■卓球初心者上達オススメコンテンツ

カウンター攻撃

カウンター攻撃というのは決まった時は凄くカッコ良いですよね。

ただ闇雲にカウンターを狙ったり、思い立ってカウンターをやってみたりしても、上手くは行かないです。
しっかりとカウンターの練習をして、カウンターで点数を取れるようにしましょう。

現代卓球はカウンター必須!!

現代卓球は両ハンドでとにかくスピードが速いです。
その中でカウンターも当たり前のようにやれる事が大切。

カウンターを使う場面を確認

カウンターを使う場面として一番多いのが、相手のドライブをカウンターする、という場面ではないでしょうか。
相手のドライブをカウンターする事はしっかりと打てればかなりの決定率になります。

一番最初に出てくる丹羽選手のカウンターは完全にカウンター待ちしてますね。

カウンタードライブをマスターする

相手のドライブに対して行うカウンタードライブ。
練習方法は多球練習が効率良く練習出来ます。

カウンターがやれない人がいきなりカウンタードライブを打つのは難しいです。
まずは、相手のドライブに対してブロックをする事から始めましょう。

ドライブをしっかりとブロック出来るようになる事が一番最初にやる事です。
ドライブの回転量やコースによって、ブロックする方はラケットの角度を変えなければ上手く返球する事ができません。
ドライブをブロックする時はラケットの角度に意識してみましょう。

ブロックが安定して出来るようになったら、いよいよカウンターになりますが、実はブロックがしっかり出来れば意外と簡単です。

ブロックの角度のままチョリドラ

ブロックの角度を保ったまま、チョリドラ(ちょっとドライブ)をしてみましょう。
これでカウンタードライブが出来ます。
本当にちょっとだけのドライブで大丈夫です。
相手の力を借りて打つカウンターは自分から力を出す事よりも相手の力を借りるという意識がとても大切です。

具体的な多球練習方法

送球者はフォア側から相手のフォアを目がけてドライブを打ちます。
ドライブの種類はループドライブ、スピードドライブと回転量とスピードを打ち分けて行います。
まずはそのドライブをしっかりとブロックできるようにあること。それが第一段階です。
その後は、先に書いたようにラケットの角度を回転とスピードで調整し、ボールを弾いて返球するのではなく、小さくドライブを掛けて返球することを心掛けましょう。
最初フォア側で20球くらいカウンターをしたら、次はバック側で20球行います。

より実践向きの練習(戦術)

カウンターは相手がドライブ攻撃をしてきた時に行う技術ですので、相手にわざと打たせてそれをカウンターするという練習を行います。

このような流れでカウンターの練習をしてみて下さい。

①送球者が下回転サーブ

②練習者がフォアサイドへツッツキ

③送球者がフォアクロスへドライブ

④練習者がそれをカウンタードライブ

このパターンと、練習者がバックサイドにツッツキを行い、送球者がバックでの回り込みフォアドライブ(相手のバッククロスへ)を打ちそれをカウンター。

要は両クロスへのドライブに対するカウンター練習となります。

クロスに打たせる為のツッツキ

クロスでのカウンター練習をやっても相手がストレートに打ってしまては上手くカウンターする事ができません。
その為には厳しいツッツキをする事が大切になります。
切れて低くサイドを切る様なツッツキを出せるようにしましょう。

一番良いのは相手が強打出来ない、持ち上げるだけのドライブを打つようなツッツキを送る事がベストです。

まとめ

少し戦略にも触れてしまいましたが、カウンターは頭を使ってカウンター出来るような状況を作り出すことがとても大切になります。
何も意識していない状態だと、たとえカウンターをやるべきところにボールが来ても上手くカウンターは出来ません。
相手のドライブにテンポよくカウンターを当てるには事前の準備が必要という事を理解する必要があります。
カウンターは決まれば凄く気持ち良いですよね。それと同時に相手に先進的なダメージも与える事が出来ます。
まずは、しっかりとフォアカウンタードライブが打てるように確実にマスターしてみて下さい。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク