■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球の試合はレシーブで決まる。レシーブ出来ないと勝てない。

卓球のレシーブ


球の試合で勝つ為に日々練習を行っているワケですが、一番ちからを入れて行っている練習は何ですか?


恐らく、フットワーク練習に多くの時間を費やしているのではないでしょうか?
フットワーク、卓球は足がとても大切です。
フットワーク練習を沢山行うのは当たり前と言えば当たり前です。


しかし、フットワークを使う前に失点してしまう事が多々ありませんか?

レシーブが出来ないと話にならない

相手のサーブが全然分からなくて全く試合にならずに負けるという、こういう負けパターンって意外に多いと思います。
相手のサーブが上手いからレシーブ出来ない?
そう嘆いていても仕方ありません。
相手も分からないようにサーブを出して、少しでも有利に試合を運ぶ為に一生懸命サーブを出します。


それでもすべてのサーブが分からなくて取れないという事は確率的にありえません。

分からないサーブを取る方法

サーブの種類は沢山ありますが、サーブの回転の種類はそれほど多くはありません。
また、サーブの種類(フォーム)で球種もある程度限定出来ますので、そこを知る事が大切です。


例えば、相手がYGサーブのフォームからサーブを出した場合、横方法は逆横回転という事で限定出来ます。
あとは上か下という事になります。


横方向が逆横回転なので、回転の影響で相手のフォア側に飛んで行かないように、横回転の影響を防ぐ事は出来ますよね。
あとは、上下の回転方向です。


YGサーブの場合、絶対とは言えませんが、多くの場合、ボールが当たる瞬間、ラケットの立ち加減で上下の判断が可能です。
ラケットが寝ている状態で上系を出すのが難しいです。


しかし、それでもさっぱり分からない場合は確率に頼る事も勝負では大切だと思います。

上か下かの2分の1

横方向についてはサーブフォームから予測する事が可能です。
そして上系か下系かの判断になりますが、どうしても分からない場合、2分の1の確率で山を張る事もアリです。
2分の1なので、理論上、2回やれば1回は当たります。

やってはいけない迷いながらのレシーブ

これが一番ダメです。


迷いながらのレシーブは中途半端になりますので、分からない場合でも迷わず自分で決めつけてレシーブに行く事が大切です。
例え違っても2回に1回は当たります。

迷っても分からないものは分からない、割り切ってプレーする事も勝負では凄く大切だと思います。


事実、相手のサーブがすべて分かる事は試合ではあまり無いのも現実。
レシーブミス(サービスエース)が試合の中でゼロという事もほとんどありません。


サーブは1球目攻撃と言われますが、攻撃の内容がサーブを分からないように出す事も1球目攻撃の意味の中に含まれているワケです。

レシーブの基本、鏡の法則は絶対に覚える

過去記事にも書きましたが、レシーブの超基本的な鏡の法則は、初心者であればあるほど大切な事です。
鏡の法則について詳しく書いた記事がありますので、参考にして下さい。

卓球のレシーブを完璧に返す方法
卓球の試合におけるレシーブというのは、言うまでもないですが、レシーブが出来ないと何も始まらないです。 普段当たり前に練習してい...

レシーブの良し悪しで試合は決まる

卓球の試合に出たことがある人には痛い程レシーブの大切さが分かると思います。
レシーブが出来ないと試合にならない事も十分身を持って知っていると思います。
レシーブで試合が決まってしまう…

レシーブについて不安を持っていると、すべてのプレーが中途半端になったり、メンタル的にマイナス方向に向いてしまうのもです。
自信を持って試合をする。
練習の成果をしっかりと試合で出したい!
そんなレシーブが特に苦手という人にはこのDVDがオススメです。
数ある教則DVDの中でも坂本選手のDVDはすごく分かりやすいです。
私も色々と見ましたが、坂本選手のDVDはオススメです。

dvd_sakamoto_rec

まとめ

本当はレシーブの質まで問われるのですが、今回はレシーブが出来ない、とても試合にならない、という状況を脱する為のアドバイスとして、書かせて貰いました。
卓球を始めたての選手であればあるほど相手のサーブが取れなくて、何も出来ずに終わってしまう…
という事が本当に多いと思います。

時間が沢山あるのであれば、実戦で沢山の人と試合して沢山のサーブを受ける事が大切ですが、中学生は事実上2年ちょっとしか卓球部として活動が出来ません。
3年の中総体、予選で負けたら夏の手前で引退となります。
本当に時間が無い。
色々とネットでも情報が飛び交ってますので、何が正しいか間違っているか、その判断は難しいです。
一流選手教則DVDは信頼できるし間違ったことは言ってませんので、オススメできます。
特に坂本選手や松平選手はオススメします。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク