■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

基本は短いサーブ、でも短すぎるサーブは危険

tts02

卓球のサーブ、かなり大きく分けて長いサーブと短いサーブが基本となり、それに回転、サーブする位置などを組み合わせれば無数のパターンが出来ます。

今回は短いサーブと長いサーブという事だけに注目して記事を書きたいと思います。

まずは、短いサーブと長いサーブ、各々の特徴を確認しましょう。

短いサーブ

ショートサーブとも言います。

短いサーブとは、相手のコート以上で2バウンド以上する、というのがいわゆるショートサーブと言われています。

短いサーブは短いほど良いワケではないので、少し説明します。

短過ぎるサーブは危険

短いサーブとボテボテのサーブをしっかりと区別しましょう。
あまりにも短いサーブは、ネット際でフリック強打されてしまう事があります。


なぜそのような事が起きてしまうか?


・自分のサーブを振り返ってみてください。

・あなたのショートサーブ、第1バウンド(自分のコート)はどの辺ですか?

・自分のコートの半分より手前で1バウンドしてませんか?


第1バウンドの位置を意識

まずは悪い例から紹介します。
ショートサーブの第1バウンドがコートの半分より手前の場合、相手のコートでの第1バウンドはネット際になります。
そしてそのサーブの頂点が相手のネット際ということは角度を付けてボールを叩く事が可能になります。
ネットから近ければ近いほど、レシーブは強打されやすいです。

ssv02

少し極端に書きましたが、実際、自分のコート手前にワンバウンドさせるという事は、ボールを下に打つ力が無意識に働き、図のポイントBのように、ネットよりも高いところで相手は打つことが可能になります。


そして良い例
先ほどとは逆にサーブの第1バウンドが自分のコートの半分より先(ネット際)の場合、相手のコートでの第1バウンドが相手コートの真ん中あたりになります。

ssv01

そうなると頂点は相手コートの真ん中よりも後になるので、フリックをするとしても角度を付けて打つことが出来ず、入れるだけのフリックになるケースが多いです。
特に下回転ショートサーブであれば、フリックで強打される危険性が少ないです。
また、このようなショートサーブが出来ると相手コートで2バウンドするかしない微妙な長さのサーブを出す事が可能となります。

ショートサーブのpoint

・ショートサーブの第1バウンドはネットの近く
・下に叩きつけるように打たない
・ギリギリ2バウンドするかしないかのサーブを目指す


長いサーブと長くなってしまったサーブについて

試合の中でふいに出されるロングサーブはとても有効です。
しかし、ロングサーブは出すタイミングとサーブの質がとても問われるので、普段から質の高いサーブ練習をする必要があります。



良いロングサーブ

より低く、より速い、そんなロングサーブを目指す。


ロングサーブは上回転だったりナックルだったり下回転だりと、色々な回転のサーブがあります。
相手の意表を突く為のロングサーブとなれば、上回転の速いサーブが効果的です。

良質のロングサーブとは?

ショートサーブ同様、第1バウンドの場所がとても大切で、より自分のコートの手前を狙う事が大切です。
自分のコートのエッヂに当てるような気持ちで、本当にギリギリを狙う必要があります。

ネットになる危険性、アウトになる危険性、それらはロングサーブを打つ上で当然のリスクですので、普段から沢山練習して感覚を身に付ける事も大切です。

WRMの動画が凄く参考になります。

良いロングサーブというのは、サーブの質(スピード、回転)も大切ですが、一番大切なのが、出すタイミングがとても大切です。
例えば、試合開始1球目のサーブや、1セット、2セットではロングを出さず、3セット目からロングを混ぜたり…
または、随所にロングサーブを組み込む事でチキータを封じたり。
ロングサーブはそれ単体よりも、それにより色々な効果を生み出す事が出来るサーブだと思います。



まとめ

短いサーブは短ければ良いワケではありません。
戦略が思い通り出来ない、レシーブ強打されてしまう、など、短いサーブを出しているのに何で?と思う人は今一度自分のサーブについて見直してみてはいかがでしょうか。
短いサーブとは、相手のコートで2バウンドするかしないか、というのを普段から意識してサーブ練習する事が大切だと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク