■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球はレシーブで攻める

tt1205


サーブは1球目攻撃とも言われます。


ですので、レシーブは「受け」に思われがちですが、実はそんな事ありません。


レシーブから先手を取ったり、相手が読んでいるレシーブを外し、主導権を逆転させるという、実に魅力的で、実は攻撃的であるという事を意識してみましょう。


2球目攻撃



まず、やはりチキータが一番攻撃力が高いレシーブになると思います。


チキータレシーブとは言いつつ、台上バックドライブとほとんど変わらないです。


台上バックドライブとチキータの違いは、恐らく擦る場所だと思います。


チキータバナナのようにカーブしていくチキータはボールの左上を擦ることで可能になります。


ですので、横を擦ればチキータ、真上を擦れば台上バックドライブ。と、覚えても良いかも知れません。


チキータ以外にもほとんどレシーブがしっかりと2球目攻撃として役割を果たすことが出来ます。

2球目攻撃で一撃性は?



チキータで直接エースを狙える?


いやいや、2球目攻撃(レシーブ)でエースを狙おうとは思わない方が良いです。


そのレシーブをいかに自分の4球目攻撃に繋げるかが大切です。


2球目~4球目に繋げる為に



レシーブが自分の4球目攻撃に繋げる事が出来れば、攻守交代、自分が攻撃の主導権を握る事が出来ます。


レシーブの種類とそのポイントを説明したいと思います。

チキータからの4球目攻撃



まずはバック前に来たショートサーブに対してチキータを行いましょう。


一番簡単に4球目攻撃へ繋げるチキータは、相手のバックサイドを切るようなチキータを打ちます。


相手はサイドに切れいていくボールを手を伸ばしながら不十分な姿勢で返球することになり、高い確率でミドル~バック周辺に甘いボール(当てただけのボール)が来ます。


それを待ってフォアドライブ強打というのが一番理想な展開と言えます。




また、相手のミドル~バックにチキータを出した場合、基本的にバックに返球されると思いますが、甘いチキータを打ってしまえば、相手はバックプッシュでストレートに返球される事もあります。

ですので、チキータの武器でもあるサイドスピンの強いボールを打てるようにする必要があります。



半端で弱いチキータはやらない方が良いです。

ストップレシーブからの4球目攻撃



ストップが攻撃?!と思われる方もいると思いますが、私自身、ストップレシーブから4球目へ繋ぐのが凄く良いと思ってます。


4球目の前に、、、



切れたストップはそれだけで武器になる!!


という事も覚えておくべきです。



切れたストップの出し方は、とにかく打球点を速くすること、超ショートバウンドでラケットをボールの下に軽く潜らせるだけで、かなり切れたストップになります。


意識して切ろうと思うと、ネットミスしたり、ストップが長くなったりしますので、とにかく超ショートバウンドを狙って軽く触るというのを意識してみて下さい。
また、ラバーも影響しまうので、引っ掛かり重視のラバー(ラザントパワーグリップや粘着など)だとより効果的です。



その切れたストップを相手のバックまたはフォアに出します。
バックに出した時はチキータを打たせる。
フォアに出した時はフリックを打たせる。
また、上手く低くストップが出せた時はダブルストップをさせる。


とにかく、相手に攻撃をさせるようなボールを出します。


しかし、ボールが切れているので、フリックもチキータもそれほどスピードのあるボールを打つことは難しいです。


ダブルストップされた場合、ボールが切れているので、その回転が影響してロングで返される事が多いです。


このように切れたストップの効果は物凄く影響しますので、是非とも実践で試して頂きたいです。


具体的にフォア前に下回転サーブが来た場合、相手のバック前に切れたストップを出す。


相手はバック前なのでチキータが予想されるので、自分はバックでそれを狙い撃ちする準備を行う(回り込みの準備をする)。


といった具合に戦略が立てられます。

フリックはカウンター返しを狙う



相手がフォア前にサーブを出した時、相手はフリックされることを意識している事が多いです。


そして、あえてこちらからのフリック(クロス)をし、相手は自分のフリックに合わせたカウンター(クロス)を打ってきます。


それを自分は待つといった流れです。


裏の裏を突く戦略ですが、結構実践的だと思います。



相手の不意を付くフリックですが、このようにバレバレでも4球目まで考えていれば、得点することが可能となります。

まとめ



フリックされる、チキータされる、という相手に攻撃を誘発するようなレシーブは本心ちょっと怖いですよね。


でも、それは試合の駆け引きであって、それを制して1点獲得する。
レベルの高い試合になれば、1点の重みは相当重い物になります。
ですので、このような駆け引きで1点を獲得する事も当たり前のように行われています。
今回はレシーブから4球目攻撃へと発展するパターンを紹介しましたが、基本である3球目攻撃に関しても、わざと○○させるといったちょっとリスキーなサーブを出す事も大切になります。
この事については3球目攻撃の戦術も関係しますので、過去記事をご覧になって頂けたらと思います。

卓球は3球目攻撃で決める!?

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク