■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球の練習を一人で出来るのか?

卓球の練習は一人では無理と思ている人もいるかと思います。
普段、家に居ながらもしっかりと卓球の練習、しかも一人で出来る。
そんな練習を紹介します。

ボール突きを極めろ

まずはこの動画をご覧ください。

こんなの本当に効果あるの?
具体的にどんな練習になるの?
そう疑問を持つ方も居るかと思いますが、このボール突き、ボールとラケットとの感覚を身体に覚えさせる為には凄く適した練習になります。
試合でもよくサーブ前に一度ボール突きをしてからサーブを出すという場面を見た事があると思いますが、ボール突きをしてラケットとボールの感覚を確かめてからサーブを出すというのは、とても良い事です。

卓球は繊細なタッチが要求されるスポーツです。
回転量はまさにそのボールとラケットの感覚が凄く影響します。
動画の様なボール突きは暇つぶし感覚でしっかりと練習になているので是非ともマスターしてみてください。

バックハンド・ドライブの練習

これはカーテンに向かって打つ練習です。
まず、ボールを自分の身長よりちょっと高いくらいのところから床に落とします。
落ちてきたボールをバックドライブします。
これだけの動作です。
注意点として、打球する時の膝を上手く使って高さを合わせる事。
前かがみになったり、のけぞったりせず、しっかりと膝を曲げて打ちやすいポジションで打つ事が大切です。

この練習、実際のバックドライブよりも難しいと感じる人もいるかと思います。
それはボールが自分に向かって来ないので、タイミングを合わせるのが難しいと思います。
しっかりとラケットの真ん中に当てましょう。
慣れてきたらドライブの厚さを変えたり、擦る場所を横気味に擦ってみたりと色んなバリエーションでやってみて下さい。

基本 素振り!!

自主練習の基本とも言える素振りですが、ただブンブン振り回しても全く意味はありません…

フットワークと素振りを組み合わせシャドープレーを行うのが良いです。

頭の中で実際に練習している様子をイメージします。
フォアに下回転が来て、次はバック、もう1本バックを今度は回り込み…
みたいにイメージしてそれに合わせてフットワークと素振りを行います。

チキータ→バックハンド→バック回り込みフォアドライブ
フォア前ツッツキ→バックハンド→フォア飛び付きドライブ

普段行っている多球練習をそのままシャドープレーしてみるのが良いと思います。

まとめ

卓球に限らず色々なスポーツの練習で一人で出来る練習というのは結構あります。
卓球はボールタッチが凄く求められるので、ボール突きというのは思っている以上に大切な練習だと思います。
試合でも強い人は必ずと言っていいほど、試合の合間にボール突きをしています。
本人はクセのようにあまりボール突きをしているという意識は無いかも知れませんがね。
もし、ボール突きが出来ないのであれば、先に紹介した動画のようにボール突きをマスターしてみてはいかがでしょうか。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク