■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球におけるドライブについて

ttdr_0529

このサイトでもドライブの打ち方であったりドライブの種類であったりと、卓球においてドライブの大切さを結構記事にしたつもりです。

今回もドライブについての記事ですが、技術的に足が…とか手が…とかではなく、私の考えるドライブについてを書きたいと思います。

卓球という競技はドライブが打てないと始まらない

何を今さら、と言われそうですが、やはり卓球の試合で裏裏の選手であればドライブを打てないと勝つことは難しいです。
勝てない事は無いと思いますが、卓球の醍醐味でもあるドライブは攻撃の要です。


とは言っても、実際練習ではガンガンドライブを打てる選手が、実践になると打てなくなる。
そんな場面をとても良く目にしませんか?
少なくても私の周りの選手ではこのような現象が起きている。


なぜドライブを打てなくなるのか?
それを分析してみます。

試合ではあり得ないボールでのドライブ練習

よく「下回転からオールにツッツキしてからバック対オールでドライブ練習」などの練習があります。
これを解説する必要もないと思いますが、簡単に言えば、


「オールにツッツキされたボールを相手のバックにドライブして、あとはひたすら相手のバック目がけてドライブを打つ」

という事になります。


この時、ドライブを打つ選手は何を意識して練習しているか。


「フットワーク」と答える人が多い。


それも間違いではありません。


オールにブロックされたボールをドライブしないといけないワケで、素早く打球点に行かないとドライブが打てませんので、それも正解だと思います。


ただ、そのフットワーク練習、実践で例えるのであれば、「ラリー」ですよね。
そのラリーは1セットで何回訪れますか?
ラリーの前にミスって終わりませんか?
サーブが取れなくてラリーにならない事が多くないですか?


それってどういう事か…

実戦レベルのサーブから練習を開始する

これ結構大切です。


サーブの回転とレシーブ


これにより自分が攻撃する3球目攻撃の回転が異なります。


例えば横下回転サーブを出して相手がツッツキしてきた時は横下回転のボールを攻撃する事になります。
それなのに普段の練習では横下回転を打つ練習をしていない人が多い。
これでは実戦となればミスって当然。
また、ナックルサーブに対して相手がガツンっ!!と切った場合、想像以上の下回転が返ってきたりします。


レシーバーは相手のサーブを見てレシーブをします。
それを考えたら同じボールが返ってくる事なんてあまり無いですよね。
横回転であれば回転の影響でコースも一定しないです。


ですので、フットワーク練習をする時も、実践同様のサーブからフットワーク練習を行う事をオススメします。

時と場合に応じたドライブを打つ必要性

卓球は回転がとても大切なスポーツです。
回転を制する者は試合を制すると私は思ってます。


その回転競技でドライブというのは物凄く大切というのは承知していると思いますが、いつ、どのような時にどんなドライブをどこに打てば?と、様々なケースが考えられます。

  • どう見ても一撃必殺のチャンスボールでないのに強打でミスる。
  • これはいける!と思ったボールを繋ぐだけのドライブを打っている。
  • 何も考えずにクロスにしか打たない。


  • また、浅くて回転の少ないループドライブを相手の絶好の所に打って、いとも簡単にカウンターを食らってしまっている。

    こんな感じでドライブと一言で言っても簡単ではありません。

    ボールを見極める方法

    私が思うに、みんな「姿勢が高い」と思います。
    目線の高さがボールを見極める為に凄く大切な事だと思います。
    ネットとボールの高さ関係は勿論、姿勢の低さは重心の高さに影響しますので、少なからずフットワークに影響が出ます。


    それと回転の量の見極めも大切です。


    同じ下回転でも相手によって全然違います。
    カットマンや粒選手のカットはコチラのドライブが強い程強烈な下回転になって返球されます。
    裏ラバーでもツッツキのやり方によっては恐ろしいほど下回転が掛かっていたり、逆に、ただラケットを乗せて返球する時もあります。
    回転の量、ボールの質もしっかりと見極める力を身に付ける事が大切です。

    そんなに難しい話ではありません。
    普段の練習で少し意識して練習をする事でボールの見極めが出来るようになると思います。

    ボールの質に意識を置いたプレー

    ただ下回転という事だけで落ちないように持ち上げるのではなく、下回転のキレ具合によって決めれるボールなのか、繋ぐボールなのかを判断しないといけません。
    それによりボールとラケットの厚さ、ラケットの角度、打点など色々な要素をプレーヤーは判断しないといけません。
    これもまた少し難しい話の様に思えますが、このことを常に考えて練習していれば、自然に身に付くようになります。

    決めるドライブ、繋ぐドライブ

    卓球においてドライブだけではなく、常に判断が求められる競技です。
    特にレシーブに関しては瞬時にベストな選択をしないといけませんよね。


    ドライブも「決めるドライブ」なのか、「繋ぐドライブ」なのかを正しく判断して、そのボールに対してベストなドライブを打てるようにしないといけません。

    パワードライブの打ち方

    パワードライブ、一撃性の決めにいくためのドライブを打つには「食い込ませドライブ」を打てるようにならないといけません。

    中学生にとても多いのが常に擦りドライブで、ループドライブと打ち方が変わらず、ただスウィング方向だけを変えて打っている人が多いです。
    一見、擦って打つ方が難しいように思えますが、食い込ませドライブの方が断然難しい。
    ですので、心当たりのある方は食い込ませドライブを身に付けた方が良いです。

    擦りドライブの特徴

    ボールをラバーの表面で擦る事によりボールに前進回転を掛けます。
    ボールの特徴としては、スピードよりも強い回転を生み出しますので、ボールの弧線、変化が大きく、また、ブロックされても強い回転の影響で、ブロックアウトが期待できます。


    ただ、擦りドライブのデメリットが意外に多い。

    私の考える擦りドライブの大きなデメリットを挙げると。

    カウンターされやすい

    コントロールし難い


    そして、、、

    梅雨時期、湿気の多い時、ラバーが滑る。

    この3点。


    そしてこの3点は食い込ませドライブではあまり問題ではないのです。

    梅雨時期の悲劇

    mig

    自分の教える子も擦りドライブが得意で、ブロックアウトを連発させて勝利した大会が多い。
    しかし、梅雨時期、ラバーが滑る症状が発生。
    擦りドライブしか打てない選手はこうなるととても不利です。
    いや、不利というより攻撃が出来ない状態になってしまいます。

    食い込ませドライブの特徴

    ボールが速いので、カウンターされ難いですし、一撃必殺で打ち抜く事が可能です。

    そして、湿気の多い時でもそれほど影響を受けないというのが大きなメリットだと思います。

    擦りドライブとは違って、食い込ませドライブはラバー全体でボールを包んでますので、滑り難い打球方法です。



    食い込ませドライブに関しては以下の動画が凄く分かりやすいと思うので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

    この動画だけで食い込ませドライブに関してはバッチリだと思いますので、是非とも練習してこれからの季節、「湿気で負けた…」とならないようにして下さい。

    まとめ

    今回書いた事は冒頭にも書きましたが、私の考えるドライブ論、自論ですので、これが正しいという事でありません。
    日頃から気にしている事を書かせて貰いました。
    卓球においてドライブは欠かせない技術です。
    チキータやフリックが出来なくても試合に勝つことは可能です。
    しかし、ドライブが打てないと試合に勝つことは相当困難になります。


    そのドライブも大きく2種類、擦る食い込ませるか、この2つをしっかりと使い分ける事がとても大切だと思います。

    sakamoto04
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク