■卓球初心者上達オススメコンテンツ

ツッツキ

ツッツキもフォア打ち同様、当たり前のように覚えなければいけない技術です。

主に下回転の球に対する返球方法として用います。

単純に下回転に対する返球すると言っても、攻撃に値するツッツキを行ったり、安定のツッツキだったりと様々ですので、しっかりと身に付ける必要があります。

ツッツキのやり方

ボールのを擦るようにして返球します。
それによりボールに下回転を掛けて返球します。

最初は手首のスナップは使わず、ボールの下にグッと入り込む(潜らせる)ように行って下さい。
まずは、相手の下回転に対して安定して返球することが大切です。

ツッツキという行為が分かってきたら、こちら側から下回転を掛けて返球するようにします。
こちらから下回転を掛ける方法としては、手首のスナップを使わず(手首は固定)、肘を支点の前腕でチョップするように返球しましょう。
手首でのツッツキはコントロールに影響が出ますので、手首は固定が良いです。

・ラケットの角度と距離との関係を理解する

ラケットの角度については、台と水平になればまるほど上飛びます。
台に対して垂直になればなるほど、前に飛びます。

ですので、台に対して45度の角度でツッツキを行い、それを基準にラケットの角度を調整しましょう。

強烈な下回転の返球はラケットを水平気味にして返球します。
ラケットを立てて返球すれば、相手の下回転に負けてネットへ直行しまう。

また、相手の下回転が弱い時、ラケットは立て気味に返球します。
ラケットを水平気味に返球すれば、ボールは上に大きく浮き上がり、相手に強打されるチャンスボールになってしまいます。

ですので、相手の下回転の掛かり具合を把握した上でツッツキを行う事が大切と言えます。

レシーブの基本、ツッツキ

下回転サーブに対するレシーブとして、ツッツキはとても多く用いられます。
とりあえずサーブが下回転であれば、すべてのサーブに対して返球することが出来ます。
はじめのうちは、下回転サーブが来たらツッツキで返すようにしましょう。
とりあえずレシーブが出来ないと試合になりません。

2つのツッツキを覚えよう

ツッツキとして2つの打ち方を覚えましょう。

①切るツッツキ

②ストップレシーブ

この2つは単なるツッツキが攻撃的なツッツキになります。

まず、切るツッツキとは、下回転に対して強い下回転を掛け返して返球する技術です。
やり方は、手首は固定し、肘を支点に前腕を使ってチョップするようにボールの真下を擦ります。
手首は固定でやらないとコントロールが難しくなるので、手首は固定を意識ましょう。

この切れたツッツキを出す事で、相手は強打(ドライブ)を封じる事ができます。
相手の返球として、ツッツキ、ループドライブ、この2点に限られます。
ただ単にツッツキした場合は、相手に簡単に3球目攻撃を決められてしまいます。

ストップレシーブは、その字の通り、相手のネット際にバウンドするような短いレシーブです。
この打ち方は、腕は伸ばしたまま、ボールの下にラケットを潜り込ませます。
前腕や手首で下回転をかけるような事はしません。

・ストップレシーブで切れた下回転を出す方法

前腕も手首も使わず、強い下回転を掛けストップレシーブするコツとして3つあります。
まずは、
①ショートバウンドを狙う
②ラケットは水平気味
③ボールが当たった瞬間、体(腕)を引く

この3つで切れたストップレシーブが可能となります。
まずは普通にストップレシーブ出来るようになってから挑戦しましょう。

相手の台で2バウンドすれば一応ストップレシーブとしては合格レベルです。

・ストップレシーブでチャンスボールがやってくる

相手は3球目攻撃が出来ずにツッツキで返球してくる確率が高くなります。
それにより自分の4球目攻撃のチャンスが訪れます。
しかも、ストップレシーブへのツッツキはボールが浮く可能性が高いですので、本当のチャンスボールがやってくる可能性があります。

サイドスピンツッツキ

サイドスピンツッツキは相手に対して打ちにくいボールを返球します。
普通の下回転サーブに対し、右下や左下を擦ってツッツキ(出来れば切れる打ち方)すれば、相手はしっかりと強い回転を掛けてドライブを打たないとミスをします。
また、相手がそのボールをツッツキをした場合、横回転の影響を受け、まっすぐ返球するのが難しくなります。

・より短くストップさせる事が出来る

相手のサーブが順横下回転(右利き)の場合、オールの右下を擦ってストップするようにすれば、かなり短いストップレシーブが出せます。
鏡の法則を利用し、逆横回転であればボールの左下を擦ってストップすることが良いです。

本当に短く切れたストップは相手の攻撃を完全に封じ込める事が出来ますので、ツッツキのレシーブと言えどもしっかりとマスターする必要があります。

コントロールしてコースを限定させる

例えば自分のフォア側に下回転サーブが来たとします。
その場合、キレたツッツキを相手のフォアサイドを切るように長い切れたツッツキを出すことにより、相手はループ性のドライブを自分のミドル~フォアへ打つ可能性が高くなります。
これにより、自分の4球目攻撃(カウンター)が可能となります。
逆に相手のバックサイドに切れた長いツッツキを出す事で、自分のミドル~バックにループ性のドライブが返ってくる可能性が高いです。

そのようにツッツキを上手く使って、相手の攻撃範囲を絞らせるというのもツッツキの大切な役割と言えます。

ワールドラバーマーケットで紹介しているツッツキ動画が参考になります。

まとめ

いかがでしたか、ツッツキとはこれほど便利で重要な技術だという事がお分かり頂けたと思います。
試合の中では緊張したり色々な事を考えながら試合をするので、普段からツッツキの意味を考えながら役割を意識して出すようにして下さい。
無意識でも役割のあるツッツキを出せるようにしないと試合では厳しいです。
普段の練習でツッツキをそれほど重要視していない人が多いですが、もっと沢山ツッツキの練習を心掛ける必要があります。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク