■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球の戦術 カウンタードライブ

スピーディーに決まるカウンター攻撃にもしっかりとカウンターをする為の戦術が存在します。
闇雲にカウンターを狙っていても決まりません。
しっかりとカウンターが出来る状況を作り出し、確実にカウンター攻撃を決めれるようにしましょう。

カウンタードライブについての打ち方や基本的な事は、過去の記事を参考にして下さい。

カウンター攻撃

カウンターは相手の力を借りて打つ

相手の力を借りる意識を持つことでリラックスして安定したカウンターを打つことが出来ます。

常にフォア意識

カウンターはたまたまそこにボールが来たから打てるような技術ではありません。
普段からフォア意識で練習をすることがとても大切です。

バックハンドは無意識でも打てるようにする事

にフォア意識を可能にする為には、安定したバックハンドが絶対に必要となります。
バックハンドに意識がない状態でも、バックハンドが出来るというのはかなり難しいですが、いつでもフォアでドライブが打てるような心構えでいることはカウンタードライブばかりでなく、色々な場面でドライブが打てるようになりますので、フォア意識は大切な事だと思います。

カウンタードライブの為の戦術

前の記事(カウンター攻撃)で少し触れてしまいましたが、相手にドライブを打たせる事からスタートします。
闇雲に相手にドライブを打たせてしまうのではなく、カウンターする為のドライブを打たせる事が重要です。

相手にドライブを打たせる方法

≪パターン①≫相手の下回転をわざとツッツキで長く返球し、相手にドライブさせる。

≪パターン②≫下回転の低くて長いロングサーブを持ち上げさせる。

≪パターン③≫わざとフリックさせる

この3点で考えてみます。

カウンターは相手がドライブ攻撃をしてきた時に行う技術ですので、相手にわざと打たせてそれをカウンターするという練習を行います。

パターン①を解説

①送球者が下回転サーブ

②練習者がフォアサイドへツッツキ

③送球者がフォアクロスへドライブ

④練習者がそれをカウンタードライブ

このパターンと、練習者がバックサイドにツッツキを行い、送球者がバックでの回り込みフォアドライブ(相手のバッククロスへ)を打ちそれをカウンター。

要は両クロスへのドライブに対するカウンター練習となります。

その為には、「しっかりと厳しいツッツキを打つこと」が大切です。
あまいツッツキでは相手に時間的な余裕もでき、コースを打ち分けられてしまいます。
チャンスボールはダメです。しっかりと厳しいツッツキを送る事が大切です。

一番良いのは相手が強打出来ない、持ち上げるだけのドライブを打つようなツッツキがベストです。

パターン②を解説

これはちょっと失敗すると強打されてしまう危険性がありますが、実践で使える戦術です。
相手のバックサイドに低くて速い下回転サーブ、しかも2バウンドするかしないかのギリギリのサーブを送ります。
まずはこのサーブの練習が必要になります。

相手はバックで回り込みのループドライブをバック側に打ってくる確率が高くなります。
それを狙い撃ちします。

ミドルやフォアに同じサーブを出せば、色々なところに打ち分けられるので、まずは相手のバックサイドに打ちます。

仮に相手がバックドライブで返球したとしても、バック側に打ってくることが多いので、それをフォアで狙います。

パターン③を解説

これはキレた下回転をフォア前に出します。
それを相手にフリックしてもらい、それをカウンターします。

この時にナックルや上系のサーブではなく、しっかりと切れた下回転サーブを出しましょう。
できれば相手に下回転と分かるようなサーブを出します。
そうすれば相手はフリックで強く打つ事よりも、落ちないように入れるフリックを打ちますので、狙いやすいです。

注意点としては、相手の入れに来るフリックは面で乗せ打ちの場合、ナックル性のボールが来ますので、しっかりと回転を掛けないとネットに刺さります。

また、フリックに対するカウンターはサーブを出したと同時に、既にフォア側に意識を強く持つことが大切です。
フリックされてからフォアに動いても間に合いません。

良く効くストレートコースへのカウンター

これは凄く難しいですが、ほとんど場合はクロスからのボールに対するカウンターですので、ストレート方向に相手は居ません。
ノータッチで決まる確率が高くなりますが、安定してクロスに打てるようになってからストレート打ちをするようにした方が良いです。
普通にクロスへのカウンターでも十分効きますので、まずはクロスへのカウンターを行いましょう。

まとめ

華やかなカウンタードライブにはそれなりの準備が必要という事がお分かり頂けたでしょうか。
カウンターをやる為の戦術を身に付ける事で、4球目攻撃(カウンター)が可能になります。
カウンターを覚える事で、サーブ権に関係なく、常に攻撃的な試合運びが出来ると思います。

[br num=”1″]

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク