■卓球初心者上達オススメコンテンツ

上手い卓球選手はドライブのコツを上手く掴む

sz0503-52

卓球の醍醐味でもあるドライブ!!

ドライブをしっかり打てるようになる為にどのくらい時間が掛かるかが重要なポイントですよね。

初心者はどうしてもラケット(バラー)でボールを弾く事で前に飛ばします。
それも間違っていませんし、面での強烈なスマッシュには物凄い威力ですので大切な打法です。

しかし、卓球という競技は回転が何よりも重要という事を意識しましょう。

実践でドライブがどんな所で大切になるか、


①相手の下回転サーブの返球

②スマッシュ出来ない高さのチャンスボール

③カットマン

④ナックルボールへの返球


本当にドライブって常に使う技術なのです。

WRMの卓球知恵袋では詳しい打ち方が説明しているので参考にして下さい。
とても分かりやすいですよ。

このドライブの習得(実践で無意識にドライブが出来る状態)には、とにかく沢山練習をする事に限ります。

とにかく沢山打つこと。ホントこれに尽きます。

初心者はループドライブだけで試合に勝てる

これ、実際にうちの子がスポ少で沢山得点を上げました。


WRMの今度はヤッスンさんの解説が参考になって分かりやすいです。

ループドライブはスピードよりも回転力が凄いので、相手がそれにブロックすると簡単にアウトして得点を得ることが出来ます。

ドライブは被せてブロックというのを分かっていても、初心者は出来ないものです。

えっ!!こんなに被せてしまってはネットに掛かるんじゃ!?

というくらいで丁度いい場合が多いです。

それくらいループドライブの回転量は多いです。

主にループドライブは相手の下回転を持ち上げる為に行うドライブですので、相手の回転に負けないように、しっかりと回転を掛けないといけません。
結果的に回転量が多いドライブになるわけです。

しかし、そこそこ試合にも慣れ、ドライブにも慣れだすと、今度はそのループドライブをいとも簡単にカウンターされたり、良いコースにブロックされたりと、相手の攻撃のきっかけになりますので、ループの連打は個人的にはオススメできません。
ですのでしっかりと下回転にもスピードドライブを決めれるようになる必要があります。

ループドライブは下回転を上回転にする、いわばラリーのスタートのきっかけ程度と思ったほうが良いです。

後々、ループドライブからの戦術も紹介したいと思いますが、まずは、ドライブを高い確率で成功できるように練習をする必要があります。

ドライブの具体的な練習方法はとにかく下回転のボールにドライブを掛けて返球しましょう。

相手に下回転のボールを出してもらい、ひたすらドライブです。

サーブ → ツッツキ → ドライブ

これが一番です。

このように新しい技術を習得するには、多球練習する事が一番の早道と言われていますがツッツキ打ちでも十分練習になりますよ。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク