■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

初心者にオススメのバックサーブはとても使える

今まで初心者が覚えるべきサーブではバックサーブについて紹介してませんでした。


回転がいわゆる逆横回転のサーブになりますので、まずは順横回転のサーブを知るべきかと思い、その時は書きませんでした。
また、逆横回転の特性を上手くいかした戦術が有効ですので、初心者でも下回転打ちなど、ある程度の基本打法が出来るようになってから、バックサーブを覚えた方が良いかも知れません。

バックサーブってどういうサーブ?






このようにラケットのバック面を使って出すサーブですね。
結構、カットマンが普段から多く使うサーブで、ドライブマンではバックサーブがメインという選手はあまりいないように思えます。



バックサーブの種類



バックサーブで出すことが出来る球種は、主に「逆横下回転」、「逆横上回転」の2つに分けられます。
真下や真上、ナックルも出す事は可能ですが、それは置いておきましょう。


サーブのやり方はそのものはとても単純で、左から右に一気にラケットを振り抜くように出します。


上と下の出しわけに関しても、ラケットを立てて出せば上、寝せて出せば下になります。
最初はそのように覚えても大丈夫だと思います。


この出し方で上と下を出しわけれるようになったら、次はラケットの角度を同じにして上と下を出しわけてみましょう。
0111001
大きな矢印がラケットの軌道になります。


ちょうどこの動画みたいに上と下を出し分けれます。


最初に覚えたラケットの軌道は一直線(左から右)でしたが、今回は最後に引き上げる動作が追加されています。
この引き上げる動作があるので、同じラケット角度で上と下を分けて出すことが可能になります。


ラケットの角度に関してはあまり20度~45度の範囲で行います。
あまり立て過ぎると下回転が掛かりませんので。


ラケット角度だけで判断している人は見事に引っ掛かります。


ちょっと寝せ気味で上を出すことが出来ますのでとても強力と言えます。



バックサーブから始まる戦術



バックサーブは初心者が一番簡単に出せる逆横系サーブと言っても良いくらい簡単に出せます。
勿論、しっかりと騙すには沢山練習して自分なりに研究したりと時間は掛かりますが、YGサーブに比べたらかなり簡単に出すことが出来ます。
個人的には巻き込みサーブよりも簡単で、ボールコントロールが楽だと思います。


逆横下サーブは相手が真っ直ぐツッツキをすれば、自分のフォア側に返球されます。
そういう回転影響があります。


それを利用する事で戦略を立てる事ができます。



フォアから相手バック前に逆横サーブ



これはYGでも巻き込みでもOKです。
でも、バックサーブの方が簡単でオススメ。


さて、通常はバック側からサーブを出しますが、なぜフォア側から出すのでしょうか?


自分のフォア側からサーブを出す事で自分のバック側がガラ空きになります。
そして相手のバックにサーブを出すので、相手はガラ空きのバックへ返球する確率が上がります。
しかも、逆横回転の影響を意識すれば、ストレート(自分のフォア側)への返球はアウトになる可能性があるので、クロスに返球したくなります。


0111002


ですので、自分はバックへの回り込みフォアドライブを頭に入れて、このサーブを出します。
結構、このパターンは実践でも使えますので是非とも3球目攻撃までセットで覚えて練習してみてはいかがでしょうか。



フォアからフォア前への逆横サーブ



YGサーブをフォアからフォア前に出すにはちょっと難しいですが、バックサーブだと簡単に出すことが出来ます。
その点、戦略を組み立てる上でサーブの成功率は大きく影響しているので、バックサーブはオススメです。


フォアから相手のフォア前に出したサーブ、逆横回転の原理、影響を考えれば、相手はミドル~フォアに返球する事が多いです。
仮にバック側に返球したとしても、フォアからフォア前へのサーブですので、サイドラインを切るレシーブは物理上難しいので、バックへの大きな回り込みは考えなくても良い事になります。



まとめ



バックサーブは紹介した出し方だと回転も分かり難く、とてもキレたサーブですので、レシーブが浮く可能性も大きく、また、戦術もとても有効ですので、是非とも練習してマスターしたいサーブ、戦術だと思います。


また、試合の流れを変える、悪いムードを一変したい、そんな時もバックサーブを出す事で試合に変化が出ます。
よくプロ選手も連続失点した後や、勝負どころにバックサーブを使う場面が多いです。


カットマンだけのサーブというイメージを持っている人もいると思いますが、ドライブマンも積極的にバックサーブを使うべきだと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク