■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球は見る事も上達に大切な事

卓球が上手くなりたい、上達したいから必死に練習するのは勿論大切な事で、練習しないと上手くはなりません。

しかし、自分のプレーだけを見るのではなく、他人の試合を見る事も凄く自分のプレーに役立ちます。
どのような視点で試合を見れば上達へ繋がるのか、そのポイントを確認してみましょう。

対戦予定の相手を偵察

ライバルの弱点を探す

ライバルの試合は見て凄く役に立ちます。
ライバルの弱点を探し、それを中心に戦略を立てる必要があります。

サーブ~3球目のパターンを見る

相手の偵察として基本中の基本、サーブからの3球目攻撃、どのようなサーブから攻撃に繋げているかを観ましょう。

まずは、相手のサーブはどのようなサーブが多いのか、そこが一番大事です。
そのサーブが取れないと何も始まりませんので。

ロングの上系が多い場合、バック対バックのピッチ戦いになる可能性が多くなります。

自分がそのような戦い方が苦手な場合、バック対バックを避ける戦い方をしないといけません。

また、バックへのロングサーブを当てるだけのレシーブになってしまうと、かなりの確率で3球目を強打されてしまいます。

そうならないように、しっかりと自分から回転を掛けるバックハンドで強いボールを打つ必要があります。

また、コースをストレートにレシーブする事も有効です。

そして、ロングの上系が多いプレーヤーは下回転に対するドライブがあまり得意でない選手が多く感じます。
ですので、そういう相手に対しては、下回転系のサーブ中心で戦術を組み立てることが有効と言えるでしょう。

バックハンドは得意?

多くの選手はバックハンドよりもフォアハンドが得意な傾向にあります。
下回転に対してしっかりとバックドライブを振れるかどうかは要チェック項目です。
しかし、中にはバックハンドの方が得意という選手も多いです。

バックハンドが得意な選手は積極的にバックハンドを振ってきます。
ですので、あえてバックハンドで打たせてコースを限定させるという事も有効です。

例えば、バックに長くキレたツッツキを送り、バックドライブであえて打たせて、クロスでカウンター待ちというのも良い戦略だと思います。
そういう戦略が使えるかどうかも偵察して事前に知っておくべきです。

格上選手のプレーを見てみる

地区大会で対戦相手が事前に分かっている場合、その選手が試合している場面を見る事があるともいます。
その時、あなたはどんな感じで試合を見ていますか。

強い」「上手い」「速い」などみんなが見るポイントを見ていてはダメです。

格上選手ですので、自分より上手くて強いのは当たり前です。

格上選手の見るポイント

これは今すぐ役に立つという事ではなく、今後の自分のプレーをどのようにすれば良いかのヒントになります。
サーブに関しては、技術的な事よりも、サーブの組み立て方を見てみましょう。

1セット開始の1発目にどのようなサーブを出すのか、また、それがどのような結果になるかをしっかりと経過を追って観察することが大切です。

また、どういう順番でサーブを出しているか、どの場面でどのサーブを出しているか、そしてそれが結果どうなったかもとても勉強になります。

フットワーク・動き全般

みて
いつもフットワーク練習は部活でも行っていると思います。
しかし、勝てない選手はそのフットワークを試合で活かせない人がほとんどです。

強い選手のフットワークをしっかりと観察してみましょう。

例えばフォアからフォアドライブを打ったあと、どのようにしているのか。
強い選手であれば決して棒立ちではないはず。
あなたはどうでしょうか?
次に飛んでくるまで棒立ちで、結局間に合わずに…という事があるんではないでしょうか。

まとめ

卓球の上達は基本を反復練習する事がとても大事です。
フォームに関してはどのように決めてますか?
指導者に言われるがままに、そのフォームの良し悪しも理解せずにフォーム改善してませんか?
経験上、フォームに悩んだら「プロ選手のフォームを真似る」これが凄くオススメです。
それもやはり見る事から始まるので、すべては見る事、色々と見て研究することがとても大切だと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク