■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球 フリックレシーブから先手を取る

卓球の台上技術としてフリックがあります。


まず、フリックを知らない人は、過去の記事を確認してもらえたらと思います。

台上技術 フリック
短く浮いたボールに対して相手のコートにボールを弾いて入れる技術。 相手の浮いたツッツキや浮き気味の甘いショートサーブに対して積極的に行って...

このフリックは実戦で凄く使える技術ですので、効果的にフリックを使って試合を組み立てれるようにすれば強い味方になります。
過去のページではフリックの打ち方も説明してますので、参考にして貰えたらと思います。
ここでは、フリックをいかに試合で効果的に使うかに重点を置いて書きたいと思います。

ここで使えばフリックが効く

フリックはレシーブとしても使えますし、3球目攻撃としても使える技術です。
その他、ストップ合戦で浮いたストップをフリックで攻撃したり、台上、ネット付近のボールに対しては凄く使用頻度が多い技術と言えるでしょう。

フリックからのパターンを覚える



それでは実践を前提としたフリックの使い方についてですが、実はフリックはフリック単体で決めるのではなく、フリックからの始まるラリー、あくまでラリーのきっかけとしてフリックを使うという考え方が良いと思います。


勿論、浮いた甘いボールなど、一撃フリックが出来る時は狙いましょう。

ちなみに一撃フリックについては以下の動画が凄く分かりやすいです。



ストレート方向へのフリック

相手がフォア前にストップしてきた時、ちょっと浮いたようばボールであれば、積極的に相手のバック側へストレート方向のフリックを行いましょう。
そのフリックは強打である必要はありません。
ネット、オーバーミスをしなように。


ストレート方向はフリックに限らず、色々な技術でとても役に立つコースです。
相手の待ちの逆を攻めるワケですので、相手がヤマを張っていない限り強打されることはほとんどありません。
この場合、相手はバックハンドで返すだけがやっとです。
返球されるコースも自コートのミドル~バックへ返球される事が多いです。


フリックをストレートに出した後はバック側へ返球される事を意識して素早く戻り、しっかりとした体制で強打する。


このフリックは自分のバック側へのチャンスボールを呼び込む為の誘いになります。

パターン化して練習を行う

フリック(ストレート)からの具体的な練習としてオススメは、

  • ①自分:下回転ショートサーブ
  • ②相手:フォア前へストップ
  • ③自分:ストレートコースへフリック
  • ④相手:バックハンドでクロスへ返球
  • ⑤自分:回り込みフォアドライブ(ストレート)

という流れで行います。
⑤以降はバック対バック3分の2面でフットワークを行っても良いです。


②はバックドライブでも回り込みフォアドライブでも良いです。
両方ともやれるようにしておくのが良いです。


これはフリックだけじゃなく、バックドライブでもストレートへ打った後はクロスに返球される可能性があります。


例えば、バックへツッツキされ、そのボールをストレートにバックドライブした場合、相手はクロス(バッククロス)で待っている場合が多いので、逆を突かれ、フォアで当てるだけのブロックになってしまう事が多いです。
相手はコースを意識する間もなく返球しますので、ミドル~フォアへ返球される可能性が高くなります。


このように連続攻撃をする際は、ストレートに攻撃した後はクロスで待つという事を意識してみると結構うまく行くことが多いです。

パターン化して練習を行う(クロスへフリック)



クロスへのフリックは相手も読んでいますので、そのフリックに合わせてカウンターしてくる事が多いです。
勿論、読まれないようにフォームやモーションを工夫したりすることも大切です。
また、フォア前に短いボールが行った時はクロスへのフリックは常に警戒する必要があります。


クロスへのフリックを相手がカウンターしてくる事を想定してのシステム練習がとても大切です。

  • ①フォア前に短くストップしてもらう
  • ②クロスへフリック
  • ③フリックをカウンターしてもらう(クロス方向へ)
  • ④そこからバック対フォア3分の2面のフットワーク練習



③で相手がクロスにカウンターしてきたボールに対してこちらもカウンターを合わせます。
しかもストレート方向(相手のバック)へのフォアドライブですので難易度は高いです。


試合では絶対にこのように行くとは限りません。
しかし、こういったパターン練習をやるとやらないとでは、実戦で大きく差がつきます。

相手役も良い練習になる

先ほど紹介した練習、攻撃側は勿論、受け側もかなり良い練習になるので、両方とも練習することをオススメします。

フリックを最大限に活かす方法

今回のフリックは、一撃フリックではなく、ラリーのきっかけを作る事。
試合を有利に運ぶ為にフリックはあくまでそのきっかけです。


そこでオススメしたいのが、ナックルフリックです。





ボールの真後ろをそのまま前に押す感じでフリックします。
ボールは下回転が少なからず掛かっていると思いますので、ボールが落ちないようにラケットは斜め上方向へ押し出すように打ちます。
下回転の掛かり具合とラケットの押し出す方向は実際に色々と試してみて確認してください。


この時注意してほしいのが、絶対に擦らない事!!


ナックルを出す事で、相手の返球がとても難しくなります。
当てただけではボールが落ちますので、スピードが遅いフリックでもこれだけでネットミスをしてくれる事があります。


擦ってしまってドライブが掛かってしまったら、相手は当てるだけで返球する事ができるので、やはりここはナックルフリックが良いと思います。

まとめ

張本選手のような一撃必殺フリックも凄く魅力がありますよね。
また、ラリーへ発展する為のきっかけとしてフリック活用する。


今回は後者の方についての説明をさせて貰いました。
実際、試合になるとボールの回転や高さ、距離などを考慮してラケットの角度を決め、また、力加減の調整も必要となります。
練習では色々なボールを安定してフリックできるようにすることが大切だと思います。
ストップをフリックするだけでなく、サーブをダイレクトにフリックしたりと色々なボールに対して練習する事が大切だと思います。
とにかく安定して相手コートに入れる事、ボールのスピードよりも安定してナックルを相手コートに返球する。
フリックからの展開の前に、まずは確実にフリックする事が大切です。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク