■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球の試合が安定して強い人との決定的な差

毎日毎日練習をしてもなかなか上手くならない、試合で勝てない。
でも部内のライバルはどんどん強くなって、自分との差が開きだしてきた…

という人が結構いると思います。
どうしてそのような事が起きるのか、センスが無いのか?

基本技術を見直す

一番最初に言いたいことが、この基本技術

決まった練習時間の中で、果たして基本練習にどれだけ時間を費やしていますか?

仮に2時間の練習時間で基本練習はどれくらいやっていますか?

中学から卓球を始めた人であれば、最初の1年は基本練習中心でやらないと、とても試合にはならないと思います。
しかし、2年になれば後輩も入ってきて、基礎はある程度出来るようになり、オール形式の練習がメインとなってませんでしょうか?

いやというほどドライブ練習せよ

フォア打ち、バック打ち、ツッツキ、そしてドライブ、これらは基礎の中の基礎として、当たり前のように試合でも使われます。
その中でドライブ練習は色々なパターンで練習することをオススメします。

これからドライブを覚えるというレベルの人は過去の記事を参照して、ドライブをマスターしましょう。

>ドライブの打ち方
>卓球でドライブを安定する方法

他にもドライブに関連した記事が結構ありますが、このくらいで理解できると思います。

さて、ループドライブ、スピードドライブがある程度やれるようになったら、1コースのドライブ練習を下回転サーブのツッツキ打ちから始めましょう。

最低でも20回連続して、続ける事を重視して行いましょう。
決めるドライブはココでは必要ありません。続けるドライブです。

ドライブが出来ないと何も出来ない

どんなボールにもドライブが打てないと練習すらままらない事が多々あります。
例えばドライブが打てないとフットワークが身に付くのが難しい。

前後のアクションが及ぼす影響

ドライブを打つのが苦手、なかなか安定しない、など、特定のプレーを強化する為に、ドライブにだけ注目して練習しがちですが、その他に原因がある可能性が大きいです。
自分の立っている所にボールは来てくれません。
自分から足を使って打球点に移動しないといけません。
ツッツキされてから打球点に到着するまでは短い時間です。
その短い時間で打球点に入らないと、しっかりとドライブを打つことが出来ません。

もしかして、ドライブの体勢が不十分で、つまった感じ、または身体が伸びきっている状態で打っている可能性があります。
そのように、ドライブだけでなく、すべてのプレーには前後のアクションがありますので、その辺も見直してみる必要があります。

戻れないような攻撃はしない

浮いた球に対しての一撃ドライブやスマッシュは別として、ドライブは連打出来ないといけません。
100%の力でドライブを打っていては、例え同じコースに返球されたとしても次のドライブに間に合いません。
そして、まったく同じコースには返球されないので、何らかの動きが必要になります。

普段から連打出来るドライブ、可能な限りパワーがあり、連打出来るドライブが打てるように練習する必要があります。

フットワーク練習

先にドライブの1コース練習を挙げましたが、この次は、バック側2/3コートでオールフォア 対 バック というフットワーク練習を行います。
この練習はとにかく動く事を意識して、絶対にバックハンドを使わないというのが大切です。

オールフォアタイプの選手、両ハンドタイプの選手に関係なく、このオールフォアドライブの練習は絶対に必要です。

様々なドライブを打てる人は強い

私自身、ここまでが基礎練習だと思います。
この先はフォアドライブを含めたシステム練習をオススメします。
是が非でもフォアドライブに拘ります。
試合の決定打はどうしてもフォアドライブが多いので、ここに重点を置くのは当たりえだと考えてます。

ドライブ三昧

フォアドライブを絡めた練習がとても大切です。

例えば、下回転サーブからのストップ合戦で浮いたボールをフォアフリック(クロス)、それをドライブ、その後はオール形式、というのもアリですし、単純にツッツキ打ちからのフットワーク(コースを決めた)練習もアリです。

フォアドライブの無いシステム練習ってあまりないです。
その位フォアドライブは重要と言えるでしょう。

まとめ

あまりに当たり前の内容になってしまいますが、強い人は安定してドライブを打てる人が多いです。
他にも強い理由はあると思いますが、まずはみんな避けては通れないドライブ、そこを磨く事は試合で勝つ為には必須だと思います。
そしてドライブは基本中の基本ですので、嫌と言うほど練習をすることが大切だと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク