■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球初心者のラケット・ラバーの選び方

choice


これから卓球のラケットやラバーを買おうと思っている人。
また、初心者で本当に使っているラケットが自分に合っているのか疑問を持っている人。
そんな人は是非ともこの記事を参考にして正しいラケット、ラバー選びをして下さい。


ちなみに、脱初心者の方に対して、用具に関しての記事もありますので、脱初心者の方はそちらも併せて読んで頂けたらと思います。

脱初心者?次のステップの為の用具は何?
中学に入って卓球部に入り、初めて卓球をやる人へ向けた用具の記事は以前書きました。 卓球初心者のラケット・ラバーの選び方 ...


卓球というスポーツを知る事

卓球というスポーツは回転が凄く大切です。
回転というのは自分のラケットでボールに回転を掛ける事で、自由に思った通り回転を掛ける事が出来る事は卓球においてとても大切です。

しかし、弾いて打つ事(スマッシュやブロックなど)も大切ですので、回転と弾きの感覚を身に付ける事が大切です。

感覚を磨く用具を使う事

卓球は回転と弾きが大切です。
どっちが大切かと言えば、私は回転がとても大切だと思います。
その理由として、弾きの場合はラケットの角度が何より大事であり、言い換えれば角度さえ合えばある程度は出来てしまう技術です。
それに判じて回転に関しては、ラケットの角度、スウィング方向、ボールとラケットの接触加減など凄く絶妙なボールタッチが求められます。


ですので、まずは回転を優先して用具を選ぶ事が良いでしょう。

回転を掛ける為のラケット



卓球のボールが直接当たるのはラバーなので、ラケットはどれ使ても良いのでは?と思っている人も居るかと思いますが、ラケット選びも凄く大切になります。

回転を掛ける為に適したラケットとは、「軟らかいラケット」というのが一般的です。
軟らかいラケットはどのような効果が期待できるかというと、

・ボールの球離れが遅い

球離れが遅いと言うことは、いわゆる「持つ感覚」という、ラケット自身がボールを包みこむような感覚が生まれ、食い込ませてドライブを打つことが有利になる。
グッと食い込ませてドライブを掛けるような「食い込ませるドライブ」にはこのような軟らかいラケットが有利です。

ぶっちゃけ初心者であれば球離れが遅い、軟らかいラケットを選んでおけば問題ないと思います。

はじめは持つ感覚なんてさっぱり分からないと思いますが、繰り返し繰り返し練習する事で、ガチガチのカーボンラケットよりも遥かに持つ感覚が身に付くでしょう。

それと同時に大切なのが、「ラケットの重量」です。

初心者であれば78~84グラムの間が良いと思います。
ラケット単体で90グラム以上は避けた方が良いと思います。

オススメのラケット

それでは具体的にどどういうラケットが良いかを紹介します。

その前に、

条件は、軟らかい、軽い、(安い)です。
その条件に当てはまるラケットのほとんどが初心者用と思って良いです。

軟らかいラケットはカーボン等の硬い素材を使わない。カーボンを使う事でコストが上がる。硬いラケットは5枚合板がほとんど。7枚にすればコストがあがり、ラケットの硬さが増す。という具合になります。

ズバリ!オススメのラケットは、

・TSP スワット 5PW

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【TSP】ヤマト卓球 026384 スワット 5PW FL(フレア)【卓球用品】…
価格:4475円(税込、送料別) (2016/10/27時点)

とにかく使いやすいラケットです。
このTSPのスワットシリーズは「スワット」「スワットパワー」「スワットスピード」「スワットカーボン」など脱初心者後に自分のプレースタイルに合った次のステップのラケットとしても充実しています。

値段的に一番安い「スワット」もオススメ出来ますが、重量が85グラム前後が平均ですので、70グラム台のスワットを見つけるのはちょっと難しいと思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★即納/あす楽★【TSP】ヤマト卓球 スワット FL(フレア) 026014 木…
価格:4155円(税込、送料別) (2016/10/27時点)

ラバー選び

ラバーはラケットとの組み合わせが凄く大切ですが、まず初心者はそういうことよりも扱い易さ、重量、値段を重視した選び方で良いと思います。

まずはフォアドライブをマスターする為のラバー

一番の課題としてフォアドライブを安定して打てるようになる事。
それを短時間でマスターできるラバーを選ぶ事が大切だと思います。

2種類のドライブをマスター

ドライブには「擦りドライブ」「食い込ませドライブ」の2種類が存在します。
そしてそれらを使い分ける事が常に卓球では要求されます。

今のラバーは高性能だらけ

まず、現在販売されている裏ソフトラバーのほとんどが高性能です。

と、先に伝えておきます。

さて、「擦りドライブ」はラバーの表面で擦ってボールに回転を掛ける事を言います。
という事はラバーの表面(シート部分)とボールとの引っ掛かりが大切になります。
その辺を注意してラバーを選ぶ必要がありますが、先に書いたように、今のラバーはシートの引っ掛かりが良いラバーだらけです。
ですので、あまりシートの引っ掛かりを重視しなくても良いというのが私の考えです。

※強烈なスピンを出す為に開発されたハイエンドラバーは除外します。初心者にはこういうのは必要ありません。

軟らかくて軽いラバー選び

ラバーに食い込ませてドライブを掛ける為には、ラバーに食い込ませないと話になりません。
食い込むラバーというのは軟らかいラバーと言えます。
また、軟らかいラバーというのはスポンジ部分も軟らかい場合が多く、重量が軽めになります。

さて、それでは具体的にどのラバーが初心者に適しているか紹介します。

フォア面には「VEGA アジアDF」がオススメです。

その理由、まず、安い!!
どの通販を利用しては3,500円くらい買えます。
また、ラバーの硬度も42.5度と、とても軟らかい。
そして、VEGAアジアDFの「DF」ですが、「DF」になってからラバーのシート(ゴムの部分)の引っ掛かりが凄く強くなり、ラバー表面で擦るドライブもなかなか良い。

VEGAアジアDFはスポンジの厚さが3段階あります。
1.8mm/2.0mm/MAX

中間の2.0mmを選んでおけばまず大丈夫です。
スポンジ厚が上がれば反発力も上がりますが、重量も上がります。
強く振れば振るほどラバーに食い込んで強烈ばボールを出すことが出来ますが、今は必要ないでしょう。

結構みんなが悩むバック面のラバー

シェイクの場合、バックにもラバーを貼ります。
一体どんなラバーを貼れば良いかをチェックしてみましょう。

バックで何をやりたいのか?

初心者がバックでやるプレーで大切なのが、バックハンド、ブロック、ツッツキ、とにかくこの3つを最初に覚えるべきです。
そこで大切になってくるのが、コントロール

コントロール性とは具体的にどういう事かを確認すると、

バックハンドを安定して行う事が出来る事。
ブロックを確実に相手コートに返す事。
キレたツッツキを相手に返球出来る事。

などを重視すれば自ずとラバーは決まってきます。

バックのラバーの条件

初心者におけるバックのラバーの条件として、コントロール重視と書きましたが、コントロールはラバーの軟らかさが大きく影響してきます。
軟らかいラバーは球持ちが良いので、当たってから自分で返球したい所を狙う事が出来ます。
ほんの一瞬ですが、そういうのがとても大切になります。

そして、キレたツッツキを送る事はトップシートの引っ掛かりが大きく影響します。
ですので、バックにオススメのラバーとして、

VEGAヨーロッパDFがかなりオススメです。

VEGAシリーズ全てに言えることですが、コスパが凄いです!!
それでいて高性能ラバーですので、実際に使っている人もかなり多いです。

VEGAヨーロッパDFはスポンジの厚さが3段階あります。
1.8mm/2.0mm/MAX
スポンジ硬度は37.5度という超軟らかい部類になります。
これだけ軟らかいとコントロール性が凄く良いです。特にブロック。
グニャグニャなラバーですけど、「DF」になってから、トップシートの引っ掛かりが強力にアップしてますので、キレたツッツキを出す事も可能ですので、条件を満たしています。
こちらも厚さは無難に「2.0mm」で良いと思います。

完璧な初心者用ラケットが出来上がった

このようにして決めたラケットとラバー、この組み合わせだと約1万円で済みます。
そして重量も恐らく178~182グラムくらいだと思います。いや、それ以下かも知れません。

この用具でまずは1年、しっかりと練習してみましょう。
ラバーの交換は、最初のうちは、週に2時間練習したとして、2ヶ月~3ヶ月で交換でOKです。



まとめ

初心者のラケットとラバーの選び方を書いてみましたが、実際、スワットシリーズにVEGAシリーズで中上級者レベルの選手をカバー出来ます。
パワーが付いてきたらスワットよりも飛ぶスワットカーボンを選んだり、ラバーももうちょっとパワフルなドライブを打ちたいのであれば、VEGA PROやVEGA JAPANを選ぶ事も出来ます。
ですので、このスワットシリーズとVEGAシリーズは組み合わせ次第で初心者~上級者までカバーできる用具と言えると思います。
あとは自分がどれだけ練習をしたかで決まりますので、間違いない用具を選択して練習に集中して下さい。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク