■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球のサーブ、ちゃんと1球目攻撃の役割を果たしている?

サーブは1球目攻撃!!


みたいな事を言われた経験、言った経験があるかと思います。
その1球目攻撃というのをしっかり理解してその先の戦術に繋げているか?その点を理解すれば試合を有利に運ぶことが出来ます。

サーブの役割を確認する

まず、サーブの役割を確認しましょう。


サーブの役割って何?


自分のサーブによって試合がスタートする。
言い換えれば自分の好きなタイミングで試合をスタートさせることが出来ます。


具体的にサーブの役割ですが、大きく分けると2つの役割が考えられます。

  • 自分の気持ちが落ち着いて自分のタイミングでゲームを始められる。

  • 自分の出したいサーブ、好きな回転のサーブを出す事が出来る。



それでは具体的にどういう事かを説明したいと思います。

自分のタイミングでスタートできる



例えばゲームで競っていた場合、連続失点などで落ち着きたい時、とにかく一息つきたい時、そういう時、自分のタイミングでゲームをスタート出来るのはとても有利です。
あまり長時間サーブを出さなかったりすれば注意を受けますが、よく卓球の試合動画などでもサーブの前に一息つくという場面を見掛けると思います。
その一息つく事はとても大切で、相手に流れている勢いを止めたり、落ち着く事によって冷静なプレーを期待できます。

自分の出したいサーブを出せる

これは戦術に直結する凄く大切な事です。


サーブからの3球目攻撃であったり、タイミングを見計らってバックに速いロングサーブを出したりと、こちらの主導権でゲームを進める事が可能となります。
ロングサーブは頻繁に出していれば狙われたりしますが、サーブからの3球目攻撃という一番大切な戦術を実施する為には特に大切なのがサーブです。


3球目攻撃についてはこちらの過去記事を参考にして下さい。

卓球は3球目攻撃で決める!?
卓球の試合の得点手段として3球目攻撃は有効な方法です。 その3球目攻撃を効果的に決める為にはどうすればよいのかを確認してみまし...

この過去記事にはあまり書かれていませんが、最高に効く3球目攻撃が台上の3球目攻撃です。

台上で3球目攻撃を行う為に

まず、これを行う為に基本的な台上技術が出来ないといけません。


ここで必要な台上処理は、フォアフリック、チキータ、この2つ。


そして出すサーブは、フォア前に下回転、弱い下回転、ナックル、この3種類。
ノーマルなフォアサーブで3種類のサーブを出します。




この戦術にはいくつかパターンがあるので先に説明します。


①相手がストップしてきた


②相手がフリックしてきた


③相手がチキータしてきた


④相手がツッツキしてきた


この4パターン。


特に注意(警戒)しなければいけないのが、②のフリックです。


フォア前にサーブを出す時は常にフォアフリックされる事を意識してサーブを出すようにして下さい。


ですので、サーブを出す前に、フリックされてもクロスでカウンターするという意識を持った方が良いです。
また、ストレートにフリックされる可能性もありますので、クロス7割、ストレート3割、という感じでフリックされるという意識を持ちましょう。


そしてあなたが3球目で待つべきボールは、①のストップ、④のツッツキ、この2点を待ちましょう。
自分のフォア側にレシーブされた場合はフリック、バック側にレシーブされた場合はチキータ、ミドルはどっちでも好きな方。

もっと具体的に3球目を待つ

先ほどレシーブコースと3球目攻撃の方法を説明しましたが、もう一つ踏み込んで3球目を待ってみましょう。


サーブの種類は、下回転、弱い下回転、ナックル、この3種類。
このサーブが相手にバレなくてもバレてもレシーブはある程度読む事が可能です。


例えば、しっかりとキレた下回転であれば、そのボールに対して相手はフリック強打はなかなか出来ません。
その代り、ネット際にビタっとストップされるか、または、キレて深いツッツキが返球される可能性が高いです。


そこまで予想してサーブを出す事で、より安定した3球目攻撃を行う事が出来るようになります。

レシーブの予想を立てる

自分の出すサーブから相手のレシーブをある程度出来ます。
今回の3種類のサーブから予想出来るレシーブとそれに対する3球目を整理してみる事が大切です。

これぞ1球目攻撃!超速ロングサーブ!

相手のフォアへ短いサーブを出すのであれば、バックへのロングサーブ、これはペアだと思って下さい。


また、ロングサーブの役割も理解した上で、サーブの組み立て、戦術を考える事が大切です。


バックへのロングサーブが来るという印象を相手に与える事で、相手はフォア側へ大きく動く事が出来なくなります。
相手がチキータが得意な選手であれば、フォア前だろうがどこだろうが、どこでもチキータしにきます。
そういった選手に対して、ロングサーブの存在を意識させる事は凄く重要です。


また、ロングサーブを唐突に出す事で直接サービスエースを狙えます。


しかし、相手がロングサーブを待っている時、サーブが読まれた、そのような時は思いっきり回り込まれて一撃ドライブを決められる事もありますので、ロングサーブの連発は危険です。

まとめ

今回はサーブ、1球目攻撃について書かせて貰いましたが、1球目攻撃=強打とかではなく、サーブからの戦術を上手く利用出来るようにサーブを考えたり、気持ちの余裕についても相手より有利になります。
今まであまりそのことについて意識してなかった人は是非ともサーブ=1球目攻撃ということを意識して戦うようにしてみてはいかがでしょうか。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク