■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

張本選手のレシーブ、ストップ・ツッツキについて

トップレシーブとは卓球のレシーブにおいて、すごく多用するレシーブの一つで、その名の通り、相手コートに短く返球する技術です。

相手のショートサーブに対してのレシーブ方法で、具体的にどのようにやるのかはWRMの動画がとても分かりやすく説明されています。

オススメは張本選手のストップレシーブ

dvd_sakamoto_rec

張本選手のレシーブと言えばチキータだろ!という方もいると思いますが、YOUTUBEなどに公開されている張本選手の試合映像をよーく見てください。
確かにチキータも多く行っていますが、バックでのツッツキのようなストップがとても多いです。

通常のストップレシーブとは違い、凄く打球点が高い。
しかも、ほとんどがバックでのストップ。

ツッツキのようにも見受けられますが、ちゃんと相手のコートで2バウンドし、極端に短くないのが特徴です。

一見ツッツキのようなフォームで行うので、台から出るか出ないかの判断がとても難しくなり、本当は2バウンドしていない(台から出ている)のに、ダブルストップやツッツキで処理したりと、相手の判断を鈍らせる効果もあるように見受けられます。

この動画(試合)でもバックストップを多用しています。
フォアストップのように、相手コードのネット際にビタ止まりするストップは難しいですが、しっかりと強い下回転を掛けているのが印象的ですよね。
ガッツリと切られたストップですので、相手が台上で仕掛けてきたとしても、ミスをしたり、返すだけになったりと、とても攻撃力のあるストップだと思います。

バックでストップする事の意味

張本選手のレシーブと言えば、フォアでもバックでもどこに来てもチキータをする攻撃的レシーブなのですが、チキータ出来ないボールに対しては無理をせず、ストップやツッツキで処理します。
この辺の判断力の高さもチキータの成功率に繋がっているのだと思います。

判断→切り替えしがスムーズ

ショートサーブに対して、チキータ出来るのか否かを瞬時に判断する。
この判断力はとても大切でとても難しいので、以下の動画を参考にしてみてはいかがでしょうか。

この動画、メッチャ効果ありますので、オススメです。

さて、バックでストップする意味、役割ですが、先に書いたように、チキータが無理だった時のストップやツッツキへの切り替えしもスムーズに行えます。
さすがにチキータが出来ないと判断した時にフォアでストップというのは動作に無駄がありますよね。

それだけではく、バックツッツキとフォアツッツキ、どちらが切り易いですか?
ネット際にビタっと止めるのであれば断然フォアストップでしょうが、フォアストップで切るのは結構難しいです。
やってみれば分かる話ですが、バックでストップ&ツッツキは、切る量、コントロール、ボールのスピード、これらがフォアよりもやり易い。
また、相手のサーブがナックルだった場合でもバックだとしっかり切る事がそれほど難しくないです。

カウンターへ繋ぐレシーブ

先にも触れましたが、バックツッツキはフォアよりも色々な面でメリットがあります。
台から出るか出ないかのストップがもし台から出てしまっても、低い強い下回転であれば相手も強打する事が難しいです。
下回転を持ち上げるだけのドライブであったり、コースも比較的読めたりとカウンターで狙い撃ちするのに都合が良いです。

まとめ

今回は張本選手のバックストップ(ツッツキ)について書かせて頂きましたが、極端に言えば、ガンガン攻めて行く選手であれば、バックツッツキだけでOKだと思います。
全面チキータ、全面バックストップ(ツッツキ)、そしてカウンター、これらによりレシーブという守りの立場だとしても、攻撃力の高い守りが可能となるでしょう。
ただ、短いサーブばかりではありません。
フォア前に出されたサーブをチキータする選手は、同時にバックロングに来たボールに対してしっかりとバックでドライブを掛けて返球出来る事が前提になります。

こういう練習が必要になりますね。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク