■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球の試合、1点の取り方と取られ方について

卓球の試合で負けた時にしっかりとその敗因を知る事、そしてそれを改善する事、それが負けを次の試合に活かす、という事になると思います。


自分で何が足りなかったのか、何が良くなかったのかを知る事はとても大切です。


そしてタイトルにあるように、1点の取り方と取られ方についてもしっかりと分析する事が大切です。
今回はそれについて書きたいと思います。

負けた時、相手の印象はどうだった?

負ける時の負け方というものがあります。
その負け方をまずは把握する事から確認してみましょう。


相手とレベルの差が大きく、どうやっても歯が立たない。


それは現実的に勝つのは相当困難ですよね。


もうちょっとミスを減らせば勝てたかもしれない。


こういう試合を誰もが経験しているはず!!


今回のテーマはこういったとても悔しい負けでの1点の重さについて書きたいと思います。

チャンスボールの決定率

例えばナックルサーブを出して、相手がツッツキをして大きくボールが浮いた時、チャンス!!と思い強打!!
しかし、ネット!!またはオーバー!!という事はありませんか?
私はよくそういうシーンを見掛けます。


または、ツッツキされたボールをループドライブミス。


などなど、中学生の卓球の試合はそのような基本的な事のミスで失点する事がほとんどです。
1試合の中で見事にカウンターを決められて失点する事は果たして何回あるでしょうか?


そんなにありませんよね?
ですので普段の練習、なかでも基本技術の練習がとても大切です。
嫌と言うほど毎日基本的な事を練習する必要があると言えます。


それでは具体的な練習方法を紹介します。

実戦想定の基本練習

普段の練習は恐らく、フォア打ち、バック打ち、ドライブ…そして課題練習、という流れで行っていると思いますが、それに追加して欲しいのが実戦想定の基本練習です。


単純な基礎練習ではなく、あくまで実戦想定です。

チャンスボールの決定率をアップ

まず、チャンスボールはどのようにしてやってくるかを考えましょう。

  • 相手のレシーブが浮いた
  • 相手のブロックが浮いた
  • 相手の長くなったサーブ
  • 相手のループドライブ

などなどチャンスボールと一言で言っても様々なシチュエーションがあります。


中でも絶対に決めたい、決めなければいけないチャンスボールはボールが浮いた時です。

浮いたレシーブへの強打

練習方法は、フォア打ちでサーブを出し、相手がそれをツッツキをします。
勿論、ボールは浮きますので、それをスマッシュ又はドライブで強打します。


この練習で難しいのが浮いたボールの回転量です。
相手はツッツキをしますので、回転は下回転になりますが、キレ具合は相手のツッツキで大きく変化します。


ネットに掛ける人はそこを適当にしている人が多いです。


大切な事は、相手のラケットをしっかりと見る事。
どのように返球したか、どのくらい回転が掛かっているかを瞬時に判断してしっかりと角度を考えて強打する事がとても大切です。


ですので、練習の際、パートナーには色々なツッツキで回転の量をコントロール
してもらう事が大切です。


毎日の練習で50球くらいその練習を行えば十分だと思うので、しっかり毎日続ける事が大切です。

サーブ練習と併せて3球目攻撃

サーブ練習も毎日行う必要がある練習だと思います。
ある程度サーブが出来るようになったらサーブから3球目攻撃までを1つとして練習する事も大切です。


先ほどは浮いたボールでしたが、浮かなくてもボールは自分に返ってきます。
そのボールを適した方法で返球しなければいけません。


3球目練習をする時に、ただ単に下回転サーブを出してツッツキ→ドライブ、みたいな事はあまり意味があるとは思えません。


練習ではちゃんと3球目攻撃が出来るのに、試合になれあミスの嵐!!
その原因は簡単です。


3球目で打つボールが練習の時は違うからミスをしてしまうのです。


回転量もコースも試合では相手の思うがままです。
ですので、普段の練習も実戦に近いツッツキ打ちを行う必要があります。

まとめ

今回の記事で言いたい事は「難しいプレーより確実に取れる1点は是が非でも決める」、それが凄く重要。
一生懸命練習したサーブで相手がレシーブミスした(浮いた)時に、しっかりと決める。
もし、せっかく浮いたボールをミスして失点してしまっては、何の為にサーブ練習をしたのか、本末転倒になってしまいます。
11点1セットという競技です。
1点の重みはとても重いです。
ですので、チャンスボールは確実に決めれるように普段からチャンスボールを打つ練習も行う事が大切だと思います。




sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク