■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

バックドライブ

バックドライブもフォアドライブ同様、ボールに前進回転を掛けて打つ打法です。
しかし、横回転も自然に掛かるので、相手のバックサイドを狙う事でサイドを切る鋭いドライブが魅力的な打法です。
[br num=”1″]

バックドライブの打ち方

バックドライブでもループ気味の薄いドライブ、食い込ませ気味のスピードドライブがありますが、ここではスピード重視の相手バックサイドに放つバックドライブを説明します。

①ラケットの角度を45度にしてボールの左上をとらえる。

②ラケットは左から右上に振り抜く意識
[br num=”1″]

恐らくこれだけでドライブが掛かると思います。
[br num=”1″]
基本的にはボールの左上をとらえる事でドライブ回転が掛かります。理屈上は。

理屈を理解した上で、以下の事を注意しましょう。
[br num=”1″]

①腕よりも手首のスナップを使ってボールに回転を掛ける
[br num=”1″]
フォアドライブの時はほとんど手首は使わずにドライブを掛けますが、バックドライブは手首重視を意識する事。
[br num=”1″]

②テイクバックは腕で行わず、腰の回転を使って左膝に溜める

腕でテイクバックをすれば振り遅れやズレが生じる可能性があるので、身体全体でテイクバックを取る意識が必要。

③膝とスタンスの調整で視線を下げる

視線を下げる事で、ボールとネットとの距離感がよく分かり、チャンスボールか否かの判断も付きやすい。
また、目とボールとラケット、この3つを出来るだけ近い状態で打つことでミスを大きく減らすことが出来る。
[br num=”1″]

3球目攻撃でバックドライブ

下回転サーブを出した時、バックに返球される事が多いです。
それを打つ為に回り込みフォアドライブの練習をやっていると思いますが、回り込みが出来ないボール、状況などやはりバックドライブの方が有利な時が多々あります。
[br num=”1″]
練習方法は多球練習でバックへ下回転をひたすら出してもらい、相手のバックを狙って打ち込む練習が良いと思います。
[br num=”1″]
3球目のバックドライブ攻撃は相手のサイドを切る事が出来るので、ノータッチで打ち抜く事も可能なので、是非とも安定して鋭いバックドライブをマスターして下さい。
[br num=”1″]

バックドライブは高いボールが難しい

バックドライブはフォアドライブよりも打点が低いです。
逆に胸元のボールをバックドライブするのは難しいです。
ボールが浮いた時よりも、ある程度低いボールの方がバックドライブが楽です。
[br num=”1″]
・高いボールは無理にドライブを掛けない
[br num=”1″]
胸元まで高さのある浮いたボールは無理してドライブせずに、プッシュ、または回り込みフォアで強打しましょう。
遅くて高いボールに対してのバックドライブは意外に難しいです。
[br num=”1″]

まとめ

今の卓球は誰も当たり前のようにバックドライブを打つ時代です。
回り込んでフォアドライブを打つ事も大切ですが、自分のフォア側が大きく空く事にもなり、リスクがあります。
捨て身の一撃回り込みフォアドライブであればそれはそれで良いと思いますが、プラスチックボール採用で球のスピードも回転も落ち、なかなか一撃で抜く事は難しいです。
常に次のプレーを考えて試合をしないと1点に繋がりません。
そういう意味でもバックドライブはシェイクの選手にとって当たり前に使える技として習得しておく必要があると言えます。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク