■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

チキータからの戦術

現代卓球ではチキータレシーブは当たり前のように使われています。
中学生でもチキータを積極的に使っている方もいるかと思います。

しかし、そのチキータ、ちゃんと役割を果たしているでしょうか?
チキータ一撃で得点を狙いに行くのも悪くは無いですが、基本的にチキータはレシーブですので、一撃性を求める使い方は勿体ないですので、しっかりとチキータレシーブからの展開を確認しましょう。

卓球におけるチキータレシーブの役割

まず、チキータに関してどんなものか?
どのようにすれば出来るようになるのか?
と思っている方は過去の記事に書いてますので、そちらをまずは見て頂けたらと思います。

※過去記事
卓球の台上技術チキータのやり方について

チキータを有効に使うために

レシーブから主導権を握る

卓球はサーブとレシーブが2球ずつ交互に巡ってきます。

サーブする方が主導権を握り、レシーブは受け側という感じに思われますが、チキータレシーブを使う事で、レシーブ側でも主導権を握った展開に持っていける可能性があります。

強い横回転が及ぼす影響

チキータは右利きの場合、ボールの左上を擦って打ちます。
それによりボールに強い横上回転を与える事が出来、相手のバックサイドへ切り込んでいくボールを打つことが出来ます。
また、相手がそれをバックハンドで返球しても、横回転が強いので、自分のバック側へ返球される可能性が凄く高いです。

相手の出すサーブのコースを限定出来る

チキータをされるのを嫌い、いわゆる「チキータ封じ」としてバック前、ミドル前へのサーブを出し辛くなります。
これにより、相手のサーブを限定させることが出来ます。
また、相手がチキータ封じを目的に、フォア前ばかりにサーブを出すのであれば、思い切ってフォア前でもチキータをやる事で、相手のサーブをより限定する事ができます。

チキータレシーブからの戦術

回転重視チキータからの戦術

・チキータ→フォアドライブ

相手のサーブで下回転が強い場合、どうしても強打する事が出来ません。
その時はボールの左だけを擦るようにしてチキータを行います。

下回転の影響を最小限にする為に横のみを擦ってますので、強烈な横回転を発生させます。

強烈な横回転により、相手はバックの際どいところを狙う事が難しくなります。
横回転の影響で、バック側に大きく弾かれますので、バックサイドを切られるような返球は来ません。
ですので、そのような強烈な横回転チキータを出した場合、ミドル付近へチャンスボールが来る確率が多いので、フォアドライブの準備を忘れないように。

スピード重視のチキータからの戦術

・チキータ→バックプッシュ or フォアドライブ

ナックル上系サーブに対しては思い切ったチキータ、擦るより当てるチキータでスピードを出してみましょう。
相手のバック側の速いチキータを出すことが出来れば、相手は自分のバック(クロス)へ返球する事が多いです。

その場合、相手のフォアへバックプッシュするのが理想ですが、返球がミドル寄りになる事も多いですので、フォア意識をしつつバックでのブロックを待つという心構えでいる必要があります。

また、サイドを切る様な強烈なチキータを出すことが出来れば、高い確率で相手はラケットにボールを当てるだけの返球になりますので、よりチャンスボールが来る可能性が高くなります。

チキータからバック対バックへ持ち込む

試合でバック対バックに持ち込む手段としてチキータは有効です。
バック対バックに持ち込んでから強い選手であれば、積極的にチキータからバック対バックに持ち込む事をオススメします。

バック対バックに持ち込んでから、しっかりとフォアドライブに持っていけるような戦術が必要となりますが、チキータから一番よくある流れですので、チキータ後のバックハンドもしっかりと強いボールを打つ必要があります。

チキータのコースを打ち分ける

フォア~ミドル前サーブに対してのチキータはリスクはありますが、距離の遠いフォア前まで移動してチキータ出来るようにしておきましょう。
フォア前まで移動して相手のフォアへクロスでチキータはボールの後ろを捉えないといけませんので、下回転サーブに対してではなく、ナックルに対して行う事が良いと思います。
ナックルであれば力強く振り抜いてスピードのあるボールを出すことが可能ですので。
逆に下回転であれば、回転の影響を受けないように、無意識に薄く捉えようとします。
そうすれば山なりの遅いボールになってしまうので、しかも相手のフォアですので、いとも簡単にカウンターされてしまいますので、どのコースでも下回転をチキータするときはボールの左側を捉える打ち方でチキータを行った方が良いと思います。

まとめ

このようにチキータを上手く使う事で次の攻撃へ繋げやすいレシーブです。
例えば、ストップ対ストップでも、ちょっと浮いたらチキータで先手を取って、その後の攻撃に繋げるというパターンも有効です。
ある程度チキータが出来るようになったら、チキータからバック対バック、チキータからフォアドライブ、というふうにシステム練習を取り入れてみるのも良いかと思います。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク