■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球ではフットワークが何より大切

毎日部活動の練習でフットワーク練習を行っていると思います。
部活以外にも意識して反復横跳びをやってみたりしている人も多いと思います。


そのフットワーク練習、本当に合っているのか、また、卓球ではどうしてフットワークが必要なのかを紹介します。


過去の記事でもフットワークの大切さについて書いてますので、参考にしてもらえたら幸いです。

卓球練習でフットワークは何より大切!?
卓球練習でフットワーク練習、普段の練習で意識して行ってますか? フットワーク練習よりもドライブ練習の方が大切、バックドライブの方が大事...

「静から動」より「動から動」へ



これはフットワークとはちょっと違う話になるのですが、凄く大切なことなので書きたいと思います。


ハラタカさんのDVDを前に見た時に、凄くその通りだなと思った事があります。




まず、バックハンドでバック対バックを普通に行って下さい。
3,4球くらい続けたら、送球者はストレートに打ちます。
それをフォアハンドで打ちます。


その時、スムーズにフォアへ移動できましたか?
ラケットもバックからフォアに切り替えることが出来ましたか?


このようなパターン、試合では凄く多いです。
相手が意図してストレートにボールを送るパターンですよね。
そのボールをしっかりとフォアドライブで強打できるかできないかが問われます。

見出しにあります、「静から動」とは一体どういう事か、それはバックハンドを打つ場合、同じ場所で全く足が動いていない状態でバック対バックをやっている状態で、いきなりフォアに「動く」という事です。


どうですか?出来ますか?
なかなか難しいと思います。


それに対して「動から動」ですが、バックハンドを打ったらすぐにその場で小さくジャンプしてください。そしてまたバックハンドを打つ、そして小さくジャンプ、、、そのようにバック対バックをやっていると、いきなりフォアにボールが来たとき、動きやすいと感じるはずです。


それを知った時、凄く良い事を知ったと感動しました(笑)


小さくジャンプするのがちょっと嫌と言う人は、軽く足踏みして下さい。
なんでも良いです。


とにかく止まった状態を維持しない事。


これを意識すれば、よりフットワーク力が高まると思います。

フットワーク練習は送球者の技術が問われる



よく行うフットワーク練習で、バック対フォア-ミドル-バック、それをオールフォアで行うという練習が一般的だと思いますし、凄く有効な練習だと思います。


送球者の技術が問われますが、しっかりとその人のレベルに合ったところにボールを出すことが大切です。
でも、なかなか毎回コントロール良くボールを出すのは難しいですよね。
ですので、送球者の送球ポイントとして、①リズム良く一定のリズムで送球する ②疲れさせる この2点を意識して行うのをオススメします。

①リズム良く一定のリズムで送球する


リズミカルにボール出す事で、練習者もリズミカルに打つことが出来、スムーズかつ素早く動く事が出来ます。
送球者のブロック力が結構大切になりますが、リズミカルに長時間続ける事が出来るように行いましょう。


②疲れさせる


送球者のコントロールが多少悪くても、意地でもフォアで打つ。
現代卓球は両ハンドプレーが主体ですので、バックのボールはバックハンド、と考えがちですが、バックハンドで返球するより、しっかり動いて良い体制で打つフォアドライブの威力には勝てません。
是が非でもフォアで打つ練習を心掛けましょう。

色々なフットワーク練習



フットワーク練習、要するに足の動きを鍛える練習ですので、考えたら相当なパターンが存在します。
その中でも実践でよくあるパターンは常に練習しておくべきです。

戻りを意識したフットワーク



ここで言う戻りとは、台上プレーからの戻りを言います。
チキータやフリックから戻り。


効果的な練習として、フリックやチキータから開始するフットワーク練習をオススメします。


20161129


この画像のように、まず送球者がフォア前に下回転サーブを出します。
それをクロスにフリックし、送球者が相手のクロスにカウンタードライブし、そこからバック対オールがはじまります。
勿論、練習者はオールフォアドライブです。


このように、フットワーク練習のスタートを実践のように始める事で、練習の質が高まり、より良い練習になります。


20161129002


チキータから開始するフットワーク練習です。
ちょっと複雑になってますが、送球者のバック前下回転サーブから開始します。
それをクロスにチキータし、それをバックに返球、そしてまたバックに打ち、送球者は相手のフォアへプッシュし、そこからバック対オールがはじまります。練習者は勿論フォアドライブね。


この練習は毎日行う事をオススメします。

中陣から盛り返す前後の動き



20161129003

この練習はいわゆるN字フットワーク練習ですよね。


前後の動きというより、中陣になったときの打ち方と前陣の時の打ち方をしっかりと区別して行う必要があります。
特に中陣でのフォアドライブは前陣よりもパワーを込めて打つように心がける事が大切です。


また、中陣でのドライブはラケット・ラバーの性能が現れるので、数種類のラケットで試してみるのも面白いと思います。

付加を掛ける練習法



もし可能であればこのような練習はフットワーク強化に効果が大きいです。


20161031005


卓球台を2台付けて、フォアとバックから相手のバックにフォアドライブを打ちます。


この練習、送球者はブロックではなく、多球で行った方が良いと思います。
ブロックだとあまりにも練習者がキツイです。
練習者の動きを見ながら送球者はボールを出すタイミングを調整して行いましょう。


実際にこの練習をやってみれば分かりますが、見た目より相当キツイですので、1分1セット程度が良いと思います。

フットワークを身に付けるメリット



なぜ、両ハンドプレーが現代の卓球と言いつつ、足を使って頑張ってフォアで打たないといけないのか。
そう疑問に思う人が居ると思います。


それは、どう考えても良い体制で打つフォアドライブには敵わないです。
半端は体制のフォアドライブは逆効果となり、相手にカウンターされたりと失点の原因になる可能性があるので、しっかりと動いて打てる必要があるわけです。


サーブから始まり、レシーブ~ラリーへと展開し、最後はフォアドライブで決める!というのが理想の得点方法と言えるでしょう。

まとめ

何気なく毎日フットワーク練習を行うのではなく、なぜフットワークが必要なんかをしっかりと理解した上で行う事も大切だと思います。
フットワーク力が付けば、良い体制で両力なフォアドライブが打て、結果的に得点に結びつきます。
バックハンドが得意な選手も、強烈なフォアドライブを打つ為に、打球点に素早く入る事がとても大切だと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク