■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

3球目攻撃は実際の試合で重要か?!

3rd_att
球の練習で3球目攻撃の練習というのは誰でも行っていると思います。
下回転(ツッツキ)に対してのフォアドライブ、バックドライブ、一撃ドライブ…などなど、サーブを出し相手のレシーブに対しての攻撃を3球目攻撃と呼びます。


しかし、この3球目攻撃の練習、実際の試合では練習通りにレシーブが来ない時が結構あると思います。
実戦と練習との食い違い、練習では出来るのに試合になれば途端にミスを連発する。
その原因の一つとしてこの3球目攻撃の練習が意外にも重要だったりします。





フォアで強打できるレシーブはまず来ない



3球目攻撃=強打と思っている人も少ないです。
勿論、それがサーブを出す側としては理想な形ではありますが、レシーブをする側の立場になってみれば、果たして相手のフォアへ打ってくださいと言わんばかりのツッツキを出しますか?


確実に答えはNoです。


3球目攻撃という言葉の響きがいかにも「強打!!3球目で決める!!」みたいなニュアンスを出しているかも知れませんが、実際の所、一撃必殺ドライブを少ないという事を知る必要があります。





考えられるレシーブを予測する



相手のレシーブが浮き球であればそれを強打すれば良い話ですが、しっかりとレシーブされた場合それに対応しないといけません。


色々なサーブがありますが、そのサーブに対するレシーブをある程度予想できるので、それをしっかりと知る事、それの対応方法を知る事、それが何より大切です。

短いサーブに対するレシーブ



ここからは少し戦術の内容になります。
まず、短いサーブに対するレシーブの予測。


サーブは出すコースや回転量などを考えたら、ほぼ無数に存在しますが、大雑把に説明します。


ショートサーブの基本として、フォア前への下回転サーブ、このサーブに対するレシーブを予測します。
考えられるレシーブとして、

①ストップ
②ツッツキ
③フリック
④回り込みチキータ

などがすぐ思いつきます。

その4つの中で可能性が高いのが、①と②です。
良くキレた下回転サーブであれば、フリックは強く打つのが難しい、チキータも回転重視になりスピードのあるチキータは難しい。
となると、ストップ、ツッツキが選ばれやすいでしょう。


また、ツッツキをされた場合、相手のフォアよりもバックへ出す方が多い。
ストップの場合は実際、どのコースにもストップされますが、フォア前に来たサーブに対して、右利きであれば、ボールの右下を触ってストップする傾向が多いです。


今簡単に説明しただけで、下回転のフォア前サーブに対するレシーブが予測できました。
あとはそれに対する3球目攻撃(処理)を考えます。

3球目攻撃というよりレシーブの処理

相手がストップしてきた場合

台上処理をします。
台上処理は、


①チキータ
②フリック
③ストップ
④ツッツキ

この4種類。



相手がツッツキしてきた場合


①両ハンドドライブ
②ツッツキ

この2種類。



また、フリックして来た場合はコースによりバックかフォアかに分かれますが、とりあえずフォアでフリックをカウンターする事を考えた方が良いと思います。
チキータに関してもフリック同様です。
サーブの質が良い状態だと、相手レシーブがストップかツッツキになる可能性が高いので、フリックやチキータよりも、まずはストップとツッツキされた時の処理を第一優先に考えた方が良いです。





まずは3球目処理が確実に出来る状態にする

先にも説明しましたが、3球目での強打攻撃はあくまで理想の展開。
相手も打ってくださいというレシーブはしません。
ですので、相手のレシーブに対し、3球目の処理を確実に出来るようにする必要があります。

多球練習で技術を身体に染み込ませる

卓球の練習で多球練習はとても効果的です。
基本、練習は反復練習です。
それの効率を上げるには多球練習が一番良いと言われています。

ストップレシーブ後の3球目処理

オススメの練習法は、送球者にストップボールを出してもらい、それをひたすら処理するという練習。
実際にサーブを出して相手にストップしてもらうのも良いですが、サーブミスであったり、ストップが長くなってしまったりと、効率が良いとは言えませんので、送球者にストップボールを出してもらうのが良いでしょう。
また、いきなりランダムに出すのではなく、最初の50球はフォア側、次の50球はバック側、最後に50球をランダム、という感じで行うのが良いでしょう。

ツッツキに対する3球目処理

先ほどのストップレシーブの処理(3球目)同様、多球練習で行います。
最初の50球はフォア側へ下回転、次の50球はバック側へ、最後の50球はオールへ下回転のボールを送球してもらいます。
また、ツッツキの場合はストップよりもボールが切れている事が多いので、送球者もそれを意識して、しっかりと切って低く送球する事が大切です。


3球目攻撃の考え方

長いサーブが来たらコチラからドライブを掛けて攻める。
これと同じ考えです。
ツッツキが台から出るようだったら、コチラからドライブを掛けて、ラリーの主導権を得る。
それが3球目攻撃だと思います。
ですので、決める事よりも必ず相手コートに返球するという意識を強く持つことが大切です。

まとめ

今回の記事は「3球目攻撃=一撃必殺」と思っている人、そのような練習をしている人が多いので記事にしてみました。
言い換えれば、3球目攻撃を行ったは良いが、それをブロックされたら何も出来ない…という人が多いので書いてみました。
次回は5球目攻撃への対応の仕方を中心に書いてみたいと思います。


実際、レベルが上がれば上がるほど、相手のレシーブは厳しくなり、3球目を強打で打ち抜くなんてことはあまりないのが現実です。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク