得点パターンをしっかりと身についていない状態でそのサーブを使うのは辞めた方が良い。

たとえば、YGサーブ。
最近、色々な選手がYGサーブをやるようになったのは良いのですが、どこのどのようにYGを出せばどのように返球されるかを理解せずに出している人があまりにも多い。

これは3球目の戦術の話になりますが、バックへYGサーブを出すことで、自分のバック側にレシーブされる確率が高いといったように、ある程度決まったパターンが存在します。
その返球パターンを上手く利用し、3球目攻撃を打つ練習が必要になります。

卓球の戦術 サーブからの展開
卓球を始めたばかりの時は、色々なサーブを覚えたがりますよね。 しかし、実際の試合では1、2種類した使わないという人が多いです。 せっかく...

慎重と消極的は違う

10対9になった時など、絶対にミスをしてはいけない場面。

初心者同士の試合であれば、かなりの確率でツッツキ合戦になって、攻撃した方がミスって負けるみたいな雰囲気を出す時がありますよね。
見ててハラハラですよね。

なぜそのような事が起きるか、間違いなく練習不足です。

普段の練習でツッツキをドライブする練習をやっていると思いますが、どうして本戦では自信がなくなるのでしょうか?

それは、本番想定の練習をしていないからです。

ツッツキ打ちの練習をするとき、適当に下回転サーブを出して、ツッツキも打ちやすいところに出していませんか?
基本的なツッツキ打ちが出来るようになったら、実践を想定したツッツキ打ちをしないといけません。

具体的に、サーブも試合で使う下系サーブを自分が決めたコースにしっかり出す。
ツッツキをする側もドライブし難いようにコースや回転を厳しくツッツキをする。

そのボールをドライブで返球できないと、本番で自信を持ってドライブを打つことはなかなかできませんよね。

悪い流れを変えろ

卓球の試合は一気に5点くらい取ったり取られたりする時が良くあります。
外から見てても、流れというのがわかるもんです。

その悪い流れを断ち切れず、結果的に負けてしまう。
経験した事がある人も多いはず。
相手のサーブがまったく分からず完全に流れが向こうにいってしまった…なんて感じに。

その流れ、時間を上手く使って断ち切りましょう。

悪い流れになっている時、初心者であればあるほど、ゲーム展開を早く進めようとする傾向にあります。
気持ちは良く分かります。

少しでもこの嫌な流れを断ち切りたい!!その思いが強いと物事をパッパッパと進めたいですよね。

それ、逆です。

サーブ前にまず深呼吸し、よーく今までの展開を振り返って、精神集中してみましょう。

それって結構効果ありますよ。

勝ちを意識しない

先日、見た試合でこういうのがありました。
10対7でもう1点で勝利という場面、相手の打ったボールがアウトになりそうな軌道でこちらのコートに飛んできた。
それを見てアウトだと決め込んで「ヨーッ!!」と叫んだら、実は入っていた…

そのあと、10対8…10対9…となり、最終的に10対12で負けてしまったというなんとも可哀想な結果…
勝手な判断一つで試合の勝敗を分けてしまったわけです。
そうならないように、気を抜かない事が本当に大切です。

まとめ

他にも負ける人の原因というのは沢山ありますが、私がその日、試合を観戦して感じた事、思ったことを書いてみました。
参考になったら幸いです。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク