■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球練習で問われる「質」とはどういう事なのか?

qua

よく卓球上達には質の高い練習を沢山やること、などと言われますが、ここで言う「質」とは一体どういう事なのでしょうか?

質の高い練習とは質の高いボールを高いレベルで維持する事

と、またもや意味不明な言葉を書いてしましたが(笑)、簡単です。


例えば、ドライブ練習であれば、ドライブに必要な回転量、ボールスピードを上げる事が、質の高いドライブになります。


また、それをブロックする人もただ当てるだけのブロックでは、ドライブを打っている人に対してチャンスボールばかり来ます。
ブロックする方も、相手を左右に動かしたり、返球するボールの速さを微妙に変えたり色々なボールを色々なコースに返す。
そういうブロック相手に対して、質の高いドライブを打つことが、質の高い練習と言えるでしょう。


この場合、ドライブを打つ側も勿論、ブロックする方の技量が求められます。


こういう事が出来る練習環境ってあまり無いのも現実です。


強豪校が強い理由として、質の良い練習が常に出来るというポイントがかなり大きいと言えるでしょう。

質と量、どっちが大切?

そんなの言われなくても、どっちも大切なのは当たり前ですが、質よりも「」を最初は意識して行う事が大切です。

それは例えばドライブ練習の場合、沢山ドライブを打って(量)ようやく質の高いボールが出せるようになります。
身体を使って強い回転で重いボールを打てるようになるには、とりあえず沢山ボールを打っては調整を繰り返して、ようやく質の高いボールが打てるようになります。
ですので、初心者であれば、まずは今できる技術をとにかく沢山やる事が大切です。

常にプレーにおいて追及を続ける

初心者がフォアドライブの練習をし、とりあえずドライブが打てるようになったら次はキレた下回転へ対するドライブ、次は深くて際どいコースへのドライブ、、、このようにドライブという1つの技術においても、「取りあえずドライブを打つ」から「ノータッチで打ち抜けるドライブ」と色々あります。


色々なドライブが打てるようになれば、時と場合によって最適なドライブを打てるようになる為の第一歩になるでしょう。

高い意識で練習する事

練習者本人の考え方次第で、質の高い練習にもなりますし、質の低い練習にもなります。
すべてはその人がどのような意識を持って練習するかで決まります。


また、ブロックをする方も、浮いたボールを返球するのではなく、低く深いボールを返球する事で、相手も自分も練習になります。

サーブ練習で質を磨く

サーブ練習に重点をおいて練習していますか?


どうしても対人で打ちあったりしている時間が多いと思いますが、サーブこそ1球目攻撃!!
質を求められるのは実はサーブだったりします。


■低く短く
ショートサーブは低く短いサーブを出すように練習しましょう。
低いけど長い、短いけど高い、といったサーブはNGです。


■速く深く
ロングサーブは速くて深いサーブを出すように練習しましょう、
速いけど浅い、深いけど遅い、といったサーブはNGです。


サーブから試合が始まります。
普段練習しているドライブ練習も、サーブがしっかりと出せないと、そこまで辿り着く前に終わってしまいます。


ですので、サーブは本当に大切ということを認識して良いサーブが出せるように練習しましょう。

まとめ

卓球は基本、毎日練習するものだと私は考えています。
しかし、その練習もマンネリ化してしまった、「ただ練習しているだけ」という人が多いのではないでしょうか?
時間は限られています。
その限られた練習時間を最大限に活かす為には質の高い練習というのが絶対要求されます。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク