■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球の戦術 フリックからの展開

※フリックの基本打法については過去記事を参考にして下さい。
台上技術 フリック

フリックの基本的な打ち方を覚えたら、戦術の中にフリックを取り入れたシステム練習を行ってみましょう。

積極的にラリーに持っていく

フリックで直接点数を取る事も可能ですが、一番の目的はレシーバーの方から積極的にラリーの主導権を取れるような流れに持っていく事が大切です。
その為にも一撃フリックではなく、その先を考えた安定したフリックを身に付ける必要があります。

フリックからの流れ

フォア前サーブをフリック

フォア前に来たサーブに対しフリックをしてラリーに持っていきます。
相手もフリックが来るという事で警戒してますので、なかなか打ち抜く事は難しいです。
目的が自分ペースのラリーですので、別に打ち抜く必要はありません。

クロスへのフリックからの展開

一番よくあるパターンですが、相手のフォアクロスへフリック。
相手もフリックされたボールをフォアで打ってくるので、それを狙い撃ちする。という流れです。

2球目(レシーブ)をフリックし、4球目をフォアドライブorカウンターで決める

相手は3球目にフォアでクロス方向に打ってくることが予想できるので、自分はそれを読んでフォアの準備をしましょう。
出来れば4球目のフォアドライブは相手のバックストレートに打てばより効く攻撃となります。

ストレートへのフリックからの展開

ストレートにフリックするだけで点数が取れるケースがありますが、あまりそれを期待せずに、次の展開を見越した戦術を心掛けましょう。
ストレートにフリックすれば、相手はバックハンドでミドル~バックに返球する事が多いです。
ですので、フリックをストレートに打ったらすぐに、バックで回り込みフォアドライブの準備をします。

フリックできっかけを作り、次のボールで決める戦い方

先に書いたように、4球目で仕留める展開を自分でしっかりと意識する事でフリックが初めて活きてきます。
2球目(レシーブ)でフリックを使うのではなく、ストップ合戦からフリックしてラリーにもっていく事も大切ですので、常にフォア側はフリックの意識を持った方が良いと思います。

バックでのフリックは辞めた方が良い

バック側でもフリックは出来ますが、バックでのフリックは全身の動きが大きくなり、戻るのに時間が掛かります。
場合によってはジャンプしながらフリックするという場面もあるでしょう。
そうすればフォアがガラ空きになり、確実に狙われます。
また、どうしてもフリックを出したいのであれば、カウンターされない相手のバック側深くに打てば、強打でカウンターされることは避けられると思います。
でも、バックはフリックでは無くチキータでラリーに持ち込んだ方がメリットが大きいです。

まとめ

フリックを強く打ち抜くように打ってネットミスやオーバーミスをしている人を多く見かけますが、フリックで打ち抜く事よりもラリーに持っていく事を考えた方が、戦術を活かした戦い方です。
良い形で点数を取る事が出来ればそのあとの試合展開に大きく影響します。
また、フリック一撃で決めるつもりでクロスにフリックを強打、相手は簡単にクロスへカウンターという失点は気持ち的にも結構痛いです。
ある程度の技術が出来るようになったら、早い段階で戦術を意識した戦い方をすることをオススメします。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク