■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球の試合で勝つ為のサーブ

tts02


卓球においてサーブというのは1球目攻撃と呼ばれるくらいサーブはとても大切です。


しかし、実際はどうでしょうか?


サーブ練習に力を入れてやっていますか?


サーブ練習は自分の課題練習に入っていますか?


本当にサーブ練習しているのかなあ?と思う事があまりにも多くあるので、今一度サーブの大切さというものを確認して頂きたいと思います。

強い選手はサーブ練習、研究を怠らない



単純に自分より強い相手のサーブをしっかりレシーブ出来る事ができますか?


まずは、そこを振り返ってみましょう。


事実、強い選手はサーブ練習をしっかりと行っています。
サーブとは唯一自分が好きな回転好きなコースに自由に打てるボールです。
そのボールで1点を取るという意識があるかないかで試合は大きく変わります。


その1球目攻撃の練習を3球目攻撃のようにしっかりと練習する必要があるということを自覚しましょう。





サーブ練習・サーブ研究



数に限りのある台、時間をサーブ練習に費やすのは気が引ける、周りに申し訳ないと思っているのであれば、相手にレシーブをしてもらう事でお互いの練習になります。
レシーブされたボールを3球目攻撃せずに、ボールをキャッチして再びサーブを打ちレシーブしてもらう。
このようにする事で、練習の効率は上がります。

サーブ練習で気を付ける最大のポイント



短いサーブをしっかり2バウンド以上させる…


確かにそれも大切な事です。
しかし、それ以上に気を付けた方が良いのが、ボールの高さだと思います。


いくら短くてもボテボテのボールであれば、台上でパシッ!(強打)と叩かれます。
また、高いボールというのはネットに触れずに強打される事が可能となります。
ですので、サーブ練習する時に、レシーブ側の人に「甘いボールはフリック等で強打してもらう」ようにしましょう。


サーブの高さがネットギリギリであれば、たとえ台から出たサーブだとしても、強打ではなく、持ち上げるドライブでレシーブしてくることが多いです。
低くて2バウンドするかしないかのボールを出したつもりがちょっと長くなってしまい…
というパターンが多いと思いますが、長くなっても強打ではなく持ち上げるドライブであれば、それを狙い撃ち(カウンター)する事が可能となります。

低いサーブは強打を防げる

先に書いたようにどのコースにおいても低いサーブというのは強打を防ぐことが期待できます。
卓球のサーブで基本である、フォア前、バックロング、この2コースで低いサーブを出せるように練習してみましょう。

サーブの基本をマスターする

■フォア前サーブ

フォア前サーブは3種類の球種で十分です。

  • よく切れた下回転サーブ
  • ちょっと切れた下回転サーブ
  • ナックルサーブ

この3つのサーブは比較的簡単に出せると思いますが、ここで大切なポイントとして、

POINT

この3つサーブを出来るだけ同じモーション、同じフォロースルー、そして一番難しい同じ軌道で出す練習が必要。



この動画が思いっきり役に立ちます。
というより、そのまま実践投入しても大丈夫です。



■バックロングサーブ

バックロングサーブは3種類を覚えましょう。

  • 横下ロングサーブ
  • 上回転ロングサーブ
  • ナックルロングサーブ

バックロングサーブは沢山の動画が公開されているので、自分の気に入った動画を参考に練習してみるのが良いでしょう。


ただ、基本として、②の上回転サーブと③のナックルロングサーブは、出来るだけ同じフォームで行う事が大切です。
この2つのサーブは相手を騙す意味の大きいサーブとなりますので、似た軌道になるように心がける必要があります。


バックへの横下ロングは、それほど速くなくても大丈夫です。
注意するポイントは高さです。

サーブの組み立て方を考える

どのサーブを出そうか悩んでいる人はとりあえず、自分の持っているサーブをすべて出して、その中で一番相手が嫌がっている、レシーブが甘かった、というサーブを見つける事が大切です。


そのサーブを見つけたら、それを中心にサーブを組み立てる事でサーブ権の時に優勢に試合を進める事が出来ます。


もう一つ、ポイントとなるのが、フォア前とバックロングの2つを使い分けるという事を相手に印象付ける事。


フォア前ショートもバックロング(横下)もボールがラケットに当たる瞬間に面を作りますので、相手はギリギリまでフォア前かバックロングか迷いますので、フォア前で大胆にチキータを狙いに行ったりする事を防げます。



さてサーブの組み立て方ですが、先に書いたように、①フォア前とバックロングを印象付ける事、そして②相手が嫌がっているサーブを見つける事を早い段階で確認します。


例えば、バックへの横下ロング、バックへのナックルともにツッツキしてきた場合、相手はバックでドライブを掛ける事が苦手、かつ、積極的に回り込まないと判断できます。
1セット通してこのような状態でしたら、バックロングの下やナックルといった、当てたら落ちるボールを中心にサーブを組み立てても良いでしょう。


逆に、バックへのロングはすべて振ってくる、しかも上回転を払うように振ってくる選手で多いのが、速いバックロングは上だと思い込んでいる選手が多い。
こういった選手は、フォア前の短いボールは高い確率でツッツキしてくる人が多いです。
コースを対角に出す事で不思議とこのような効果が出たりします。
勿論、分かり難くサーブを出す事が絶対に必要ですので、しっかりと練習する事が大切です。





まとめ

まだまだサーブについては書き足りないくらいサーブは重要で試合を大きく左右する要素だと思います。
サーブが分からず負けたという経験は誰でもあると思います。
その時の相手はサーブという武器だけで相手に勝つことが出来た、と言っても良いくらいサーブは強烈な武器になったワケです。
卓球は相手にミスをさせる事で点数を得たり失ったりします。
そしてたった11点で1セット終わってしまいます。
そのたった11点を得る為にサーブというのはどのくらい大切かという事を再認識して普段のサーブ練習をしっかりと行う事がとても大切だと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク