■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球初心者はパワーよりスピード重視

中学から卓球を始めた人、これから卓球を始めたい人、卓球は色々な技術があります。
それは卓球に限りませんが、技術と同時に身体能力も大切になります。

まずはスピードを鍛え上げよう

卓球はスピードが大切というのは、やる前から想像できると思いますが、中学になる事で筋肉がついてきて、パワーに頼る人が多くなるのも事実
特にドライブでは物凄いパワーでドライブを打ち、ノータッチで打ち抜くドライブは気持ち良いですよね。
しかし、一撃で決めれる試合というのは最初のうちで、上の大会に行けば行くほど、なかなか一撃で点数を取る事が難しくなります。

スピードが要求される場面

ここで言うスピードとは、フットワークは勿論大切ですが、意外と戻るスピードの方が大切です。

特にフリック、チキータ、ストップなどの台上技術からの戻りはとても重要で、フォア前からニュートラルポジションに戻るスピードが大切です。

例えばフォア前でチキータをした場合、相手はかなりの確率で自分のバックに打ってきます。
それを分かって、しっかりと戻れる状態でないとチキータは打っては行けません。
プロ選手は普通にフォア前でチキータをやりますが、打った後の戻りの速さをよく確認してみてください。
恐ろしいスピードで戻っている事が分かります。

下の動画は樊振東選手のチキータの戻りが良く分かる動画です。
上手くフットワークを使って戻っている様子が分かると思います。


[br num=”1″]

また、フットワークはバッチリだけで連打が出来ない人が多いですが、その原因は一体何だと思いますか?

無駄なタメ、無駄なテイクバック

フォアドライブを打つ時に右腕でテイクバックを取ると思いますが、そのテイクバック、ちょっと大きすぎませんか?
中学生でパワーもついてきているとは言え、まだまだこれから筋肉が発達する時期です。
今の時期で大きなテイクバックを取ってドライブを打っても、実はそれほど凄いボールが出るというのはなかなかないです。

テイクバックは出来るだけ小さく、また、体を捻るようにして行うのが良いです。
その時に腕は出来るだけ動かさず、体でテイクバックを取るという事を意識してみましょう。
肘はかなり曲げ気味の方が、体の捻じれを戻る時に、抵抗が少ないのでスウィングスピードが上がります。

打ったら引くイメージで次の攻撃に繋げる

フォアドライブの連打でブロックが早くで連打出来ずに詰まったり空振りしたりする人がいます。
そういう時に、先に書いたようなコンパクトなスウィング、そしてドライブを打った瞬間、強制的に腕を引くようにしてみて下さい。
不思議とピッチの速いドライブを安定して打つことが出来ますよ。
ワールドラバーマーケットの動画でも紹介していたと思いますが、打った後に引く動作をする事で何故かスイングが速くなるみたいです。
サーブでも、ボールを切った瞬間、ラケットを引く事で良くキレたサーブになるみたいですよ。

安定して連打を打つ練習

このサイトでは多球練習を推してますが、やはり今回も多球練習が最適化と思います。

多球練習の良いところの一つとして「適切な負荷を掛ける事が出来る」という点が挙げられます。
ここで言う適切な負荷とは、ボールのピッチを実際ではあり得ないピッチでボールを送る事が出来る事です。

実際の練習は、1コースで同じようなボールをひたすら打つ。という練習になります。
回転は打ちやすい弱い上回転で行います。
目的はコンパクトで安定したドライブが打てるようになる事です。
送球者は練習者のレベルに応じたピッチでボール出してください。

ピッチ重視のフォアドライブの打ち方

①腰をひねったテイクバックを意識する

②腕でテイクバックをしないようにする

③しっかりラケットの中心でボールを捉える

④回転を掛ける意識

⑤打ったら戻る意識

この5点を意識して行って下さい。

同じコースで行っているので、結構すぐにコツを掴むと思いますが、よりコンパクトで強いボールを打てるように続けてください。

同じコースで速いピッチでドライブを打てるようになったら、少しコースを動かします。
最初はフォア面だけで行い、最終的には3分の2面のランダムで行うようにしましょう。

最終的にはランダムでの多球

多球練習は実際の試合とは違ったボールを相手にして練習を行う事から、練習としては不十分、意味が無い、などの考えを持っている人もいますが、限られた時間の中で少しでも効率良く上達するには多球練習が効果的と思い取り入れています。

高い負荷がもたらす効果

今回の多球練習は、実際の試合よりも速いピッチで行います。
試合よりも速いピッチで普段から練習すれば、試合の時はこの練習よりも遅いピッチですので、しっかりと反応する事が可能となります。

この動画でオウコウさんが球出しをしているんですが、物凄いピッチですよね。
最強の中国選手が行っている練習ですので、多球練習は間違いなく良い練習になっていると信じています。

まとめ

現代卓球は両ハンドプレーでとても速いピッチでの打ち合いが多いです。
バックとフォアの切り替えしも勿論ですが、フォアドライブの連打もよくあるシーンです。
ドライブしたボールを相手が強めのブロックした際に、詰まったりせず、しっかりと強いドライブを打てるようならないといけません。
間に合わずに当てて返すだけだと、自ら相手にチャンスを与えてしまいます。
理想は一度攻撃を開始したら、どんなボールもガンガン攻め続ける事!!それが気持ち的も凄く大切だと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク