■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球の台上技術チキータのやり方について

卓球の台上技術、チキータ、今では中学生から当たり前のように使われている技術です。
チキータのやり方を難しいと思っている人も多いと思いますが、実際、コツを掴めばそれほど難しい技術ではありませんので、是非とも挑戦していただきたい技術です。

チキータは攻撃性の高いレシーブ

主にチキータは短いサーブに対してのレシーブとして使うケースが多いです。
バック前に短いサーブが来た時は積極的にチキータで返球したいところですが、今ではフォア前のサーブでもグググとフォアに移動してチキータで返球するというのも珍しくはないです。

チキータってどうやってるの?やり方教えて

先に書いたように短いサーブに対してチキータを使うケースが多いです。

短いサーブであれば下回転でもナックルでも上回転でも何でもチキータで返球する事ができます。

・下回転に対するチキータ

ブチ切れ気味の下回転にチキータをやる場合、ボールの側面を擦って強いサイドスピンを掛けるように返球すれば良いです。
ボールの真上、真後ろにあまり触らないようにボールの左を前に擦る。
それが大事です。
結構リスキーな感じがしますが、強烈なサイドスピンを掛ける事で相手がミスをする確率も上がりますし、次に来るコースもバック寄りに返ってくる可能性も高くなり、次の攻撃につなげ易いです。

真下のブチ切れ以外の下回転(横下や逆横下)には、ボールの左上で強く擦るように返球するのが一般的です。

・ナックルサーブに対するチキータ

ナックルボールはラケットを当てればボトッ…って落ちる事がありますので、ナックルの返球にも積極的に回転を掛けるチキータは凄く有効です。
ボールの左上を擦るように打つのが一般的なチキータですが、ナックルの場合もそれで大丈夫です。

チキータのやり方は文章よりも動画等、見た方が早いので、下の動画を参考にして下さい。
凄く分かり易く解説してます。

チキータのデメリットは?

メリットの多いチキータですが、勿論、デメリットもあります。
まず、技術の習得というのが1個目のデメリット。
デメリットというより、新しい技術習得には努力が必要ですので、それなりに時間は掛かると思います。

・狙われやすい

これも最近の卓球ではよくある事ですよね。
チキータをコースを意識せずに打てば、相手のミドル~バックに行く事が多いです。
また、ストレートを狙ったとしても、何となくバックドライブよりもコースが読まれやすい(フォームから読まれやすい)と言われてます。
しかも、下回転の強いサーブに対するチキータはそれほどボールのスピードが出ませんのでカウンターされやすいのです。
中学レベルではチキータを狙われてカウンターされる事はあまり無いかもしれませんがね。

・フォア前チキータはバックが隙だらけ

フォア前の短いサーブに対しても最近はチキータをする選手が多いですが、チキータした後、バックがガラ空きになりますので、しっかり戻る事が出来ないと危険です。
勿論、それを前提にフォアでチキータをやっているでしょうが、かなり意識して早く戻らないといけません。

丹羽選手のチキータを手本に学ぼう

丹羽選手の代名詞とも言われたチキータですが、チキータはフォアドライブのように、全身を使ってダイナミックに打つ技術ではなく、コンパクトで手首のスナップから回転を生む技術です。
体格差があまり無い技術といえるでしょう。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク