■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球のチキータ封じとチキータからの戦術について

このサイトでも幾度となくチキータに関しての記事を書きました。


やはり現代卓球において「チキータ」はとても重要で、勝ち負けに直結する大切な技術だと思います。
実際にチキータを卓球の試合に使うか使わないかは置いといて、チキータをやれるように、そしてチキータというものがどういうものかという事は覚えておきましょう。


■チキータのやり方が分からない人は下のページに過去記事があります。
卓球の台上技術チキータのやり方について

ショートサーブにはチキータがほとんどの場合可能



チキータは台上で2バウンドするショートサーブに対して主に行うレシーブです。
ショートサーブであれば、フォア側、バック側問わずに行う事が出来ます。

サーブのモーションからコースを読む力



ショートサーブはフォア前に出される事が多いです。
バック前~ミドル前に来たショートサーブに対しては回転さえ分かっていればチキータはそれほど難しくはありません。
そもそも、チキータ自体、それほど難しい技術ではありません。
ボールに横回転を掛ける事で真下の切れたサーブでも簡単にチキータで返球できます。

卓球のトップ選手はフォア前のショートサーブもチキータで返球する事が多々あります。
それをやるためには、サーブのコースをフォームから読み取る事が絶対に必要となります。

サーブのフォームは人それぞれで、一概には言えません。
しかし、フォームは違えど、トップ選手の動画をいくつか見れば、ラケットにボールが当たる瞬間、コースが分かります。
スウィング方向(テイクバックも)も一緒に見れば、ボールがラケットに当たるちょっと前にある程度の予測が出来ると思います。

その一瞬を見逃さず、ボールが当たる瞬間にフォア側に大きく移動します。
あまり早くフォア側に移動してしまうと、とっさにサーブのコースをバック側に変えてきたり、サーバーもそれなりに対応しますので、動き出すのはラケットにボールが当たる瞬間に行いましょう。
ショートサーブですので、それから動いても間に合います。

フォア側から出すチキータの魅力

バックからのチキータは相手のミドル~バック側に集まる事が多いです。
そこに打つのが楽だから。
ボールの左を捉えるので、前に振り抜けば、そのような方向に飛んでいきますよね。
クロスへのチキータが一番安定してやり易いです。
ストレート(相手のフォア側)チキータをするのは正直難しいです。

しかし、フォア側からのチキータだと、相手のフォアサイドを切る様なチキータが意外と簡単に出来ます。

しかも、フォア側からバック側というストレートコースも比較的簡単に出来ます。
フォア側からだと、相手コートに広角にチキータする事が可能です。
ですのでチキータエースもフォア側からのチキータが多い。

フォア側がら出すチキータの注意点



フォアからのチキータはしっかり戻る事が大切。
相手のミドル~バックにチキータした場合、かなりの確率で空いている自分のバックへ返球される事が多いです。
そりゃそうです、ぽっかりと空いたバック側、無意識で狙ってしまうほど、大きな空間です。
そこに返球される事を頭に入れて、チキータ後はしっかり戻る事が大切になります。


☆多球練習でフォア前チキータの練習☆

フォアからのチキータ、そして戻り、これは一つのパターンとしてしっかり覚えた方が良い。
多球練習で覚えるのが効率的です。

①送球者:相手フォア前下回転
②練習者:フォア前チキータ(相手ミドルへ)
③送球者:相手バックへロング
④練習者:バックハンド(相手ミドルへ)

まずはこのパターンで練習して身体で覚えましょう。

フォア側から相手のフォアに打つチキータは、フォアクロス待ちで良いでしょう。

フォアクロスにチキータを出したら相手はそれにカウンターを合わせて来るのを想定して、それにカウンターを合わせる準備ですね。

実戦でのフォアからのチキータ

実戦でフォアからのチキータはほとんどがミドル~バック気味になる事が多くなるので、先に説明した多球練習をやって戻りを強化して下さい。
フォアからフォアへのチキータはそれほど沢山やってないというのが試合を見ての感想です。
フォアからフォアへのチキータは相手の意表を突く場面が多いです。
ですので、チキータエースが狙えたり増す。

フォア前のサーブがナックルや上回転系であれば、エースが取れるような強いチキータが打てますが、下回転では回転軸を外す事を意識して絶対にミスをしないで確実に相手コートへ返球する事が大切です

現代卓球の常識?チキータを封じるサーブ

チキータは練習すればそれほど難しい技術でありません。
ですので、ショートサーブばかりだしていてはチキータやられっ放しで、試合展開も厳しい展開になる事があります。
その為にはチキータをさせないサーブの組み立て方が大切になります。

基本に戻ってフォア前とバックロングにサーブを出す

サーブの基本としてフォア前サーブとバックロングサーブ、この2つはコートの中で対角線上にあり、距離が一番離れています。
相手に「バックロングサーブが来るかも」と思わせる事で、相手は大胆にチキータをやるためにフォア前へ来づらくなります。
しかし、バックロングだけ出していては、モーションを盗まれ回り込んでのフォアドライブを食らう可能性もありますので、その辺のサーブの組み立て方が凄くチキータ封じには大切です。

また、コースだけではなく、フォア前の下回転が思いっきりキレている。という印象を与える事も、相手に思い切ったチキータをさせない手段として有効です。
持ち上げるだけのチキータをやれば逆にそのチキータを狙い撃ちされてしまします。

チキータを狙い打ちする

先に書きましたが、持ち上げるチキータ、攻撃力が無い入れるだけのチキータは格好の餌食になります。
サーバーはあえてチキータをさせるようなサーブを打ちます。
しかも、チキータのコースを限定させる。

チキータ狙い撃ちのサーブ

相手のバックショートへの凄く切れた下回転サーブ。
このサーブはミドル~バックにチキータされる可能性が高いので、サーブを出したら、一歩下がってカウンターの準備をしましょう。
下回転サーブの場合、チキータで強打される事はあまりません。
結構よくあるパターンですので、日頃からチキータをカウンターする練習を行うことをオススメします。

まとめ

チキータはレシーブ技術の一つとして今では皆が使っています。
しかし、そのチキータを効率よく、より効果がある使い方をすることで、試合を有利に運ぶ事が出来ます。
それと同時に、相手にチキータをさせない事も大切になりますので、チキータを受ける練習も普段から行い、チキータに慣れる事が大切だと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク