■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

巻き込みサーブからのオススメ戦術

svmakikomi

試合を見ていて最近多いと思うサーブが、巻き込みサーブ
バックサーブも凄く多く感じます。
カットマンじゃないのにバックサーブをメインとしている選手。

なぜそのような傾向が多いのか、また巻き込みサーブのメリットは何?

順横回転より逆横回転が良い

まず、巻き込みサーブ、バックサーブ、YGサーブはいわゆる逆横回転系のサーブと言われています。
相手(右利き)のフォア側に曲がっていくサーブです。


横回転と言えば順横回転サーブが一般的ですが、最近は逆横回転のサーブが本当に多いです。

順横回転サーブはダメなの?

結論から言えば順横回転も逆横回転もどっちもアリです。
ただ、注意しないといけないのが、右利き相手だと、相手のバック側にボールが曲がるサーブ(順横回転サーブ)ですので、ミドルに出せばチキータしやすいところに来ます。
フォア前に出しても、最終的にミドルの方にボールが曲がって来てしまい、チキータしやすいところに来ます。


例えば、右利きの場合、左から右に来るボールと、右から左に来るボール、どっちがボールの左を擦るのがやり易いか。

チキータ誘いは順横下がオススメ

最近は誰でもチキータしてくるので、あえてチキータをさせといて、それを狙い撃つという戦術も目立つようになりました。
その場合、先に書いたように順横はチキータされやすいので、あえて順横を出す。
そして持ち上げるチキータをさせる為に下が強い順横下回転がオススメです。


横回転よりも下回転が強い順横下回転サーブだと相手はボールの左を擦るようにチキータしてきます。


でも、個人的には順横は下でも結構チキータってやり易いんですよね…

巻き込みサーブの戦術

さっそく今回のテーマである、巻き込みサーブについて書きますね。


まず、巻き込みサーブとはどんなサーブなのか、分からない人は「卓球 巻き込みサーブ」で検索してみれば、やり方まで詳しく紹介しているサイトがたくさんありますので、参考にしてみて下さい。
ここでは巻き込みサーブとは…については割愛させてもらいます。

フォア前からの戦術

卓球におけるサーブの基本でもある、フォア前サーブ。
巻き込みサーブでも勿論フォア前サーブからの戦術はとても有効です。

まず、巻き込みサーブは非常に分かり難いサーブですので、その点が優れています。


逆横回転サーブは主に、YG、バックサーブ、そして今回の巻き込みサーブが存在しますが、どれも非常に分かり難いです。


また、YGサーブを上下使い分けてフォロースルーもしっかりと付けるのは相当難しいですが、マスターすれば強力な武器になります。


そしてバックサーブ。
バックサーブは切り方が色々あります。


一般的に面を立てれば逆横上、面を寝せると逆横下、と言われていますが、実際、どのようにでも出来ます。
面を台と平行なくらい寝せても逆横上を出せますし、一概にラケットの面の向きでは判断できません。
しかも、サーブを出す方はそんなに難しくありません。

さてさて、話が反れました…


戻ります。

一撃フォアドライブ戦術

バックから相手のフォア前に巻き込みサーブ、出来れば2バウンドせずにサイドを切るようなサーブを出せば、高い確率で自分のフォアへ返球される可能性が高いです。


それは回転の影響で、まっすぐレシーブするとフォアの方へ飛んで行きますので、レシーバーはバックへレシーブしようとします。
そしてフォアサイドを切る様なサーブであれば、相手はバックに厳しいコースに返球することが出来ません。
また、安易にフォアへはレシーブしたくない、そして回転の影響でただでさえフォアへ飛んで行きますので、フォアの厳しいところにはレシーブされない。

20180727001

こんな感じのイメージです。


サーブを出す前に頭の中で3球目攻撃をイメージしてからサーブを出すようにすれば、実際に頭で思ったことが現実になった時のミスは大きく軽減できると思います。

バックへ呼んで一撃バックドライブ戦術

逆横回転サーブは回転の影響でフォアに来る可能性があります。
しかし、バックにもボールを呼ぶことが出来ます。


ミドルから相手のバックへ逆横下回転サーブを出せば、自分のバックへツッツキされる可能性が高いです。

20180727002

この場合、厳しくフォアへツッツキされる事はほとんどありません。
回転の影響を考えると、バック、しかも安心してバックサイドの際どいところを狙ってツッツキする事が可能です。


下回転に対するバックドライブが得意な人でしたら、積極的にこの戦術で先手を取るのが良いと思います。
面白いようにバックへレシーブされますよ。


ただ、気を付けないといけないのが、チキータです。
逆横回転はチキータされにくいですが、サーブのコースがバック前ですので、レシーバーも積極的にチキータしてくるという事を頭に入れて置く事が大切です。


サーブを出す前に、チキータが来る!ということを意識してからサーブを出す。
サーブの前に相手のレシーブ、自分の3球目をイメージする事が大切です。

サーブからの戦術を意識する事

どのサーブをどのように出せばどのようなレシーブが返ってくる。
そのような事を考えずにサーブを出している人が多いと思います。
もし、そのような状態でサーブを出しているのであれば、卓球で勝つことは難しいです。

卓球は将棋をしながら100メートル競争をするようなスポーツ、と言われています。
将棋とは先を読む事、相手を読まずして勝利は有り得ません。

色々と考えて試合をしている人はいると思いますが、ちゃんと戦術を考えているのか?

もっと頭を使った卓球をして、自分の思うような展開、計算された卓球、頭の使った試合をしたいのであれば、戦術は絶対に欠かせません。
私も見ましたが、オススメのDVD、松平賢二選手の戦術に特化したDVDは実戦でも凄く使える内容を紹介しています。
断言しますが、早い段階で戦術を意識する事が凄く大切です。

まとめ

卓球は回転を理解して回転を操る事がとても大切です。
卓球のサーブは色々な球種、色々なコース、サーブを出す時の立ち位置、それらの組み合わせは沢山あります。
そして、それらのサーブが相手に与える効果というのも様々あります。
その効果を上手く利用する事で3球目攻撃の待ちに繋げる事が出来ます。
そこを理解する事で1球目攻撃であるサーブが意味のある1球目攻撃となります。

3球目攻撃が思うように出来ない、そんな方は自分のサーブを見直す事が大事だと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク