■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球初心者が試合で勝つ為には(その2)

[br num=”1″]
以前書いた記事の続きになります。

>>>過去記事
卓球初心者が試合で勝つ為には(その1)

戦術を考えたプレーを意識する

[br num=”1″]
初心者が試合で勝つ為の手段、初心者には若干難しいと思いますが、最低限の戦略を考える事。
[br num=”1″]
sv02
[br num=”1″]

上の画像のように、フォア前サーブを相手のフォアサイドを切るようなサーブを出した時、相手のレシーブ(ツッツキの場合)は自分のバックサイドを切る事は不可能となります。
この逆でフォアにサーブを出した時、自分のフォアサイドを切るツッツキは来ません。
自分がバックドライブが苦手な人、フォアよりバックの方が得意な人、今現状で出来るプレーを使って点数を取る事に執着することが大切です。
[br num=”1″]
よく観る戦術として、バックにロングサーブ(上回転)をし、バックに返球、それを回り込みフォアドライブで決める。というパターンがよく観られます。
または、バックに返球されたボールをバックハンドで相手のバックにプッシュするというのも多くみられます。
[br num=”1″]
これはバックにスピードの速いロングサーブを出された時、とっさの判断で相手のバックに返球(当てるの精一杯)してしまうという特性を利用したパターンで、中学から卓球を始めて1年を過ぎたあたりの選手が多く使っている印象を受けます。
ようやく卓球の戦略について意識し出した時期なのかも知れませんね。
[br num=”1″][br num=”1″]

卓球は100メートル走をしながらチェスをするようなもの、とも言われるくらいを使わないといけません。
目の前のボールだけを打っているようでは試合に勝つことは出来ません。
相手のミス待ちをしても勝てません。
[br num=”1″]
戦術というか、1点に繋がるパターンを少しでも多く持つことが、リアルな1点に繋がります。
[br num=”1″]

1点へ繋がるパターンを持つ事

先に書いたバックへのロングサーブからの展開のように、ある程度パターンというものがあります。

特に脱初心者レベルであれば、
[br num=”1″]
・相手のフォアサイドを切る長いツッツキは自分のフォアへドライブが来る可能性が高い
[br num=”1″]
・相手のバックサイドを切る長いツッツキは自分のミドルからバックにドライブが来る可能性が高い
[br num=”1″]
・低くて速いツッツキはループドライブが来る可能性が高い
[br num=”1″]
・バック前からのチキータはミドルからバックに返球される可能性が高い
[br num=”1″]
・浮いたフォア前サーブはクロスへフリックされる事が多い
[br num=”1″][br num=”1″]
ここに挙げたポイントは初心者にみならず、プロの試合でも多くみられるポイントですので、試合観戦する際に注意して見てみる事をオススメします。
[br num=”1″][br num=”1″]

コースを考えたレシーブ

下回転サーブであればツッツキで返球する時が多いと思いますが、コースを考えたツッツキを行わないと、相手の思うツボに…
先に挙げたパターンにハマらないようにする事、または自分がそのパターンに持って行く事を意識して返球しましょう。

初心者であれば比較的バック側の下回転に対する攻撃があまり上手くないので、あえてバックにツッツキを集中させる事がとりあえず初心者行う戦略と言えるかもしれませんね。これだったらあまり意識せずに出来ますよね。
[br num=”1″]

まとめ

戦略を考えたプレーは難しく考える人もいると思いますが、ここに書いたような簡単な戦略も存在します。
要は試合を自分で操る事、思い描いた展開に持って行く事、それが戦略。
点数やレベル差があったとしても、戦略通りに1点を取る事が出来れば、試合の主導権を握る事も出来ます。
100メートル走しながらチェスをする。それが卓球ですので、常に頭を働かせ、まだ技術的に追いついていない部分を少しでも頭でカバーできるようにすれば、格上選手に勝つことも十分可能と言えます。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク