■卓球初心者上達オススメコンテンツ

DVD「卓球3S理論 予測スピード編」のレビュー

試合は戦術無しではあり得ない

「戦術」と聞けば何やら難しい話だなぁ、と、敬遠したくなる人も多いと思いますが、実は普段から行っているが多い。
しかし、それを戦術だと思っていない人が多いだけだと思います。
それくらい戦術は身近で単純ですので、気楽に考えてみてください。

このDVDで学べる事

・どのサーブがどのような3球目攻撃に適しているか。

・3球目攻撃を安定して行いたい。

・相手の読みを外したい。

など、頭脳で卓球を考えて試合運びする為に必要な事が紹介されています。

実際の試合で本当に使えるの?

はい、使えます。

すべてが使えるかは分かりませんが、卓球にもセオリーというものが存在します。
例えば、バックからバッククロスにチキータをすれば、高確率でバックに返球される。
フォアからストレートにフリックすれば、自分のバックに返球されやすいなど、基本のポイントは外していません。

すべてはラリーで得点する為

あなたのサーブは何が目的のサーブですか?

チキータはエースを取るためのチキータですか?

その辺をこのDVDで戦術を学ぶ事で考えが変わるかも知れません。

表や粒への戦術の収録

あまり多くはありませんが、表や粒といった異質への戦術も紹介しています。
しかし、表や粒といった性質を知る事で、ある程度決まった戦い方になると思いますが、表や粒がとにかく苦手な人には良い内容かも知れません。

まとめ

中学の試合を見ていればサービスエースやレシーブエースという得点パターンがあまりにも多い。
取れるモンなら取ってみろ!!みたいなサーブ。そういうサーブで得点して勝っている選手は、今しか勝てません。
すぐにサーブが通用しなくなります。
ですので、得点パターンがサービスエースが多いと言う人は、早い段階で戦術を意識した試合運びを意識した方が良いです。

3球目以降の5球目攻撃や、チキータの後の4球目攻撃など、戦術通りに物事が進めば気持ちも良い物です。
でも、意外と戦術通りに展開する事って多いです。
ですので、戦術はとても大切で、試合をする上で知らないと知っているでは大きく差が出てしまいます。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク