■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球の戦術 サーブからの展開

卓球を始めたばかりの時は、色々なサーブを覚えたがりますよね。
しかし、実際の試合では1、2種類した使わないという人が多いです。
せっかく覚えたサーブを使わないのは勿体無いですし、サーブから得意な戦術に持っていく事はとても大切です。

サーブからの戦術を考える

サーブからの戦術というのは、どのようなレシーブが予想されるかで決まります。
自分の得意なパターンに持っていければ、楽に点数を取る事が出来、試合を自分のペースで進める事ができます。

まずは3球目攻撃を意識したサーブ

自分が3球目攻撃を確実に行う為には、どこにレシーブされる可能性が高いかを事前に知っておく必要があります。

例えば、逆横下回転(YGや巻き込み)をフォア前に出し、相手がツッツいた場合、ボールはミドル~フォアに来る事が多いです。

理由は2つ。

①ボールの回転

逆横回転はラケットに当たったらフォア側に弾かれる特性があります。

②サーブのコース

フォアからの逆横回転サーブで相手のフォアサイドを切るか切らないかの場合、相手のバックに返球するのが難しくなります。

この2点から、逆横下回転のサーブをフォアに出した場合、ミドル~フォアに下回転(ツッツキ)が返球される可能性が高いと言えます。

このようにサーブの回転、コースが3球目攻撃に大きく影響するという事を知りましょう。

代表的なパターン

・バックロングサーブ

バックに返球される事が多いので、サーブを出したらバックでの回り込みフォアドライブの意識をしましょう。

・フォアロングサーブ

自分のフォアに返球される事が多いので、フォアでフォアドライブを打てるようにポジションをミドルの方に移し、フォアドライブの準備をしましょう。

・バックへの横下回転サーブ

自分のバックへ返球される事が多い。回り込んでのフォアドライブをストレートに狙うのが良い。

その他にも色々とパターン化されているものがありますが、言葉で覚えるよりも何度もそのパターンを実際にやってみて身体で覚えるのが一番です。

まとめ

3球目攻撃は多球練習でたくさん行って、確実に下回転をドライブで打てるようにする必要があり、それが前提で紹介したサーブからの展開を参考にしてもらいたいです。
特にここに書いたものは、回り込みフォアドライブが多いので、回り込みフォアドライブが入ったシステム練習を多く取り入れて、普段から積極的にフォアドライブで打つ意識を持つことが大切です。
また、サーブから5球目攻撃を想定した戦術も今後必要となりますので、まずは3球目攻撃を自分の思い描いた形で行えるようにサーブの技術向上も同時に練習しましょう。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク