■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球の粘着バラーはどういう人に向いているラバーなのでしょうか?

卓球の粘着バラーはどういう人に向いているラバーなのでしょうか?

卓球には裏ソフトラバー、表ソフトラバー、粒高ラバーなどがありますが、裏ソフトラバーの中に粘着ラバーというものがあります。
その名の通り、裏ソフトラバーの表面に粘着性があるラバーです。
そのラバーを使う事でどんな事ができるのか、どんな人に向いているのか、粘着ラバーに合うラケットは何か、を紹介したいと思います。

卓球の粘着バラーはどういう人に向いている?

自分のプレイスタイルに合わせてラバーを選ばなくてはいけません。
粘着ラバーの場合は、基本的には裏ソフトと同じ扱いになりますが、粘着の特性を生かす為に、擦るドライブを打てなければいけません。

擦るドライブが打てないと意味がない?

卓球にはドライブという醍醐味があります!!
ドライブには擦るドライブと食い込ませるドライブの2種類あります。
食い込ませるドライブというのはボールがラバーに食い込ませ、ボールが弾かれる時に前進回転を掛けることで、スピードドライブ、パワードライブなどと言われています。
音もラケットの響く音が体育館に響いて気持ち良いですよね。

一方、擦るドライブとは、その名の通り、ラバー表面でボールを擦るように打つドライブです。
よくラバーの特徴で、「このラバーは引っ掛かりが物凄い!」などと言われてるのは、擦るドライブに対してのボールの引っ掛かりが良いということです。
擦るドライブは物凄い回転量をボールに生みます。
一発で打ち抜くというよりもブロックを回転で弾き飛ばすという戦い方が良いと思います。

粘着ラバーでノータッチで打ち抜く事はできない?

どうしてもボールを引っかけて飛ばす事はスピードよりも回転重視に思われがちですが、そんな事はありません。
当然、ハイテンション系ラバーのスマッシュのスピードに比べたら粘着の回転重視ドライブとではスピードは違って当たり前。

ボールの軌道について考えてみると、スマッシュは球速は速いですが、弾道が直線的です。
強烈な回転が掛かったドライブは、野球で言えばフォークボールのように強烈に球が沈む。
また、カーブドライブを掛けた時のボールの逃げ方が物凄いですので、実際ノータッチで打ち抜く事が問題なく可能です。
ラバーの種類にも左右されますが、最近の裏ソフトはプラスチックボールへの移行に伴い、ボールに回転を掛ける事を意識したラバーが多く発売されていますが、その多くはボールを掴む感覚、いわゆる食い込ませるドライブを意識しているものが多く感じます。
それに反するかのように粘着ラバーはシート表面で引っ掛ける事を重視しているラバーと言えると思います。

粘着ラバーに合うラケットは何?

粘着ラバーにも沢山の種類があります。それにより使うラケットも選ばないといけません。
例えば極薄ラバーというのはラバーにボールがほとんど食い込まないので、ラケットの特性が凄くボールに影響します。
極薄ラバーに弾みが良く硬いラケットは球離れが恐ろしいほど早く、正直扱うのが相当難しいと言えるでしょう。
スポンジが厚い粘着であれば、球持ちが良い為に、良く弾くタイプのラケットを使わないと球速が遅くなります。

有名な粘着ラバー、キョウヒョウNEO3(中国の馬龍選手等が使用)を使っていますが、そのラバーはスポンジが厚いタイプのラバーですので、よく弾くラケットを使うべきかと思います。

ニッタク キョウヒョウ・ネオ3

ニッタク キョウヒョウ・ネオ3
価格:3,835円(税込、送料別)

ドライブだけではない粘着のメリット

ドライブで強烈な回転を掛ける事が出来る粘着ラバーですが、サーブやレシーブ、他のプレイにおいても大きなメリットがあります。

一番メリットが出やすいと思われるのが、サーブ。

メチャクチャ切れます!!
当たり前と言えば当たり前ですが、強烈な回転でサービスエースを狙うことが出来ます。

そして台上技術。特にチキータ。
通常の裏ソフトから放たれるチキータでさえ、しっかり返球しないと横回転が影響してアウトになる事が多々あります。
それの横回転を超える回転量のチキータを打つことができるので良い2球目攻撃となるでしょう。

そしてストップも、ビッタリと止まりますので、相手のミスを誘う事ができます。
切れたストップも本当に切れています。

そして最近の粘着、特にキョウヒョウNEO3のような微粘着のラバーは裏ソフトにかなり近いラバーで、スポンジ厚も結構ある事も影響し、面で打っても粘着とは思えない弾き方を見せてくれます。
スマッシュも全然問題なく打てます。

粘着ラバーのデメリット

これはグリップが良いラバーの共通して言えるデメリットですが、相手の回転の影響を受けやすいという点があります。
しかし、これは当然と言えば当然で、しっかりと相手の回転を考えた返球をすることで対処しなければいけないと思ってます。

サーブがあまりにも切れ過ぎて、3球目攻撃が難しくなるという点も注意が必要ですね。

まとめ

粘着ラバーを使うという事は、やはりメリット・デメリットがあるわけで、使いこなすにはボールの回転をしっかりと理解し、正しいボールタッチが必須と言えると思います。
しっかりと裏ソフトラバーで基本打法を習得し、ドライブに関しては特に色々なドライブを打てるようになってから粘着ラバーを使ってみれば、粘着ラバーの素晴らしさを体感できるのではないでしょうか。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク