■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球におけるフットワークの強化練習

どのスポーツもフットワークってとても大切です。
卓球においてもフットワークが物凄く大切になるので毎日の練習に取り入れる事をオススメします。

自分自身の毎日の練習で必ず取り入れている練習を紹介します。

prac151113

①・・・フォア前下回転サーブ
②・・・フォアへつっつき
③・・・フォアクロスへフォアドライブ
④・・・ミドルへブロック
⑤・・・フォアクロスへフォアドライブ
⑥・・・バックへブロック
⑦・・・フォアへバックハンド
⑧・・・バックへブロック
⑨・・・回り込みでバッククロスへフォアドライブ

この練習は、最初のフォア、ミドル、バックだけでもフットワークの練習になりますが、その次にバックでの回り込みフォアドライブを追加する事で、総合的な練習になります。
最後の回り込みドライブは、しっかり回り込まないと際どいバッククロスへドライブを打つことが出来ませんので、しっかりと回り込み、気持ちシュートドライブ気味のスウィングでバックへ逃げていく打球を目指して練習します。

この練習は1球で行いますので、ある程度練習者も指導者もコントロールが安定しないと難しいです。
また、慣れてきたら、ピッチを上げて練習するのが良いです。

ピッチを上げる事で得られる事が沢山ある

この練習はピッチを上げる事で想像以上の効果が得られます。
フォア③~フォア⑤のところで適切なバックスウィング量で振り遅れ、ミスタッチを防止出来ます。
意識せずとも小さなスウィング、ピッチ重視のスウィングを覚える事が出来ます。

フォア⑤~バック⑦はフォアとバックの切り替え、その後再びフォア(回り込み)という切り替えしを行う事は実践でもあり得る動きですので是非とも覚えたいパターンです。

また、バック対バックでのピッチ戦で瞬時に回り込んでフォアで対角コースにドライブを打つ練習も良い練習になりますよ。

常に低重心でスタンスは広めが基本

特にフットワークではスタンスが広い事、重心が低い事が求められます。
重心が高い状態でフットワークをした場合、移動した後身体の軸がブレます。
低重心だと体の軸がブレ難いので重心は低い方が良いと言えます。
また、スタンスの広さも移動後の軸ブレに大きく影響するので、やはりスタンスは広めが良いと言えます。

シュートドライブ

この練習は沢山の技術が詰め込まれた練習です。
最後の9球目はシュートドライブを積極的に使ってサイドを切ったドライブを心がけましょう。

シュートドライブのやり方は以下の動画が分かりやすいと思います。

シュートドライブは下回転に掛けるのが少し難しいですが、覚えると相当な武器になりますよ。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク