■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球でドライブを安定する方法②

以前に卓球でドライブを安定する方法を紹介しましたが、その記事の続きです。

卓球の試合でドライブは絶対に必要な技術です。
たとえ角度打ちが得意だとしてもしっかりとボールにドライブを掛ける事が絶対に必要です。

腕を振り回して打ってませんか

ボールに強い回転を与える為に、必要以上のバックスウィングを思いっきり腕を伸ばしてやっている人をたまにみます。
こんなにバックスウィングをしたところで良いドライブが打てるとは思えません。

まず、大きなバックスウィング(腕で)を取る人の典型的なミスが空振り、ラケットのエッジに当たる、などが挙げられます。
しかも毎回ボールの高さが違う為にその高さ調整を腕で行うので、適切な角度でボールを打つのが凄く難しいです。

手と足と腰でドライブを打つ

よく「身体で打て!」などと言われますが、それってどういう事か。

逆に腕でボールを打つな、という事になります。
腕以外でボールを打つ為にはどうしたらよいのでしょうか?

例えば、フォア打ちの構えをして立ちます。
その状態で腰をひねってみましょう。
腕は一切動かさずに。
腰をひねって戻すを繰り返す事でスウィングになります。
その状態で腰をひねってテイクバックを取る時に、右膝に力を入れてみましょう。
そして腰を戻すと同時に右足に溜まってるパワーを解放してあげましょう。
これだけで結構パワーあるスウィングになるはずです。

膝と腰の動きを理解しつつ、スムーズに出来るようになったら、ようやく腕の出番です。
テイクバックする時に肘を少しだけ伸ばします。ほんのちょっとです。
そして打つ時に伸ばした肘を戻す。
決して腕に余計な力をかけない状態でやってくださいね。

どうですか?腕でブンブン振り回さなくてもパワーのあるスウィングが出来ると思いませんか?

実際にボールを打ってみれば分かりますが、腰と足を使って打つボール(ドライブ)は重いです。
そして凄く安定したボールを打てます。

腕の役割って何?

ドライブにおける腕の役割ですが、私はラケットの角度調整だけを意識すれば良いと思ってます。
それもちゃんと意識して調整するわけでなく、何となくですw
その程度で特に問題ないと思います。

中国選手のようなテイクバックで肘が完全に伸びきってる状態から思いっきりドライブを打つなんてのは無理です。

身体でドライブを打つ事のメリット

・ドライブの安定
・フォームの安定
・連続ドライブの安定
・重いボールを打てる

など良い事だらけです。
特に連続ドライブには効果があります。
腕が伸びていない為、小回りにテイクバックが出来るので次のボールを打つのが凄く余裕があります。
結果的に次の動きに余裕が出てきますので、フットワークに大きく影響します。

手打ちドライブはそのうち通用しなくなる

中学1~2年であれば、筋力もまだそれほど付いていません。
ですのでパワーの面ではそれほど差がないと思います。
筋力が付いてくる中学3年~高校になると身体を使って打つボールと手打ちボールのパワー差が物凄くなります。
その為にも早い段階で身体で打つ事をマスターした方が良いです。

効果的な練習方法

まず先に書いたように、身体でドライブを打つ為には、腰の回転、右足の溜めが何より大切になります。
練習方法としてはやはり多球練習が良いです。
送球者は早いピッチで練習者のフォアに球出しをします。
実際よりも早いピッチで行って下さい。
自分がどのくらいのピッチで打つことが出来るかを確認します。
そして慣れてきたら同じピッチで腕だけでドライブを掛けてみて下さい。
振り遅れませんか?
そのピッチのまま再度身体で打つようにしてみましょう。
しっかりと打てますか?
打てるのであれば身体でボールを打つことが出来ていると言えるでしょう。

まとめ

身体で打つドライブはメリットしかありません。デメリットはありません。
先に書いたように身体で打つ方法をしっかりと身に付ける事が強くなる為には必要と言えるでしょう。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク