■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球の巻き込みサーブについて?コツは何?

巻き込みサーブ、いわゆる逆横系のサーブとして多くの選手が使ているサーブです。
巻き込みサーブについてコツや使うポイントなどを確認してみましょう。

・逆横回転とは?

巻き込みサーブ、逆横回転サーブですが、右vs右の場合、相手のフォア側に曲がっていくサーブです。
ボールの右側を巻き込むように擦ってサーブを出します。
逆横回転サーブは相当キレるサーブ。キリやすいサーブです。
また、逆横、逆横の使い分けも容易に出来ますので、直接サービスエースをねらう事も出来るサーブです。

・巻き込みサーブの基本的なやり方

・巻き込みサーブから狙う3球目攻撃

巻き込みサーブからのレシーブは自分のフォア側に返ってくる可能性が高いです。
ですので積極的にフォア待ちの意識を持つことが大切です。
また、思いっきりフォア側には来ない事が多いです。
相手も逆横サーブということで、相手のバック側に返球しますが回転が影響します。
結果的にミドル周辺に来る事が多いです。

・巻き込みサーブはフォロースルー

巻き込みサーブに限らず、サーブにはフォロースルーが大切です。
要はサーブを騙す。
巻き込みサーブはそのフォロースルーが簡単で相手に良く効きます。

フォロースルーって何?って人は下の動画を参考にしてみて下さい。


・同じフォームから様々な球種を出せる

巻き込みサーブに限った事ではありませんが、このサーブは色々なコースに色々な球種を比較的容易に出すことができます。
ショートかロングかの区別も打つ瞬間まで分かり難いです。

サーブの基本と言われるフォア前とバックロングを同じモーションで、しかも簡単に出すことが出来るのは魅力がありますよね。
新しいサーブを覚えたいと思っている人にはオススメのサーブです。

・まとめ

巻き込みサーブは思っているよりも回転が凄く掛かっている時がありますし、上下が分かり難いサーブだと思います。
巻き込みサーブと順横系、これだけで沢山の戦術を考える事ができますよね。
色々なサーブを覚えれば戦術を考える事が楽しくなりますよね。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク