■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球未経験者が指導者になったらやるべき事

卓球未経験者だけど卓球部の顧問になり、何をどうやったら良いか分からない先生方が多いと思います。


私の所の中学校の先生も2人の未経験者が監督になり、本当に苦労しているようです。
新入生(未経験者)に未経験者の先生が卓球を教える。これって本当に大変だと思います。


001
卓球未経験者がどのように卓球を指導したら良いかを紹介したいと思いますので、少しでも参考にして貰えたら幸いです。

基本技術は多球練習で行う

卓球を指導する為にはある程度卓球をやれる方が良いに決まってますが、そんなに卓球は簡単ではありません。
選手たちへしっかり練習して強くなってもらいたいのであれば、是非とも多球練習を取り入れるべきです。

多球練習とは

多球練習とはボールを出す「送球者」とそれを打つ「練習者」この2名で行います。
勿論、選手は「練習者」、指導者は「送球者」となりますね。

下の動画みたいにボール送りますが、最初はそれだけでも結構難しいですが、コツを掴めばそれほど難しくはありません。

この動画、凄く分かりやすく説明していますよね。
まずは、指導者が球を出せるようにすることが大事です。

多球練習で基本打法を徹底してやる

過去に卓球初心者の為の練習と練習法というページを書きましたので、そこに書かれているものが基本打法となります。
その中で以下の技術が最初に必要とされる技術と言えます。

  • フォア打ち
  • バックハンド
  • ツッツキ
  • フォアドライブ
  • バックドライブ

まずはこの5つの技術習得を目指しましょう。

多球練習でどのように基礎練習するの?

例えばフォア打ちの場合…

img2017051901

図のように送球者は自分のバック側から相手(練習者)のフォア~ミドルにボールを出します。
それを練習者はひたすらフォア打ちします。
最初、打つコースはクロスが良いです。
クロスだと距離が長いのでストレートコースよりも成功率が高いです。

POINT

リズムよく球を出せるようにすることで、練習者は気持ちよく続けてフォア打ちを行うことができます。

とにかく送球者はミスをしても止まることなく、送球するリズム(間隔)を保って行う事が大切です

この練習を1人50~100球くらいやったら次の人と交代します。

このフォア打ちという技術は何より先に覚えた方が良いです。
それには理由があります。

フォア打ちが出来るようになれば、対人で練習を行う事が出来ますので2人一気に練習が可能となり、効率が良いです。
まずはこのフォア打ちを多球練習で出来るようにしましょう。

なぜ対人では無く多球練習でやるか?

初心者同士でフォア打ちをすれば、全然続きませんよね。
ボールを拾いに行く時間の方が多かったします。
それでは効率が悪いので、多球練習で相手のフォアへ安定したボールが打てるようになるまでは多球練習が適しています。

いつまで多球練習をやるの?

フォア打ちに関してはある程度コントロールが出来るようになればOKです。

要するに、特定の技術を覚える為に多球練習をするという事になります。

先に書いたように、

  • フォア打ち
  • バックハンド
  • ツッツキ
  • フォアドライブ
  • バックドライブ

これらはすべて先に書いた多球練習でフォア打ちを覚えるようにやります。

ただ、1つ、「ツッツキ」という技術に関しては送球者が下回転を出さないといけませんので、それが少し難しいかも知れません。

下回転を出す

こちらの動画がかなり分かりやすく参考になります。

ツッツキは簡単に言えば、ボールの下を擦って下回転のボールを相手に送る事になります。
多球練習である程度やれるようになったら、対人でツッツキ合戦をしましょう。

ツッツキラリーで左右に揺さぶったりして、ツッツキ限定の試合をしてみるのもツッツキの技術安定に繋がりますのでおすすめします。

その他の基本技術を覚える

肝心のドライブの練習が残ってますね。


ドライブの練習もフォア打ち同様に行えば良いです。


また、ドライブは下回転のボールをドライブする練習も大切ですので、先ほど書きました下回転の送球を参考に、下回転のボールを出してそれをドライブするという練習を行いましょう。


■下回転に対するドライブ


■上回転に対するドライブ

この2つのドライブが必須となります。

まとめ

基本的な技術を身に付けるのには多球練習が適していると私は考えます。
多球練習についての考え方は賛否両論あります。
多球練習は生きたボールではないので、やはり対人練習で生きたボールを打つことが大切と考えている人もいます。
私も生きたボールで練習する事については大賛成ですが、初心者が基本技術を身に付ける為の期間、出来るだけ短期間に効率良く行う為という目的、それについては多球練習が適していると思うのです。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク