■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球でドライブを安定する方法

卓球でドライブは欠かせません。

下回転に対してのドライブ、相手の攻撃に対してのカウンター、カットマンの切れた下回転をループドライブ、など、卓球の試合をするうえでドライブ無しでは厳しい。
それほどドライブは試合の中で当たり前の様に使われます。
それゆえ、当たり前の様に安定してドライブを打てなければいけません。

安定重視のドライブを身につけよう

まずは攻撃的なドライブよりも相手のコートにしっかりと返るドライブを覚えましょう。

具体的には多球練習で行うのが良いです。
とりあえず新しい技術を覚えるには多球練習が効率が良くてオススメです。

1.送球者はバック側から弱い下回転をフォアに送り、練習者はそれをドライブで返球します。

2.慣れてきたら送球者は下回転の回転量を少しずつ増やします。

その時に練習者は下回転の切れ具合を目で確認するようにしましょう。
ボールの軌道を注意して見ると、バウンド後、ボールは一瞬戻るような動きをします。
コチラ側に向かって弾んで飛んでくるような感じではありません。

3.それに慣れてきたら、送球者はフォア半面にランダムで下回転を出します。

そのように効率良く下回転を送りそれを打つという練習を繰り返して、下回転に負けないドライブを掛けれるように感覚を掴みましょう。

ドライブを打つ時に意識すること

よく指導者はボールを頂点で打て!!などと言いますが、頂点って見極めるの難しいですよね。
それを簡単に見極めるには、自分の目線を下げる事が有効です。

それはただ頂点を狙いやすくするためではなく、ネットとボールとの高さの関係で、そのボールをどのように打つかを判断する時に物凄く役に立ちます。
ネットより結構上と思ってスマッシュしたらネットに引っ掛かった…
ネットより低いと思って引き付けてループドライブしたけど、実際はスピードドライブでいけるボールだった…
など、よくあります。

ですので、目線は出来るだけ下げてドライブを打つ練習を普段から心がける事が安定したドライブにも繋がります。
確実に空振りも減りますよ。

具体的なドライブの打ち方は前に書いた記事を参照して頂けたらと思います。

→ 卓球 ドライブの打ち方

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク