■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球 ドライブマンのラケット選びについて

卓球のラケット本当に沢山あって、どれが自分にあるか迷いますよね…

ドライブマンとしても本当に沢山の選択肢があるのが現実です。
これからプラスチック用としてラケットを買おうと思っている人に参考になってくれたら嬉しいです。

・使っている材料の特性を理解する

みなさんはどのようプラスチックボールに対応させてますか?

一般的に、プラスチックボールは回転が掛かり難いということでラケット、ラバーともに軟らかい方向に考えているが多いです。
私もその方向で良いと思います。
また、ラケットとラバー、どちらでプラスチックに対応するかによっても使用する用具は変わりますよね。

自分が使っている現在のラケットは、インナーフォース・レイヤー・ALを使っています。
比較的最近のラケットですが、要は内部にアリレートという特殊素材を使っているラケットです。

以前からアリレートを使ったラケット(ティモボル・スピリット)を使っていました。
プラスチックに以降してからも、たまにティモボル・スピリットを使う事が多々ありますが、コントロール性が凄く良いです。
同時にボールを包む感覚が非常に良く分かるラケットです。
包む感覚というのは面で当ててもバチンと鳴ってすっ飛んで行くのではなく、ギューッと粘ってくれる感じに近いです。
ですので、食い込ませて打つドライブが安定して出せます。

また、ラケットとラバー、各々の仕事を分けて考えてみる事も大切です。

ラケットでカーボンなどの特殊素材が内部に入っているものだと、球離れが早くカキンという音と主に真っ直ぐ飛んでいきます。
上級者には良いかも知れませんが、球離れがあまりにも早いのでコントロールが難しくなります。
しかし、ラケットからも弾く力が出てますので打球は速いです。
ですので、コントロール重視の場合はアリレート材が内蔵した物をオススメします。

ラバーに関しては、ラケットが決まっていればそれほど難しくは無いと思います。
球離れが遅いラケットを使うのであればラバーはコントロール重視の物を選ぶ必要は無いと思います。
食い込ませるタイプのラバーよりもシート表面に引っ掛けるタイプのラバーの方がラケットとの相性は良いように思えました。
ですので私の場合はヤサカ・ラクザ9を両面に貼ってます。
アリレート材のラケットを使っている場合、ラクザ7では安定し過ぎるという印象です。
ドライブはメチャクチャ安定しますが、打ち抜くドライブでは無いと思いました。

・ALCは飛び過ぎな印象

アリレートでもアリレート・カーボンを搭載したラケット、インナーフォース・ALCに関しては少し飛び過ぎが感じがしました。
ZLCやSuper・ZLCも飛びますよ。
他のカーボンを搭載したラケットも恐らく飛ぶ類のラケットかと思います。
ぶっ飛び系のラケットを使う人はラバーで少しでも球を持つ力があるラバーを使う事をオススメします。
VEGA・ヨーロッパ、VEGA・アジアなどが扱い易かったですよ。

・木材合板の7枚もオススメです

これも結構気にいっているラケットですが、SK7・タクティス、このラケットは良いです。

ちなみに、なぜか経験上、木材、特に7枚はラケット重量のバラツキが大きいです。
ですので買う時にお店で重量を測れるのであれば測って比べてみてくださいね。
私は子供(当時小5)用に買いましたので、重いラバーを使うために出来るだけ軽いラケットを選んで買いました。
お蔭で両面にラクザ9特厚を貼っても難なく振り切れましたよ。

7枚合板はバタフライではティモボル、SK7、SK7・タクティス、この3種類が多く出回ってますが、普通のSK7とティモボル7枚は重くてぶっ飛び系です。
このラケットはある程度筋力が無いと厳しいかも知れません。
また、ぶっ飛び系ラケットで重いとなるとコントロールが非常に難しくなります。
ただ不思議とSK7・タクティスは木材本来の球を包むような持つ力がありますので、コントロール性、食い込ませるドライブに長けていると思います。
また、7枚合板の強打時(スマッシュ)は木のパキンッ!!という何とも気持ち良い音がしますよ。
カーボン系はカッキ~ンッ!!

バタフライ(Butterfly)SK7・タクティス ST (but-36454) sports-hobinavi 【jyu】

・木材5枚合板もオーソドックスで使いやすいです

5枚合板は初心者からプロ選手まで幅広い選手層に好まれるラケットとして人気があります。
オススメの5枚合板、No.1としてはバタフライのコルベル。
このラケットにテナジー05をフォアに貼り、フォアドライブを打った時は今までプラスチックボールに苦労していたのがウソの様な弾道ですよ。
コルベルは持ってませんしテナジーも一度しか使ってないので、今は自分の用具としては再現出来てませんが、人の少し借りて打っただけで、ラケットとラバーの相性が良いのをすぐに体感できますよ。
特に今まで硬いラケットを使っていた人にはコルベルを使えばハマるかも知れませんよ。
卓球がより楽しくなりますよ。

butterfly バタフライ攻撃用シェーク 卓球ラケット コルベル ★全員プレゼント付★

・木材またはALまたはALCが多い

まとめになりますが、やはりプラスチックボールに対応する為に選ばれるラケットの多くは、アリレート系の特殊素材、5枚・7枚合板が圧倒的に多いです。
カーボンはちょっと厳しいです。
自分も某メーカーのカーボンラケットを持ってますが、ちょっと実践では厳しい。

余談ですが、面白い組み合わせで、ガチガチのラケットにラザント・ターボのような硬くてシートに引っかけるタイプのラバーの組み合わせで擦るドライブは強烈です。
ループドライブの回転量が物凄くて、それだけで結構な得点が取れました。
しかし、球速が遅いです…
それに薄く擦るドライブは湿気がある季節は結構ラバーが滑りますので扱うのがシビアになり、安定しません…

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はるぴー より:

    ALCの中でおすすめのラケットって何ですか?

  2. wpmaster より:

    返事が凄く遅れて申し訳ありません。。。
    ALCでもインナーとアウターがありますが、個人的にはアウター、張継科ALC、フレイタスALC、がオススメです。
    ガチガチのラバーじゃないのであれば、それほど扱うのが難しいとは思いませんし、このくらい飛んだ方が特殊素材っぽくて好きです。

スポンサーリンク