■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

安定したサーブのコツ

卓球において1球目攻撃とも言えるサーブ。

サーブの良し悪しが展開に大きく影響します。

良いサーブを安定して出せるようになることが、ラリーの主導権を握り、試合を有利に進める事に繋がります。

まずは安定したサーブを出す事

いくら良いサーブを持っていても、サーブミスをするようでは意味がありません。
サーブを安定して出す事を意識した練習を行う必要があります。

ワンバウンドを意識した練習

サーブを出す時にどこを意識して出しますか?

ロングサーブであれば相手のコートの隅を意識して出す人が多いと思いますが、コントロールはボールが自分のコートにワンバウンドした時点でコースが決まってしまします。
いつも決まった場所にワンバウンド出来るように練習すること、ワンバウンドの場所を覚える事が安定したサーブに繋がります。

具体的な練習方法

longsv

画像のように、自分のコートにを敷き、ワンバウンドの場所を制限します。
台に布を敷いた状態でロングサーブを練習します。

この場合、赤い部分にワンバウンドすることになります。
普段、手前にワンバウンドさせてサーブを打っているつもりでも、意外にも布にワンバウンドしてしまうんですよね。

shortsv

次はショートサーブを上の画像のようにワンバウンドする場所を制限してサーブ練習をします。

可能な限りサーブ練習は布を使てワンバウンドを制限して練習する事をオススメします。
そうすれば自然にワンバウンドの位置が矯正されます。

この練習を続けていると、不思議な事に気づきます。

ネットに触る時はあるけど、ネットに引っ掛ける事が少なくなる。

ネットに引っ掛けてしまう理由でワンバウンドが奥過ぎてネットに掛かる。という事が多いです。

これはショート、ロングに関係ないです。
特にロングの場合はちょっと奥にワンバウンドするだけで、簡単にネットミスをしてしまいます。

打球点、強さ、角度、そしてワンバウンドでコースが決まる

ワンバウンドの場所だけでなく、打球点やラケット角度、そして打つ強さもサーブに影響します。

しかし、この中で一番難しいのはワンバウンドする場所だと思います。

例えばバックへのロングサーブで、ラケット角度が少し内側を向いていたとしても、相手コートに入りますし、それが打たれるとは限りません。
しかし、ワンバウンドの場所が少し奥になってしまうことで、ネットに掛かってしまい、1点を失う事になります。

ですので、ワンバウンドする場所をとにかく意識して練習することが安定したサーブへの近道と言えます。

まとめ

この布を敷いてワンバウンドの場所を制限するやり方ですが、これ凄く効果があるんです。
実際にやってみて分かると思いますが、私は普段いかにワンバウンドを意識しているようでしていないという事に気づきました。
キレたサーブや速いサーブ、色々なサーブの球種がありますが、まずは確実にサーブを入れないと何も始まりません。
布を使った練習、本当にオススメします。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク