■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

チキータからのシステム練習①

レシーブから試合の先手を取る技術としてチキータはとても大切な技術です。

チキータが出来るようになったら普段の練習にもチキータを取り入れた練習を行う事が大切です。

チキータからのシステム練習

0506001

チキータからの展開で、実際の試合でも結構多いパターンが画像のようなパターンです。

まず、送球者は下回転サーブをバック前に出します。
それをチキータして開始します。
相手のバック側に2回攻撃し、3回目はフォアへドライブ(ストレート)という流れになります。

もし、コースを狙うのが難しいと感じたら多球練習で行っても良いと思います。

チキータからの戻りを意識

戻りを意識し過ぎてチキータが半端になったりしないように、しっかりとチキータをやってから戻るようにしましょう。

多球練習で行えば実践ではあり得ないような速いピッチで送球できるので、戻りが甘い人は戻りを強化する意味でも多球練習が良いと思います。

今回はバック前へのサーブからの展開ですが、フォア前でのチキータであれば、より一層戻る事を強く要求されますので、まずは、バック前からしっかり戻れるようになってから行って下さい。

バックハンドは出来るだけ強打で

チキータ後のバックハンドは出来るだけ強打で行う必要があります。
相手に攻撃をさせてはいけません。
甘いボールを送る事で相手はガラ空きのバックへプッシュ、または、バックからの回り込みフォアドライブ、など相手に攻撃をさせるチャンスを与えてしまうからです。

なぜバックハンドを入れる必要があるのかを考える

このチキータ後のバックハンドは、次の攻撃であるバックでのフォアドライブのきっかけだと思いましょう。
速いバックハンドを相手に送る事が出来れば、相手はそう簡単に狙って打つ事が出来ず、当てるだけの返球になる可能性が高いです。
その甘いボールをフォアドライブで狙います。

実際の試合で使った結果、このパターンが多く感じました。
勿論、相手が一枚上手のプレーヤーで甘く入ったチキータを見事に打ち抜かれる事もあります。
それを食らってしまったら相手を褒めましょう。
自分の戦術を上回る戦い方をして見事に仕留めた訳ですので。
それはそれ、食らったら切り替えましょう。

3回連続バックへの攻撃も使える

最後のフォアドライブをバックに狙っても凄く効きます。
出来ればシュートドライブを掛ければ尚効きます。

まとめ

この練習は毎日の練習に取り入れてます。
それくらい練習しないと実戦でチキータを使った戦術は難しいと思います。
チキータを覚えたての人は、チキータ1発で打ち抜こうとする人が居ますが、チキータでは基本的に打ち抜けないと思う事も大切です。
チキータは攻撃的なレシーブです。
ラリーの先手を取る為の技術ですので、その先にラリーが必ずあると意識しましょう。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク